2005.10.22

MINAMI WHEEL 2005(2日目)

 準備完了後出発。今日はあまり移動せずにイベントを
落ち着いて楽しもうと思っていた。途中近鉄難波駅で
ゴキに偶然会う。「どこ行くん?」というので「MINAMI
WHEELにきまってるやんけ」「何聞くん?」と聞いてくる
ので、「今日はまずは髭やんけ」というと「なんや名前は
聞いたことあるな」というしょぼい返事。こいつに構っている
暇はない。急がねば。

MINAMI WHEEL2005のタイムテーブルMINAMI WHEEL2005のタイムテーブル。やはり今年もお目当てのアーティストがかぶる時間帯が多い。出来るだけ同じ時間帯での移動はしたくないところだが、新しいものを見つけるには割り切っての移動も必要。

 18:00ちょっと前にSUNHALLに到着。腹ごしらえのため
にアメ村の中のampmでパンを一個買って食ったら、
SUNHALLに到着したときには、残念ながら入場規制が
かかっていた。今日の俺のトップバッターの「髭」は前に
一度フェスのようなもので聞いていたが、バリバリの
グランジでなかなか個性があって面白いし、演奏も
そこそこ上手い。 
 しょうがないと思いながら、並んでいると、開演前には
無事に入場することが出来た。SUNHALLは縦長で
ステージも低いために後方からはほとんどステージが
見えない。

1.髭(18:00~)

 セットリストは不明。3曲だけ聴いて、前が見えないが、
雰囲気は十分に味わえた。とにかく前方で、異常に
盛り上がっていることだけはわかった。グランジっぽい
リズムも久々に生で聞くので、なんだか心地よい。
十分味わったと判断して、次の会場へと移動開始。

 SUNHALLを出て、BIGSTEPへ。斎藤有太を聞くために。
名前は聞いたことがあったが、生で見るのは初めて。

2.斎藤有太(18:00~)

 途中からの参戦なので、もちろんセットリストは不明。
最後の3曲ほどを聞いたか。まあ、ピアノのソロなので
判断のしようがないといえばないか。あまりピアノソロは
好きではないので、いくら奥田民生などのサポートを
しているとはいっても、ワンマンなどにいくことは考え
られない。会場は300人ぐらいがのんびりと聞いてい
たような感じ

一応最後まで聞いて次の目的地である、FUN Jへ移動。
これは長堀橋のほうにあるのでけっこう遠いが、10分ほど
で到着。FUN Jのキャパは200人ぐらいだと思われる。

3.BACON(19:00~)

 そこそこ人が集まっていたか。BACONはこれまでもイベント系
のライブでなんどか聞くチャンスはあったが、いつもBACONが
出演している時間に間に合わず、これまで一度も聞いたことが
なかった。セットリストは不明だが、なかなかハード目の典型的な
ポップロックバンドか。2曲だけ聴いたが、メロディラインもきれいで
いやらしさがない分結構万人受けしそうな気がしたが。

 2曲聞けば十分なので次はBIGCATへ移動。途中でちょうど
MUSEHALLで行われていた「Bahashishi」に立ち寄る。

4. Bahashishi(19:00~)

 途中の2曲しか聴いていないが、なかなか良いのではないか。
関西出身のようだが、女性ボーカルの歌も上手いし、曲がジャズ
ポップ系でなかなかおしゃれな感じがした。会場もほぼ満杯の
盛況。今後楽しみなバンドの一つ。当然セットリスト不明。

 さらに、次の時間に備えてBIGCATへ早入りすべく移動

5.PHONES(19:00~)
 
 この時間のBIGCATは5分ほどの人のいりか。PHONESも
正統派のポップスという感じ。とりたてて特徴は感じられな
かった。ワンマンに行くことはないだろう。最後の2曲だけを
聞いたので、セットリスト不明。普通のポップロック。

FAN JからBIGCATへ移動する間に、ヨシテルにTEL。まだ、仕事中
だとのことだが、20:00からのBIGCATのシークレットが風味堂だと
いうことを告げると「今からすぐ行きますわ。もう一人増えるかもしれ
ません」ののこと。せっかくだから近所の大丸で働いているヨシテル
の弟のシンにTELすると、「今難波に向かってますから、またBIGCAT
まで戻りますわ」ということで参戦決定。

PHONESが終わってBIGCATで待機していると、程なくしてヨシテルと
シンが到着。続いて、ヨシテルの関連の女の子も合流して4人で
の参戦となった。

6.風味堂(20:00~)

 このMINAMI WHEEL全体においての一番の目玉的バンド。さすがに
会場はほぼ満員。ヨシテルがつれてきた女の子M6は風味堂ははじめて
とのこと。この後のサンタラが目当てらしい。
風味堂は当然のことだが、安定感のある余裕のステージ。メンバー、会場
ともに以上インテンションが高い。
(セットリスト)(順番はかなりあやしい)
 (1)ライブが始まる
 (2)眠れぬ夜のひとりごと
 (3)エクスタシー
 (4)ママのピアノ
 (5)?
 (6)ナキムシの歌
 (7)ゆらゆら
といった感じだと思う。相変わらずバカテクの演奏に抜群の歌唱力。
何度聞いても安定感のあるステージはくせになって何度でも行きたく
なる。我々一同みんな感動していた。

7.サンタラ(21:00~)

本日の締めとして、MUSEHALLまで移動してサンタラを聞きに。到着した
頃はまだ、あまり客も入っておらず、かなり前のほうに陣取ることが出来た。
M6も「かなり近いっすね」と大喜び。開演ごろには8割ほどの客の入りに。
(セットリスト)
(1)独白
(2)?
(3)?
(4)?
(5)バニラ
(6)街が死んだら
(7)JOY&PAIN
(アンコール)
(9)ルート70
(10)太陽(?)
のような感じだったと思う。おそらく2~5曲目に「思い過ごしの効能」
「My name is Boogie」「好き」「君に届かないブルース」あたりのどれかが
入っていたんだろうと思う。相変わらずブルージーでジャジーでかつフォーキー
な独特のサンタラの世界が存分に繰り広げられた最高のステージだった。

 とにかく今日は風味堂とサンタラだけでもおなかいっぱい。4人とも大満足で
例のごとくNIC○へと繰り出した。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.21

2005年10月21日(金) MINAMI WHEEL EXTRA EDITION UNDERGROUND RELOADED

 NICOを出てからは、「MINAMI WHEEL EXTRA EDITION
UNDERGROUND RELOADED」というオールナイトのイベント
のあるなんばhacthへ。アナログフィッシュ、スカーレッ、
フラワーカンパニーズ、TYPHOON24、怒髪天 、tobacco juice
シークレットゲスト、Full Of Harmony、RAM RIDERが出演。
 俺は2:15から行われるtobacco juiceを見るべく参戦。
ステージ進行がやや押していたこともあり、心斎橋から
10分ほどで到着した2:20頃ステージが始まったころにちょうど
間に合った。

MINAMI WHEEL2005EXTRA「MINAMI WHEEL EXTRA EDITION
UNDERGROUND RELOADED」の案内。深夜のライブはとにかく疲れる。朝どうやって帰ろうかと思ったが、予想通り時間が押していたので、ちょうど始発が出る頃にライブが終了した。


 さすがに、夜中だけあって、会場はスカスカの状態。去年の
MINAMI WHEELの一日目よりもずっと人は少ない。200人ぐらいが
いるだけだろうか。ここでフロアに座って見ることが出来るというの
も珍しい。tobacco juiceの前の怒髪天までは、特にフラカンと
アナログは俺としてはとっくの昔に失格の烙印を押しているので
見る必要もなかった。

1.tobacco juice(2:20~)
 (1)ガーベラ
 (2)トライアングル
 (3)?
 (4)確か「ピカピカサンセットレインボーブルース」に
   入ってるやつだが忘れた。
 (5)幸せの海
 (6)?
 (7)?

 全然セットリストになっていないが、「?」のところは今度
出るニューCDで確認できるはず。聞いたことがあるもの
ばかり。相変わらずしわがれ声で、珍しく結構テンション
高めでMCを繰り出している。しかし、演奏はやっぱりよい。
あの独特のやわらかくもルーズな感じの演奏は酒で酔った
上体で聞くには最高だ。がんばって来たかいがあった。

2.和田唱(triceratops)(3:00~)

 これもorange pekoeと同じように一応シークレットとしての
扱い。オフィにセットリストが載っていたので拝借すると、

1.1000LOVE
2.Couple Days
3.ロケットに乗って
4.Waitng For You
5.Fever
6.OVER THE RAINBOW(カバー)

だったらしい。トライセラの曲をセルフカバーで弾き語りは
始めたやったらしいが、なかなか力強くてよかった。最後の
「オズの魔法使い」のテーマ曲「over the rainbow」はかなり
よかった。この深夜の時間のなんばhatchはマッタリとして
かなりアットホームな空間だった。

3.Full Of Harmony(3:40~)

 もうこの時間になると、さすがに疲れてきたので、最初は
外でタバコを吸いながら、モニターを見ていたが、それもしんどく
なってきたので、中に入って、壁にもたれて座って見た。
6曲ほどやったか。なんかもともとはヒップホップ系のようだが、
時折、バラードを交えたステージ構成。バラードのほうはきれいな
ハーモニーでなかなかよかったが、アップテンポの曲は今はやり
の系統。こういうのが売れていくんだろう。セットリスト不明。
もうこれが終わるころには始発が待ち遠しかった。

4.RAM RIDER

 初めて聞いたが、打ち込み系のロック。1曲だけ中で聴いて、
後は喫煙所に出てモニターで見たいた。よしあしの判断力が
なくなってきている時間帯だったので、ようわからんが、ワンマン
は絶対に行かない。フェスで出ても、他のアーティストを見に
行くだろう。4曲目ぐらいをやっている時に5:00近くなってきた
のでなんばhatchを後にして、難波駅へと向かった。このころには
大多数が後ろの畳スペースで横になって寝ていた。

 久々に完徹。帰りの電車の中は爆睡。かなりしんどい一日
だったが、一応10組ものステージが見れて満足だった。
明日22日もMINAMI WHEELは続くが体力が持つだろうか。(A)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MINAMI WHEEL2005(1日目)

今日は夕方からいよいよ待望のMINAMI WHHEL2005
なのだが、あいにく18:30までコンサルをしていたので
遅れて参戦。すでに18:00からの一発目は終わっていた。
とりあえず、3daysパス交換所のBIGSTEP1Fへ歩いて
向かい、パスを無事に交換し、恒例のTシャツをGET。

MINAMI WHEEL2005EXTRAMINAMI WHEEL2005のTシャツの背中側にかかれたアーティスト名。どれぐらいのアーティストが出ているのか数えるのもめんどくさいが、去年よりは小ぶりな印象。なかにはこれからメジャーシーンで活躍するバンドも出てくるだろう。

 MINAMI WHEELをどう回ろうかを事前にほとんど決めて
いなかったので、とりあえずWEBの紹介文に少しひかれた
鰻谷SANSUIである「Paper Bag Lunchbox」を聞きに10分
ほどで移動完了。今日は後は適当に回ることにした。

1.Paper Bag Lunchbox(19:00~)

 この「鰻谷SANSUI」というライブハウスは新しく出来たらしく
キャパは2百人ぐらいか。入り口近くにある柱がかなり邪魔。
この時間帯は100人の人の入りで、そこそこは埋まっていた
だろうか。
 Paper Bag Lunchboxはなんだかゆっくりテンポのふわふわと
した感じのサイケ系のバンドだったと思う。ボーカルの声が高い
のと、ドラムの女の子のめがね顔がはっきり見えなかったので
かなり気になった。「アリ」なのか「ナシ」なのか。まあまあの
印象だが、かなり独自色が強いので好き嫌いがはっきりと
分かれると思われる。6曲。セットリスト不明。

次に北堀江にあるclub VISIONまでダッシュで移動し、10分ほど
で到着。キャパは200人ぐらいか。ここで「ビイドロ」を聞いた。

2.ビイドロ(20:00~)

 悲しいかな、場所が悪いこともあって30人弱ほどの人の入り。
曲自体は正統派のハード目のポップ。1曲だけ聴いてすぐに
次に移動した。セットリスト不明。

club Visionから5分ほどで今度はアメ村に戻り、とりあえず、ヨシテルが
802で聞いて「なかなかよかったっすよ」といっていた「シュノーケル」
を聞きにDROPへ。かなり人が入っていた。200人近くはいたか。

3.シュノーケル(20:00~)

 2曲だけ聴いたがなんだか、初期のくるりを連想したのは気のせいか。
なかなか骨太のロックでありながらわかりやすいメロディラインをきかせて
いたように思う。特にスピード感のある演奏というわけでもない。福岡出身
という3人全員がめがねをかけていたのでくるりに似ていると思っただけ
かもしれない。セットリスト不明。

4.ORANGE PEKOE(20:00~)

 DROPからすぐ近くのBIGCATへ移動。802のホームページでは「???」
とシークレット扱いになっていたが、当日配布されていたプログラムには
しっかりと名前が記されていた。会場はほぼ満員。MINAMI WHEELでの
数少ない大物(?)だけのことはある。最後の3曲を聞いたがすばらしかった。
今日はバンドでの演奏ではなくアコギ一本でのライブ。
 「やわらかな夜」「LOVE LIFE」を聞けたのには大満足。アコースティック
だけあって、余計にボーカルの恐ろしいまでの上手さが際立ってよかった。
一日目はこの2曲だけを聴けただけでも大満足。セットリスト不明。

 ORANGE PEKOE終了後は、3分ほどの移動でクアトロへ「ANATAKIKOU」
を見に行った。

5.ANATAKIKOU(21:00~)

 満員というほどではなくそこそこの入りで500人ぐらいか。さすがに
大阪のバンドだけあって人気は高いが、なぜこんなに人気が高いの
かは、俺としてはあまりよくわからない。本当は全部最後まで聞こう
と思ったが、2曲だけ聴いて移動することにした。う~ん。最初の2曲が
別に特筆すべき様な印象を受けなかったからだろうか。すぐに近くの
鰻谷SANSUIへと移動した。

6.高鈴(21:00~)

 おそらく3曲目ぐらいから聴いたんだと思う。今日はバンドではなく
2人でのアコースティック形式。そこそこの人のいりだが、100人ぐらいか。
「星がきれいなのは」「リトルダンス」「太陽」「見上げて」アンコールで
「真夜中の後悔」をやったのは確かだと思う。いつもながら二人の息の
あったコンビネーションで絶妙のハーモニー。山本高稲が一生懸命
歌う姿にはなぜかいつも心惹かれるものがあるが、今日のボサボサ頭は
イマイチだった。

と、このような感じで、わずか3時間で6アーティストをはしご。これぞ
MINAMI WHEELの魅力だろう。次はなんばhatchで夜中に行われる、
「MINAMI WHEEL extra edition undergound reloaded」に参戦するため
少しNIC○で休憩。飲み食いに励もうと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.02

10月2日(日) くるりワンマンライブツアー2005 ~はぐれメタル純情派~@奈良ネバーランド

 夕方からは奈良ネバーランドである「くるりワンマンライブツアー2005
~はぐれメタル純情派~」へ。ネバーランドの隣は駐車場なので、ナカボウズ
Qとともに車で向かう。後はヨシテル、Qの後輩とは現地集合。ちょうど
開場5分前頃に到着。駐車場の前に並んでいると、普通に三条通を歩いて
通っている、くるり岸田と外人のドラマーを発見。街になじみ過ぎで、
外人が横におらんかったら誰も気が付かんやろ。

くるりのツアーグッズ久々にライブに行ってツアーグッズを買った気がする。くるりのツアーグッズは実用性が高いものが多いのが良い。左上は小型タオル500円。右上は普通のタオル1500円。右下は携帯ストラップ1500円。それとグッズを入れる大きな袋0円。

チケットはファンクラブ「純情息子」の先行だったので140番台だった。
去年もネバーランドでのくるりのライブに参戦したが、そのときよりは
随分と男の数が多い。それに、去年の大阪での3回のライブに来てた
クルオタどブス女ファンがいない。むしろ、くるりのライブには珍しく
「アリ」な女の子が目に付くという奇妙な光景。俺は脚を故障して
いるのでステージ向かって左側の壁にずっともたれて聞いていた。

(18:10ごろに開始)

(セットリスト)

 1.新曲
 2.Superstar
 3.新曲
 4.尼崎の魚
 5.窓
 6.街
 7.ばらの花
 8.ベランダ
 9.Tonight is the night
 10.Birtheday
 11.お祭わっしょい
 12.Baby,I love you
 13.ARMY
 14.Morning Paper
 15.WORLD'S END SUPERNOVA
(アンコール)
 1.赤い電車
 2.リバー

 いい意味で肩の力の抜けたいいライブだったような気がする。
激しい曲がなかったのもあるだろうが、なによりMCが結構長い。
そのMCも岸田の「最近何はやってんの?」とか「みんな何聞いて
んの?」とか答えにくい質問ばっかりで、ちょっと客の反応も鈍
かったのが残念。ただ、後半はエロMCに突入し、まるでJ-WAVE
のTR2のようなノリになっていったのはなかなか面白かった。
 MCは長かったが、曲になると集中して演奏もなかなか切れていた
ように思う。ツアー後半がますます楽しみだ。今回のセットリストでは
特に窓~街の流れと、ARMY~Morning Paperの流れが渋かった。
今回の「ARMY」は去年のツアーの目玉曲「黒い扉」の位置づけなの
だろうか。RISING SUNで聞いた「ブルース」とあわせてくるりのライブ
でのベスト3曲にあげたい。スパノバは相変わらず15分ほどと長すぎ。
 ライブ終了後、ステージ上のセットリストを係員にもらおうと思ったが
くれず。去年のように物販売り場に岸田と社長が出てきて直接販売
するという光景も、少なくとも俺らが会場にいた間には見られなかった。
 ライブ終了後は、ナカボウズが西大路九条の天一の「もも焼き定食」
が久々に食いたいというので行った。俺自身も2年ぶりぐらいの久々
だったが、相変わらず激烈に美味い。競馬でやられた以外は大満足の
一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.28

2005年9月28日(水) 暴走ジェニー 斉藤和義×浜崎貴司「海へ行こう!ジェニー秋が来る前に・・・」@ベイサイドジェニー

少し仕事が残っていたので18:00過ぎに事務所を出て、
大阪港へ。今日は『暴走ジェニー 斉藤和義×浜崎貴司
「海へ行こう!ジェニー秋が来る前に・・・」』のライブの日。
ベイサイドジェニーでのライブは初めてだ。開場は18:00から
だったが30分以上遅れて開場入り。今日は司法試験の合間で
暇なベーと参戦。チケットはM4からファンクラブ優先でとった
ものをタダでもらった。

会場に到着すると、予想に反してすでに人であふれかえっている。
女性が多いかと思いきや結構男性も多い。ただ、和義のライブは
いつもそうだが、年齢層は高い。少なくとも1000人以上は入って
いただろうか。

 19:15頃にライブがスタート。トップバッターは浜崎貴司。
セットリストは不明だが、「暗闇でキッス~Kiss in the darkness~」
「風の吹きぬける場所へ」のレゲエっぽいバージョン、「幸せであるように」
など8曲が聴けてかなり良かった。やはり声量があるので歌に
魂がこもっているように聞こえる。FLYING KIDS時代の曲をもう少し
聞きたかったがかなり満足。バイオリンを弾いている佐藤帆乃佳(?)
という名前の女の子は俺としては「激アリ」の部類だ。これだけで満足。
浜崎を見ずにバイオリンの子ばかりに目を取られた。関係ないがココ
のMUSIC映像の「aluto「君の声」」のストリーミング画像で見ることが出来る。
井川遥をかなりコンパクトにした感じで、見ようによっては、俺の家の
近所に住む和歌山系タレント中井裕美っくにも似ているか。
(しかし、こっちのHPも久々に更新されているではないか。いつ帰って
きてたんか全然気がつかなかった。)

ついで斉藤和義。今日は和義バンドだったが、モックソはRISING SUN
で見たときよりもまた太ったか。もうすぐ顔が破裂すると思われる。

(セットリスト)
1.幸福な朝食 退屈な夕食
2.劇的な瞬間
3.裸の俺様
4.僕らのルール
5.ドライブ
6.歌うたいのバラッド
7.FLY-愛の続きはボンジュール!-
8.歩いて帰ろう
9.はぐれ雲

(アンコール)with浜崎貴司

1.C調言葉にご用心(サザン・オールスターズ)
2.スローなブギにしてくれ(南佳孝)
3.上を向いて歩こう(坂本九)
4.オリオン通り

(アンコール2)with浜崎貴司

1.モンロー・ウォーク(南佳孝)

(21:50終了)

なんか肩の力の抜けたいいライブだった。「歌うたいのバラッド」
は今まで何回も生で聞いたが、出来としては一番悪かったような
気がする。肩の力がすっかり抜け切っている分、少し声が出てい
なかったような気がしたが、相変わらず安定感のあるライブだった。
特に浜崎貴司とのセッションではそれぞれの持ち味が出て、学園祭
のようなゆる~い雰囲気がなかなか良かった。
栃木県出身同士で、これまでに何度もセッションしているだけあって
和義のエロトークにも普通についていっていた浜崎貴司の余裕が
さすがと思わせるものがあった。
 11月のワンマンが非常に楽しみになってきた。ただ、zeppという
ハコの大きさとモックソの顔の膨張だけが気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.09

LIFESIZE ROCK 2005@なんばhatch

 審査が終了し、打ち合わせが終了したのが18:30頃だったので
慌てて奈良から難波へ移動。今日はLIFESIZE ROCK 2005の
一日目がなんばhatchである日だ。SOGO大阪web会員の「無料
レポーター」なる、要はタダ招待での参戦。「開演までに必ずお越し
ください」と書いてあったので30分遅れでの到着が少し心配だったが
関係者窓口では身分証の提示すら必要ないスルー状態で入場する
ことができた。

lifesizerock2005のチケット関係者窓口で渡されたLIFESIZE2005のチケット。引きちぎられた半券には57番の番号が振ってあった。「15組30名の無料レポーター」とあったが軽く100人以上の人間がタダで入場していると思われる。それにしてもチケットがショボい。ただの紙だ。


 LIFESIZE ROCKには2003年から連続して3年目の参戦。去年はサンボ、
YO-KING、LOST IN TIMEなどが出ている日でさえタダ招待で行けたが
今年は2日目のGOING、トライセラ、木村カエラ、フジファブの日にはタダ券
は出ていないようだ。
 到着したときには予想に反してトップバッターだったbonobosが演奏して
いた。俺としてはショボSOFEFetで時間が潰れていることを願っていたの
だが。

1.bonobos

 bonobosを見るのは本年3回目、通算5回目ぐらいになるか。最後の2曲
「あの言葉、あの光」「Thank you for the music」だけが聞けた。ベースの
森本っちゃんは今日もゆらゆらと心地良さそうに揺れながら演奏していた。
ちょっと大き目の緑のメッシュキャップがお似合い。いつ聞いても「あの言葉、
あの光」は名曲だ。聞くと心が表れるような気がする。これに間に合って
よかった。ワンマンを期待する。

2.馬の骨

 キリンジ時代に1度アクトを見たことがあるが、「馬の骨」としては初めて。
7曲ほどやったがセットリストは不明。「センチメンタルジャーニー」と「燃え殻」
をやっていた。そのほかにも、今度9/21に出るニューアルバムからも数曲
やっていたのだと思う。しきりに「馬の骨としてのライブは初めて。緊張して
ます。」を連発していた。今日初めて聞いたのでなんともいえないが、普通に
「キリンジやなあ」と思った。

3.SOFEFet

 6曲やった。今日のアーティストの中では一番俺の音楽ゾーンからかけ離れて
いたので適当に聞いていた。もうこのタイプのソフトHIPHOP系のアーティストは
消えていってもらいたい。時間の無駄。いまだに最後の「君がいるから」で盛り
上がってようでは悲しいもんがある。

4.風味堂

 予想通りのトリ。本年3回目、通算4回目か。聞くたびに上手くなっているし、
激しさを増しているような気がする。「ナキムシのうた」しか知らないファンは
他の曲の演奏を聴くと度肝を抜かれるヤtもいるのではないか。

(セットリスト)
 1.ライブが始まる
 2.エクスタシー
 3.眠れぬ夜のひとりごと
 4.?
 5.もどかしさが奏でるブルース
 6.ゆらゆら
(アンコール)
 1.ナキムシのうた

(終了時間:22:20)

いつものようにアンコールで会場中大合唱。会場には小さい子供を連れた
親子連れがたくさんいたが、そんな小さな子までが大きな声で歌って
いるのには、ある意味驚いたし、ほほえましい光景だった。「ナキムシ~」
以外の曲もライブで知って、風味堂の本当の実力が知られれば知られるほど
どんどんファンが増えていくように思う。またワンマンに参戦したい。

 今日の仕事に対する、自分へのご褒美の意味で、なんとか無理して遅れて
でも参戦しただけのかいがあった。大満足。明日はタダ券がないが、明後日は
又全く違った、スカ、FUNK系のバンドばかりなのでこちらも楽しみ。ライブ終了後
すぐに飲みに行きたい気分だったのでQに電話して心斎橋まで呼び出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.28

2005年8月28日(日) ロックロックこんにちは!Ver.Episode-Q 3日目@なんばhatch

 なんばhatchに到着したのがちょうど開演5分前。スピッツ
のライブにはぜひ誘ってくれとうるさかったY3と参戦。いつもの
ようにスピオタであふれかえっている。当然ながら年齢層は
高め。男女比も3:7ぐらいか。俺は手ぶらビーサンという、
まるで近所のコンビニに買出しに行くような格好だったので
後ろのほうでのんびりと構える。

ビーチサンダル本文とは関係ないが、昨日届いたビーサンでついにすべてのビーチサンダルが揃った。これで目標の全12種類が揃ったわけだが、並べてみると色とりどりでなかなかいい感じ。ただ、これらを履くことはまずないと思われる。どこに飾ろうか。


 定刻の17:30にマサムネが登場し、「開演に当たっての注意事項
を読み上げたが、会場はその瞬間から大盛り上がり。ロックロックの
時はいつも映像がスクリーンに映し出されてアーティスト紹介の時
などに凝った趣向の演出があるが、今日はこれまで出一番金が
かかった宇宙とロケットをテーマにしたような演出だった。程なくして
ライブ開始。

1.浜辺シゲキ& jam students

 7曲ほどやったか。セットリストは不明。全然見たことも聞いたことも
ないバンドだった。最後の2曲は少しjazzyかつbluesyな感じでよかった
か。その他の曲は普通のポップロック。このときに気がついたが、今日
のスピオタはイタいことはイタいが、ほかのバンドの時もきちんとノって
くるマナーの良いスピオタだと思った。

2.曽我部恵一

 ギター一本で登場。いきなりサニーデイ時代の曲から始まる。
(順不同。後日オフィで確認)

 1.東京
 2.TOKYOストーリー
 3.ジュークボックス・ブルース
 4.八月の息子(with スピッツ)
 5.青い車(with スピッツ)
 6.テレフォンラブ
 7.LOVE SICK

スピッツと一緒にやったのは驚いた。もう今後はこのコラボは見られない
かもしれない。しかも「八月の息子」とは。おそらくは大半が曽我部恵一
のことを知らないスピオタばかりだっただろうが、曽我部恵一の熱さに
結構ノリが良かったと思う。ワンマンとは一味違ったいいステージだった。

3.THE COLLECTORS

 すっかり大御所だが、演奏自体はまだまだ若い。4曲目に「世界を止めて」
をやってくれた。これが聞けただけでも感動だ。7曲ほどやったか。ライブ
で盛り上げるのが本当に上手いバンド。FES系には欠かせない。

4.スピッツ

 いよいよトリの登場。いつものように安定感のあるステージだ。
今日は「夏の魔物」が聞けたのがでかい。 

 1.正夢
 2.スパイダー
 3.泣かないで(舘ひろしカバー)
 4.夏の魔物
 5.春の歌
 6.スピカ
 7.甘ったれクリーチャー
 8.8823
 9.スターゲイザー
(アンコール)
 10.夢追い虫

 今年はライブの最後はどうしても8823→スタゲ→夢追いの順番に
なってしまうのだろう。なんか去年もこんな感じだったような気がする。
かれこれ10回近くはスピッツを見ているが、それほど曲の種類を
たくさん聞いたという印象はない。

まあ、いつものロックロックの最終日という感じの安定感のあるなかなか
楽しめたライブだった。ライブ後にO-CATの風月にお好み焼きを食いに
行ったが、風月のお好み焼きってこんなに不味かったか?これなら俺の
家の裏にあるニセ風月のほうが絶対に数段美味い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.21

2005年RISING SUN ROCK FES part3@石狩湾新港樽川ふ頭野外特設ステージ

 EGO-WRAPPIN'終了後は急ぎ足でBOHEMIAN GARDENへと
向かったが、テントサイトのテント群を抜けて到着するのに10分弱
かかった。BOHEMIAN GARDENの前にはすでに200人~300人ほど
の客が座っていたが、あたりが真っ暗で、ステージの上の灯篭の
ような明かりしか見えない。こんなところで本当にライブがあるのか?
と不安になったが、10分ほどして永積タカシ登場。自分でせっせと
ギターのセッティングをしている。あたりは本当に真っ暗で、虫の音
しか聞こえていない。まるでキャンプファイアーの後にみんなで静かに
おしゃべりをしているような雰囲気だ。

BOHEMIAN GARDENのハナレグミBOHEMIAN GARDENのハナレグミ。真っ暗な中ステージにだけ明かりがともる。客はみんな座ってのんびり。ステージ上の原田郁子と永積タカシはまさに夫婦のような掛け合いで楽しそうにしていた。



0:15分頃にセッティングが終了してライブ開始。永積タカシもこんな雰囲気
でできるのは幸せだと連発していた。客は全員芝生の上に座りながら
まったりモードで聞いている。永積タカシもちょっと酔っ払っているようで
トークも絶好調。「終わりも決まってないようなのでどんどんいきます」
といって始まった。

ハナレグミ(0:15~)

(セットリスト)

 1.音タイム
 2.マドベーゼ
 3.家族の風景
 4.かこめかこめ
 5.Lucky(SUPERCAR)
 6.プライマル(Original Love)
 7.Three Little Birds(Bob Marley)(with原田郁子)
 8.明日天気になれ(with原田郁子)
 9.いちょう並木のセレナーデ(with原田郁子)
 10.I will(The Beatles)(with 原田郁子(ボーカル))
 11.みんなで食べたいのびのびスパゲッティ(with原田郁子、BIKKE)
 12.いかれたBABY(with原田郁子、BIKKE)
 13.ナタリー(with原田郁子、BIKKE)
 14.夢の途中(来生たかお)
 15.そして僕は途方に暮れる(大沢誉志幸)
 16.トンネル抜けて(BO GUMBOS)
 17.夢の中(どんと)
 18.忙しすぎたから (RCサクセション)
 19.君が僕を知っている(RCサクセション)
 20.心空
 21.ボクモードキミモード
 22.サヨナラCOLOR
 23.ハンキーパンキー
 23.一日の終わりに

 とにかく長い。1時間ぐらいで終わるかと思ったら、2時間ちょっと
もやった。これではまるでワンマンだ。しかし、この真っ暗闇の中で
ハナレグミと虫の音しか聞こえてこないような、独特の雰囲気での
ライブは今後絶対に出会うことはないだろう。最高の贅沢。この
ライブを恋人と一緒に聞けた人は本当にうらやましいし、最高の
プレゼントになるだろう。俺は残念ながら一人で横になりながら
聞いていたが、この瞬間ほど、「ライブは本当に愛している人と
くるものだ」と実感したことはない。このライブに誰と来たかったの
だろうと色々と女の顔を思い浮かべてみたが、残念ながらピンと
くるやつはいなかった。そういう相手すら思い浮かばないのは
さびしいものだ。
 途中で原田郁子が出てきたときに永積タカシが「もっと近う
寄れ、近う寄れ」といっているやり取りなんかは、まさに夫婦その
もの。BIKKEも酒でかなり酔っ払っているらしく、これまでで最高に
壊れていた。とにかく言葉でたとえようもない最高の時間だった。

 ハナレグミが予想以上に長かったので、本当はSUN STAGE
でアジカン→Crazy Ken Bandの流れでいこうと思っていたが無理
だった。SUNに移動する途中のearthでビークルがちょうど2曲目の
「HIT IN THE USA」をやっているところだったのでそれだけを聞いた。

SUNに戻ったときにはアジカンはとっくに終了し、Crazy Ken Band
の最後の曲「GT」をやっているところだった。EGOとハナレが長かった
ために結局キヨシローも見ることが出来なかったが、この二組で十分に
満足だ。つぎのくるりまでやや時間があったので腹ごしらえとビール。
もう何杯飲んでいるかわからない。真ん中あたりまで進入し、くるりに
備えた。

くるり(3:40~)
 
 いきなりメンバーが出てきて自らセッティングを始める。そして唐突な
岸田の「こんばんは、くるりです。みんな楽しんでいってください」の
ぶっきらぼうな挨拶でスタート。

(セットリスト)
 1.新曲(帰り道?)
 2.スーパースター
 3.お祭りわっしょい
 4.ベランダ
 5.ばらの花
 6.ロックンロール
 7.Baby I love you
 8.ブルース

 ドラマーが沼沢に変更になっていた。いつになったらくるりのドラマー
は固定されるのだろうか。序盤はとにかく「ロック色」を出したかったの
だろう。新曲でもそれっぽいものを選曲していたと思う。「ばらの花」と
「ロックンロール」はいい加減飽きたが、初心者向けのサービスでやら
なければならないのは仕方がないか。それよりも今日の圧巻は「ブルース」。
10分以上にわたる強烈な演奏。夜明け前の意識が朦朧としている中で
のグルーブ感はまさにトリップしているような不思議な浮遊感だった。
これは秋からのツアーでもぜひやってほしい。「ばらの花」ではしゃい
でいた多くの連中は、口をポカンと開けたまま、目の前のパフォーマンスが
まったく理解できていないようだった。君たちは去ってくれていいぞ。

 いよいよEZOも最後のアーティスト。SUNの斉藤和義だ。だいぶ客も
減ってきたが、残っている客はまだまだ元気だ。比較的短い時間で
のセッティングでいよいよファイナルの開始。空はすっかり白み始めて
いるし、心配された雨も降らずに耐えた。

斉藤和義(4:45~)
(セットリスト)
 1.FIRE DOG
 2.僕の見たビートルズはTVの中
 3.砂漠に赤い花
 4.モルダウ
 5.歌うたいのバラッド
 6.FLY-愛の続きはボンジュール!-
 7.彼女は言った
 8.歩いて帰ろう

 フェスの斉藤和義も、やる気のあるときはよい。今日の歌うたい
はこれまでにないほど気合の入ったものだった。和義が終わると
同時に強烈な眠気に襲われた。すでに時間は5:30を回っている。
残念ながら日の出は拝めなかったが、それでもこの大自然の中
での一日は最高に疲れたが、楽しい一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.20

2005年8月20日(土) RISING SUN ROCK FES part2@石狩湾新港樽川ふ頭野外特設ステージ

 グッズ売り場でかなりの時間を食ったのと、売り場からSUN STAGE
まではかなりの距離があったので、結局トップバッターには間に合わない。
いずれにしても会場全体をある程度事前に回っておかなければならなないと、
最初のうちに下見しておいたのはよかったと思う。
 SUN STAGEのトップバッターのORANGE RANGEはどうやら下のような
セットリストだったようだ。俺は最後の2曲ほどを聞いた。

FISHMANSのライブFISHMANSのライブ。このステージ上にこの5人が上がって同じ歌を歌っていることが奇跡に近いような気がする。本当にいいものを見せてもらった。今後もこのメンバーでのツアーなんかをやってくれたらうれしいんだが。


ORANGE RANGE
(セットリスト)
1.チェスト
2.以心伝心
3.上海ハニー
4.ロコローション
5.お願い!セニョリータ
6.Hub Star
7.Twister
8.キリキリマイ

この時間他に見るものがなかったので仕方なく。まあ、いつもどおり
どうでもよいクソバンド。セット転換の間にメシとビールを食して、
そのまま氣志團を見る。FESばかりだが久しぶりに見た。本当は
見たくはなかったがヨシテルが「とにかく見てるだけでわらけて
くるから見ましょや」というので見てみたが、演奏を聴くのではなく
パフォーマンスを見るという姿勢で見るとなかなかおもろいやんけ。

氣志團(14:15~)

(セットリスト)

1.房総スカイラインファントム
2.デリケートにキスして
3.スインギン・ニッポン
4.夢見る頃を過ぎても
5.俺達には土曜日しかない
6.One Night Carnival

まあまあ、ショーを楽しむのならば十分に楽しいことがわかった。
FESに出てきてもそれなりに息抜き程度には楽しめると思う。
その後はクソELLEGARDEN、しょぼいフジファブは回避して、RED STAR FIELD
の東京NO.1 SOUL SETへ。まったりと横の喫煙所でタバコをすいながら
聞いていた。BIKKEはSOUL SETではかなりまじめにやっているのが
意外だった。ハナレグミとやるときはすっかり肩の力が抜けてグダグダ
なんだけど。


東京 NO.1 SOUL SET(15:20~)

1.Hey Hey Spider
2.Get your states on
3.隠せない明日を連れて
4.JIVE MY REVOLVER

 ずいぶんと昔の印象と違う感じ。アップテンポの曲が多く
客もかなりノッていた。
その次はSUN STAGEに戻って奥田民生。クソ銀杏BOYZなど
見る気にもなれないので、当然こっちだ。これも2000年の
ROCK IN JAPAN以来久しぶり。これまでフェスで何度か
出ていたが、いつも民生を見ずに別のバンドを見ていた。

奥田民生(16:45~)

(セットリスト)
1. ギブミークッキー
2. 快楽ギター
3. サウンド・オブ・ミュージック
4. 細胞
5. 海の中へ
6. さすらい
7. Tripper
8. プライマル
9. 哀愁の金曜日
10. 船に乗る

といった感じらしい。久々に民生の好き勝手なことを目一杯
やってるような感じでなかなかよかったな。民生のときに
キシダンの連中が客のいる広場のほうに出てきて、民生を
聞きながらおおはしゃぎしていたのが印象的。

はしゃぐキシダンとにかく奥田民生のライブを目一杯楽しんでいたキシダンの面々。観客席エリアのすぐ隣で、全員で出てきてはしゃいでいたから目立つ目立つ。客も写真撮りまくってた。という俺も、ミーハー心爆発。

その後本当はRED STAR FIELDのSTRANGE LOVE PSYCHEDELICO
を見たかったが時間がなかったので、そのままFISHMANSを見るために
SUNにとどまる。

FISHMANS(18:20~)

はたしてFISHMANSの故佐藤伸治以外のメンバーが出てきた瞬間に
会場にいる俺の周りの連中は早くも目に涙をためていた。ボーカルだけが
色々と入れ替わって歌うことだけは知っていたがトップバッターは
クラムボンの原田郁子。「Weather Report」を歌う。かなりいい感じ。もう
この時点で会場の半分は、佐藤伸治の死を思い出し、同時に今目の前に
FISHMANSの曲がよみがえっていることに、どうしようもなく感動して涙
していたのではないだろうか。俺もこの時点で何となくもらい泣きをして
しまいそうになった。続いて、予想通り永積タカシ登場。「ナイトクルー
ジング」を歌う。やばい、やばすぎる。俺の涙腺もおかしくなった。
周りは大の男連中までが涙を流して、ゆるーいビートに体を揺らしている。
ボーカルが違う以外は、まったくFISHMANSの音だ。続いてこちらは
予想外にUAが登場し、「頼りない天使」。さすがの実力派シンガーを
持ってこられると、もう感動以外の何ものでもない。次は、これもある
程度予想出来たが、キヨシロー登場「MELODY」を歌う。ただ、キヨシローは
完全に予習不足だろう。歌詞を見ながら歌っているのがバレバレだった
ので、かなり危なっかしかった。
 そして最後は全員で「いかれたbaby」。もう感動以外の何ものでもない。
ぱらついていた雨も上がり、西の空には夕日がちらりと顔を覗かせていた。
みんなが涙し、感動した至高の時間だった。これを見れただけでも
大満足だ。

かなりの感動に酔いながら、HIGH-LOWSは見ずに、EARTH TENTの
真心ブラザース四人バージョンを見に行った。真心は見るのは初めて
だが、当たりまえだがYO-KING単体よりはずっといい。始まる前から
ステージはパンパンで入場規制がかかった。

真心ブラザース(20:40~)

(セットリスト)
1.S.B.T
2.高い空
3.人間はもう終わりだ
4.素晴らしきこの世界
5.STONE
6.スピード

あっという間だったが、それなりに楽しめた。

次はRED STAR FIELDでEGO-WRAPPIN'を見たかったのだが、
かなり時間が押している感じで、俺はそのまま残り、ヨシテルは
キヨシローのステージを見に、SUN STAGEへと向かった。
EGO-WRAPPN'は22:00からのスタート予定だったが、1時間遅れの
23:00スタート。すでに会場は超満員だったので、待ちくたびれた
客は1曲目から大暴れを始めていた。

EGO-WRAPPN'
(セットリスト)
1.カサヴェテス
2.PARANOIA
3.五月のクローバー
4.Dog Smokie
5.マンホールシンドローム
6.新曲
7.BIG NOISE FROM WINNETKA~黒アリのマーチングバンド
8.サイコアナルシス
9.a love song

とまあ、東京のKICK OFF PARTYとほとんど同じセットリスト
だったが、やはり何度聞いてもイイ。中納良恵は本日も爆発。
強烈なテンションで、客も釣られて大盛り上がりだった。何度
聞いてもいいものはいい。ここまでですでにお腹一杯の状態
だった。そういえば、まだ時計のハリは0:00を回っていないの
にすでにビールを5杯以上も飲んでるし、飯も食いまくった。

次はシークレットで登場する、BOHEMIAN GARDENでのハナレグミ
を見に行く。このBOHEMIAN GARDENはテントサイトの一番奥
にあるのでメインステージからは一番遠い。EGOが終わると
0:00近かったので慌てて移動。基本的には出演は知らされ
ていないのだが、俺はハナレグミのファンクラブのメールで
今日の0:00から出演することを事前にキャッチしていた。
楽しみだ。急いで会場へと向かった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

RISING SUN ROCK FES part1@石狩湾新港樽川ふ頭野外特設ステージ

 前日の移動の疲れやら、出張の疲れやら盆明けの
全ての疲れが抜け切れていなかったので9:00頃に起床し、
10:00過ぎにホテルを出発。ここのホテルは今日だけの宿泊
だったので、地下鉄の中島公園のコインロッカーに荷物を
放り込んで地下鉄で麻生駅へ。雨に備えて近くのダイエー
で雨合羽やレジャーシートを購入しようとしたが、いいものは
すべて売り切れでしょぼいものを購入。
 シャトルバスで会場まで30分ほどで到着。到着しての感想
は一言「でかい」。

RSRのメインステージRSRのメインステージを望む。ステージの両サイドの後方はシートを敷いて座ってもいいエリアになっている。さらに後方では広大なテントサイトが。とにかく会場がでかい。

 

 これまでに野外フェスは何回か行っているが、これほど
でかい会場は初めてだ。おそらくフジロックの会場が
一番でかいのだろうが、その次ぐらいのでかさだろう。
 特徴的なのは、レジャーシートを広げることができる
エリアや、テントサイトがメインステージのすぐそばに
あることと、テントサイト自体も何箇所もあって、その
テントサイトにもステージが設けられていることだろう。
会場の一番端から端まで歩くとゆうに25分から30分ほど
かかるだろう。

RSRの会場全体図エリアが色々と分かれているので移動に大変時間がかかる。6つのステージをひとつづつ回っていると軽く1時間コースか。それにしても、もともとはこの場所はいったい何に使われているのだろう。周囲の状況を見ても、ただの遊休地でその気になればもっと会場を広げることが出来そう。

 とりあえず会場を一回りして物販ブースに行ってブツを
購入。FISHMANSのグッズは販売と同時に完売したようだ。
本当に残念。他のグッズは十分な品揃えだったので適当に
1万円分ほど購入した。物販ブースからメインステージに
戻ってきたころには、20日のトップバッターのオレンジレンジ
が終了しかけのころだった。1曲だけ見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.17

2005年8月17日(水) RISING SUN ROCK FES KICK OFF PARTY in TOKYO@LIQUIDROOM 恵比寿

 明日は朝一番で水戸の向こうまで出張があるので、前日に
東京入りしてライブ参戦。参戦したのはRISING SUN ROCK FES
Kick Off Party in TOKYO@LIQUIDROOM 恵比寿。UKから
MU、USからBRAGILIAN GIRLS、大阪からあふりらんぽ、そして
EGO-WRAPPIN'というアクトだ。ハシが大幅に遅れてきたので
開演の19:00を10分ほど過ぎて会場到着。すでに中ではライブ
が始まっているようだった。

 さすがに今日のメンツが上記のような感じだけあって、
年齢層は結構高め。男女比3:7ぐらいでOLが主力か。しかし、
土地柄かやはり「アリ」が多い。

(開始時間:19:00)

1.MU

 すでに始まっていたので、会場をちょっとのぞいてみたが
「?」である。完全にUKのテクノ系のノリでステージで一人で
サイケな映像をバックに女性ボーカルが踊っている。俺には
全く理解できなかった。7~8曲はやっていたか。

2.あふりらんぽ

 これも「?」。確かにドラムとベースだけで、しかも、ドロドロの
大阪ノリの二人の女は個性的ではあるが、音楽は俺には理解
出来なかった。なんか難波の高島屋の前で演奏してそうな感じ。
歌詞も意味不明だが、なんでもVincent Garoに見出されたらしい。
たしかにサイケパンクのような音楽は変わってはいるが。

3.BRAGILIAN GIRLS

 ニューヨークからやってきたというバンド。ボーカルが女性であと
は男性3人の4人組。これはまだメロディラインがあったので曲
にはなっていたが、それでもこのダンサブルともマッタリとも取れる
打ち込みを多用した独特のリズムは、最近オーガニック志向を
強めてきている俺にとっては興味の範囲外だ。7曲ほどやったか。

4.EGO-WRAPPIN'

(セットリスト、完全に忘却しているので順番バラバラ)

 1.カサヴェデス
 2.paranoia
 3.五月のクローバー
 4.TOMORROW IS MY TURN (NINA SIMONEのカバー)
 5.マンホール・シンドローム
 6.カバー曲
 7.Dog Smokie
 8.BIG NOISE FROM WINNETKA~黒アリのマーチングバンド
 9.サイコアナルシス
(アンコール)
 1.新曲
 2.カバー曲

とまあこんな感じだったと思う。さすが、みんな出番を待ち焦がれて
いただけあって、1曲目から大暴れ。めちゃめちゃな盛り上がりだ。
相変わらず何度聞いても、いつ聞いても上手い。それにパワフルな
動きと声量にはいつも圧倒される。安定感抜群の、聞いて力が沸い
てくるすばらしいライブだった。ワンマンが待ち遠しい。

結局ライブが終わったのが23:30頃だったので、渋谷の焼き鳥屋
にも寄れず、そのまま江古田のハシ宅へ。メシ食って寝たら2:00を
回ってしまっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.10

「サヨナラCOLOR~映画のための音楽会~」@zepp Osaka

 事務所を出て急いで本町まで歩いてそこから地下鉄中央線で
コスモスクエア駅へ。ちょうど18:00頃に到着した。すでに同行予定
のN2は到着して、周辺の海岸を散歩していたようだ。就職も決まって
ダラダラとのんきに夏休みを過ごしているN2は「いろんなライブに
連れて行ってくれ」というので徹底的に、お嬢の知らない世界を
少しづつ教えてやる教育の一環だ。
 zeppの周りにはすでに人がたくさん集まっていたが、18:00を過ぎ
ても入場はまだ始まっていなかったので間に合った。ひさびさのzepp
だがやはり遠い。

 整理番号は延べ番号で800番ぐらいだったが、中は比較的
すいている。チケットもたぶん完売はしていなかったのだろう。
ちょうどフロアの真ん中あたりに陣取って開演を待つ。男女比
では4:6ぐらいだが、年齢層は比較的高めか。
 このライブの趣旨をあまりよく理解していなかったので、のっ
けからハナレグミ、クラムボン、ナタリーワイズの3組が一緒に
ステージにあがってきたのには驚いた。

(開始時間:19:00)
セットリストは正直わからない。とりあえずハナレグミの「音タイム」
で始まり、
「ナタリー」「サヨナラcolor」(弾き語り)はやった。
クラムボンも昔の曲をやった。(曲名は忘れた)
ナタリーワイズも2曲ほどやった。高野寛は年をとってもいいにいちゃん
のままだった。
最初にゲストで原田知世登場。サントラ収録曲のハモリをやる。
また、途中で竹中直人も登場し、バター犬の「O.K.」を熱唱。
竹中直人と永積タカシの「純喫茶コヨーテ」の寸劇もなかなか
面白かった。曲の中心は映画のサントラだったので、サントラを
まったく予習していなかった俺には知らない曲ばかりだった、が
全体にはマーッタリとしたまさに「音楽会」って感じでめちゃよかった。
最後は全員で「サヨナラcolor」を合唱して終了。のんびりとしたライブ
だった。
(終了時間:21:30)

腹が減ったのでそのまま心斎橋に出てN●COに飯を食いに行った。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.18

2005年7月18日(月) bonobos@心斎橋クラブクアトロ

 16:00頃に家を出て心斎橋へ。今日はbonobos@心斎橋クラブクアトロ
電詩行脚ツアーファイナルの日だ。クアトロに行く前に、南船場のとある店
へBALのコーデュロイパンツを見に行った。実はここにおいてあるブツと
同じものがオークションで安く出されていて、サイズを確かめるためだ。
店においてあるLサイズだと確かにデカイ。ちょっとセコイか(笑)試着だけ
して店を出た。
 今日の整理番号は50番台だったので、クソ暑い非常階段のようなところで
それほど待たされることなく入場。ヨシテルは仕事で後で来るので、センター
付近最後列のカウンター席を二人分死守した。

 今日の客層は結構年齢層は高め。男女比4:6ぐらいか。OL中心だった。
それにいつもライブで見かける顔が総結集という感じだった。いつもライブで
よく一緒になるくるり好きの女の子もいたし、俺の会社の入っているビルで
よく見かける女の子もいたし、お嬢系色白アリ女もいた。さらにエキゾチック
な顔立ちのあきらかに姉妹と思われる、ひときわ目立つ二人組みもいる。
なんだか知った顔ばかりなので不思議とアットホームな気分。
ライブは19:05頃に始まった。
不覚にもセットリストはほとんど覚えていない。おそらく新譜の「electlyric」
からは全部やっただろう。

(実際の曲順は下の順番とはほぼばらばら)

・春の嵐
・グレープフルーツムーン
・LOVERS ROCK
・Asian Lullaby
・今夜はGroove me
・Floating
・春夏秋冬
・あたらしいひ
・electlyric
・Massive Flood
・THANK YOU FOR THE MUSIC
(アンコール1)
・スモーク
・クロージングタイム
・あの言葉、あの光
(アンコール2)
・Mighty Shine Mighty Rhythm

あたりをやったような気がする。なにせ新譜を聞いていないという予習
不足だったので。。。そのうちどっかから探してきます。(かなりあやふや
なので全く信用できないものと思ってほしい)
 ライブ自体は、「すごくよかった!」これに尽きると思う。最初から
客がノッていたわけではないが、曲が進むにつれて会場がヒートアップ
していき、アンコールの前3曲アタリからすっかりクアトロはダンスホールと
化していた。bonobosはこれで3回目だが、どんどん演奏が上手くなって
来ているような気がする。FISHMANSのパクリとか言われることが多いが、
ライブでは明らかに違いがよくわかる。bonobosのほうがPopで、ゆる~い
ダブポップながら、「ダンス」が前提にあるように思える。前回までの
懸念事項だったベースの紅一点もりもっちゃんの演奏も随分と安定感
が出てきた。先週に見た風味堂のベースのバカテクと比べるのはかわい
そうだが、それでも随分余裕をもって演奏していたし、なかなかよかった。
とにかくメンバーがツアーファイナルということもあって気合が入りまくり。
最高に盛り上がったクアトロだった。客のノリがいいし、「アリ」が非常に
多い。別の意味で質の高いライブだったことに間違いない。これは次回の
ワンマンも是非参戦だ。それと9月9日のLIFESIZE ROCKの一日目にも
出演するらしい。ビラにはなかったが、風味堂もHPで9日に出演と書いて
あったのでこれには是非とも参戦したいものだ。
 帰りはバイク屋Qのところにバッテリーを取りに行き、車に再装着する作業
をしてもらった。6時間ほど充電してもらったので、今のところは復活した
ようには見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.15

2005年7月15日(金) 風味堂@心斎橋クラブクアトロ

 仕事が終わってから、新しく導入されたPCの設定をしていた
ために19:00直前まで事務所で作業。今日は心斎橋クラブクアトロ
で風味堂のワンマンツアー「楽園をめざして」がある。19:00開演
なので慌てて事務所を出たら、ちょうどLOFTの入り口のところで
遅れるかもしれないと言っていたN2と会い、結局同時に入場。

 こういうライブハウスに来るのは初めてで、是非連れて行って
くれというので、一昨日に先にチケットを渡していたが、会場が
小さいことに驚いている様子。すでに会場内は満員だったが、
最後列の真ん中あたりの手すりにもたれかかることの出来る
場所を確保。マッタリとライブを楽しんだ。会場は男女比1:9ぐらい。
圧倒的に女が多いし、結構客層が若い。
 19:15になって3人が登場。これで風味堂は3回目。前回は
フェスで出ていたのであまり曲が聞けなかったが、今日はじっくり
と聞けた。
 セットリストは全然覚えていないが

・FUNNY JOURNEY
・ライブが始まる
・真夏のエクスタシー
・楽園をめざして
・眠れぬ夜のひとりごと
・ナキムシの歌
・イイ女
・散歩道
・涙をふいて
・車窓
・ねえ愛しい女よ
・Have A Goodnight Sleep...
・ママのピアノ
・アスファルト人生
・笑ってサヨナラ
・もどかしさが奏でるブルース
(アンコール)
・ゆらゆら
(終了時刻:21:15)

といった感じだと思う。あいかわらず3人の息がぴったり合ったすばらしい
演奏。「ナキムシのうた」だけを知っている人には、「ああ、あのポップバンド」
かと思われるだろうが、実際はスウィングジャズベースの小気味のいい
演奏を聞かせてくれる。特にベースの上手さはいつも感心する。keyのワタリ
も強烈にスウィングするピアノプレイをするし、しっかりとした実力のある
聞いていて本当に楽しい気分になるバンドだ。曲は意外とベタな感じの曲が
多いが、ボーカルのブルージーな声色に十分な声量。これから本当に期待
できるバンドだと思う。
 先にポップな曲が有名になってしまったが、実際はツウ好みのバンドだと
思うので、もっと幅広い人たちに聞いてほしいと思う。自分たちのスタンスを
しっかりと持った、いまどき珍しい実力派バンドだ。
N2も「ナキムシのうた」は聞いたことがあり、あの曲のイメージが先にあった
ようだが、見事に先入観を打ち砕かれたようだった。
 帰りにはいつものようにライブ帰りの定番、難波駅近くの「HUB」で軽く
メシを食って帰った。自称酒豪のN2はなぜか俺の前では酒をあまり飲ま
ないが、俺たち凡人にはわからない、超お嬢なりの色々な悩みを今日も話し
ていた。それにしてもお嬢の悩みは贅沢なもんだ。
 またもや終電近くの電車で帰宅したが、帰宅すると、チケットぴあから
「サヨナラcolorのための映画のための音楽会」(ハナレグミ×クラムボン×
ナタリー・ワイズ)のプレリザーブの当選通知が届いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.02

NEW GOLDEN AGE@代官山UNIT(Caravan、tobaccojuice etc)

 会場に入ると地下二階に下っていく。こんな空間がまさか
このビルの地下に広がっているのかと思うぐらい深い。入場の
列に並んだのもそれほど早くなかったが、ホールに入るとあまり
人がいなかったので、とりあえずライブが始まるまでホール奥の
カウンターに腰掛けて酒を飲みながら談笑した。ライブハウス
そのものは地下の割にはすごく天井も高いし、スタンディング
で満員ならゆうに500人から700人ぐらいの人数を飲み込むこと
が出来そうな中規模でとても綺麗なハコ。音もかなりよい。

代官山UNIT1周年ビラ壁のいたるところに貼ってある代官山UNIT1周年ビラ。おしゃれでちょっと無機質な感じのUNIT内部にあって、ちょっと異質な祭り気分満載のビラだが、なかなか味があってよい。

 Mにはとりあえず「ゆるーいライブだ」ということだけを告げて
あって、もちろん今日の出演アーティストを1組も知らないし、
聞いたこともないジャンルのようなので少し心配。ちょっとだけ
出演アーティストの講釈をしてあげて予習をしてもらった。
17:00になって今野英明のDJとともにライブがはじまった。
俺たちはホール奥のPAの横からのんびりとライブを見た。
ホールも満員ではなく、適度に空間が空いててゆるーい感じ。

1.tobaccojuice

 いきなり出てきて始まる。ライブで見るのは2回目。ボーカルの
MCはカッコつけているというわけではなく単に不器用なだけなん
だということがわかった。アコギ中心の演奏で、以前に見たとき
よりはフォーキーな印象だ。

(セットリスト)

 (1)パーティーブルース
 (2)トアライアングル
 (3)ガーベラ
 (4)お父さん
 (5)ソファ
 (6)ライターブルース
 (7)?(漢字4文字の曲名のはず)
 (8)幸せ(?)の海
 (9)ヒッチハイカー

MCもほとんどなく淡々と演奏を続けていたが、その姿勢からは
純粋に音楽を楽しもうという姿勢が伝わってくる。ブルージーで
フォーキーな音楽は酒とタバコと相性は抜群だ。いつもどおり
ややボーカルの声が聞き取りにくいが、リズムに身をまかせる
のが心地よい。Mも「幸せの海」がよかったといっていた。

2.POMERANIANS

 1番手がややゆるめのアーティストだったので、余計に軽快な
ダブポップに聞こえた。スペシャなどで見ていた軽い印象とは
少し違う、正統派のダブポップ。bonobosなんかとも少し違う。
(ボーカルの声がしっかりしているからか)

(セットリスト)
 (1)始まりはここから
 (2)HOLY & BRIGHT
 (3)コラソン
 (4)忘日
 (5)ハナレバナレ
 (6)踊っていたいよ
 (7)ロックンロールスター

 軽快なリズムに自然と体が動く。音もしっかりとしているし、やろう
としていることが明快。スカ、ダブポップを美味く消化したライブ
向けのいいバンドだと思う。これからも注目していきたい。Mは
ひとこと「若い!」との感想。

3.9MILES
 
 恥ずかしながら名前を聞いたこともなかった。女性ボーカルの
ダブポップバンドというよりは、レゲエに近い感じ。曲調は決して
明るいものではない。英語の歌詞が多いがちょっと聞き取りにく
かった。ボーカルの歌は上手いが、なんか曲調にマッチしていな
いような印象を受けた。ドラムのリズムも微妙にずれていた場面も
少し見受けられた。

(セットリスト)
 (1)intro
 (2)Catch trace of wind
 (3)Hide and seek
 (4)雨
 (5)Recover gold eggs
 (6)Nebilina
 (7)Mind's a jarney
 (8)Nightmare wakes me up
 (9)アオイヒスイ

 悪くはないんだが少し重たい感じがした。Mも「う~ん。ちょっと
よくわからない」とのコメント。このときにはかなりお疲れな様子
だった。

4.Caravan

 予想通りトリで登場。見るのは3回目になるが、安定感のあるステージは
安心してみていられる。普段のサポートキーボードのYANCHYが今日は
いなかったが(前の横浜でのライブのときに「7/2は出ないんです」と
聞いていたのでわかってはいたが)ステージでのパフォーマンスは
バリエーションに富んでいて聞いていて楽しくなってくる。CDで聞くと
どうしてもワンパターンに聞こえるが、ライブでは同じ曲でも全然違って
見える。

(セットリスト)
 (1)Trip in the music
 (2)Folk
 (3)ハミングバード
 (4)Heavenly
 (5)Soul music
 (6)Stay(←順番が違うかもしれない)
 (7)Feed back
 (8)Camp
(アンコール)
 (9)Night Song

 やはり聞き終わると幸せな気分にさせてくれるライブだった。とにかく
Caravanの人柄と、音楽に対する真摯な姿勢と音を楽しむというスタンス
が見事に表現されている。同じ曲しかやらなくても何回でも見たくなる
ライブだ。Mも「一番よかった!人柄が伝わってくる、暖かいかんじ」と
のコメント。

(終了時間:21:15)

 全体的にはバランスの取れたゆる~い感じのライブでかなりよい
イベントだったと思う。Mも初めてこのジャンルの音楽に接したよう
だったが全体的にはそれなりに楽しめて、多少はリフレッシュして
くれていたようだった。少しは今日という日がプラスにはなっていれ
ばよいのだが。また、もう少し元気な時にでもゆっくりと話をしたい。
 Mを無理に最寄り駅に送ることはせずに、新宿まで送ってから
本日の宿泊地点である江古田へ向かった。しかし、江古田というか
西武池袋線にはいい思い出が全くない(笑)じっくりと話が出来た
という印象があまりなく、バタバタとした一日だったが、久々に俺
自身も少しはリフレッシュできたような気がしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.18

2005年6月18日(土) Mellow Light YOKOHAMA(曽我部恵一、Caravan他)@club Lizard YOKOHAMA

 こんなシンプルなことに何で気づかなかったの いつだって明日は見えないけど
 とっても不思議なこと とっても素敵なこと We are always LOVE-SICK。。。

 開場が18:00の予定だったが、リハの遅れや、係員の整理の
不手際などもあって、19:00前から入場開始。当然初めて行った
ライブハウスだったが、中は200人ぐらい入れば一杯。年齢層は
結構高めで、カップルも少なく男女比は4:6ぐらいだったか。
 整理番号が早かったので、前から4列目ぐらいのステージ向かって
右側の壁際のカウンターのある場所に陣取った。

本日のライブアクトライブハウス前に張り出されていた本日のライブアクト。 THE SUSAN、SPECIAL OTHERS、CARAVAN、曽我部恵一の四組が出演。さりげなく張り出しているのを通りがかりの人々が見て、なんか驚いた表情をしていたのが印象的だった。




アンコール時の曽我部恵一アンコール時の曽我部恵一。持込物のチェックを一切していなかったために、結構みんな写真を撮っていた。こういうライブもあるんだなと感心。





 客はイタイ客はほとんどおらず、みんな思い思いにライブを
楽しもうとゆる~い雰囲気。「アリ」の女の子が多かった。
 ライブが始まる前からビールでのどを潤し、準備は万全。
寝不足でかなり眠くなってきていた。約一時間ほどの遅れ
で19:20頃にようやくライブが始まった。

1.THE SUSAN

 5人編成のガールズバンド。グランジ、オールタナティブ、ライトな
サイケな感じの曲をやっていた。9曲ほどやったか。なんだか学園祭
の雰囲気が漂う。MCが全て英語というのはちょっと違和感があった。
後に控えるアクトを考えるとあくまでも前座扱いになってしまうのは
いたしかたないか。やや物足りない。25分ほどやった。

2.SPECIAL OTHERS

 20分ほどのセッティングの後登場。キーボード、ギター、ウッドベース、
ドラムの四人組編成のインストバンド。アップテンポのインストナンバー
を前のめりな感じで繰り出してくるので、リズムに体を乗せているだけで、
だんだん音楽に酔う感じになってくる不思議なバンド。その昔、ギター
一本でサイケの世界に引きずり込まれたTHEATER BROOKの佐藤タイジ
のプレイを思い出したが、少し雰囲気は違う。演奏の質がもう少しあがって
くれば面白いバンドになりそう。メロディラインはきれいだし、独特の雰囲気
は持っている。今後に期待。5曲を40分ほどでやった。

3.CARAVAN

 本日のお目当ての一つ。始まった頃には21:30を回っていた。この頃から
客が前に詰め始める。CARAVANは2回目。いつもと同じサポートメンバー
での出演。

(セットリスト)

1.Trip in the music
2.Folks(たぶんこれだったと思う)
3.ハミング・バード
4.Camp
5.Night Song
6.Soul Music
7.Stay
8.Think    (の順番だったと思う。)

とにかくいいものはいい。このゆるさがたまらない。どの曲も同じような
テンポでよく似ていると感じるかもしれない。声が福山雅治そっくり
だといわれようとも、伝えようとしているメッセージが明確だし、その
メッセージをきちんと伝えることが出来るだけの力量をきちんと
持っている。前向きなメッセージが聞いているものを幸せな気分に
することが出来るアーティスト。今後もできるだけ足を運びたい。
最高だった。

4.曽我部恵一

 すでに出演した頃には10:30を回っていた。客席の中から登場。
今日のライブは一体いつまで続くのか(笑)。さすが大御所。出てきた
瞬間に会場中が一気にヒートアップ。曽我部恵一バンドの息もぴったり。
のっけからアップテンポの曲で攻めまくり。ベース、ギターも次々に客席に
ダイブしている。次にどういう展開かがわかっていても止められないのが
曽我部恵一のライブの魅力の一つ。曽我部はこれで4回目。

(セットリスト)
1.ハルコロック
2.トーキョーストーリー
3.きみの愛だけが
4.シモーヌ
5.FIRE ENGINE
6.Telephone Love
7.青春狂走曲
8.LOVE-SICK
9.STARS
(アンコール)
10.Mellow Mind

もう毎度おなじみのセットリストのような気もするが、それでも心から
そのノリを楽しむことが出来るライブ。「FIRE ENGINE」がくどすぎる
とか、「Telephone Love」の演出はもう飽きたとか色々と思うところ
はあるが、「青春狂走曲」「や「シモーヌ」が始まるとやはり自然と
ハイな気分になる。
最後の「STARS」の時には本日の出演者が全員ステージ上に上がって
客とともに大合唱。強烈に盛り上がっているので、Caravanなんかは
客席の写真をしきりにステージ上から撮っていた。出演者も客も全員が
ハッピーな気分になれる。それだけで十分だろう。
 大合唱でライブが終了後、客が半分ぐらいに減ったところで、突然
曽我部恵一がギター一本で登場。アンコールを一曲やって大盛況。
終了したのはなんと23:50頃だった。

ライブ終了後、セットリストはないものかとステージ前でうろついていたら
スピーカーに貼ってあったので、係員に「くれないか」と聞くと「バンドの
人の了解がないと」とつれない答え。しかし、「あっ。今メンバーの人が
トイレに行かれたので聞いてみたら」と言ったのでベースの人に「くれま
せんか」と聞くと「どうぞどうぞ」と快諾してくれたので、本日も生セットリスト
をゲット。

本日の曽我部恵一のセットリスト本日の曽我部恵一のセットリスト。8曲目の「瞬間と永遠」はやっていない。変わりに「ミュージック!」をやったような気がしたが。


帰りに物販のところへ行ったらCARAVAN自らがCDなどの直接販売をしていた
のでとりあえず「この前のNEW BREEZEも行きましたよ」と言うといたく感激して
「わざわざ関西から来てくれたんですか。ありがとうございます。」と握手の連続。
それにしてもでかくてごっつい手だ。すべてのCDを持っていたのでDVDを購入。
サインをしてもらう。「7月2日の代官山UNITのライブも行きますんで頑張って
ください」というとさらに感激して握手、握手。一体何回握手しただろうか。Caravan
は少し酔っていたのでややハイな感じだったが、それにしてもいい兄ちゃんだ。
さらにファンになった。これからも頑張ってほしい。さらにライブハウスを出たところで
CaravanのキーボードをサポートしているYANCHYとばったり出くわしたので、握手を
しながら、しばし歓談。本当に客とアーティストが一体になった温かい、すばらしい
ライブだった。これだからワンパターンでも曽我部恵一主催のライブは止められ
ない。何度でも足を運びたくなる。お願いだから関西でもやってほしい。

CaravanのDVDとサインCaravanのDVDとサイン。これ以外のものは全て持っていたので、想定外の購入。しっかりと力強い字でサインをしていた。有名になってもいつまでもこういう客を大事にする姿勢を持ち続けていてほしい。





 みなとみらい線の元町・中華街駅からナカボウズ宅の最寄り駅まで移動
しようとしていたら、ナカボウズから電話。あまりにも遅いのでしびれを
きらしたようだ。やや怒り気味。しかも電車で降りる駅を一つ間違えたので
結局ナカボウズに駅まで迎えに来てもらった。ナカボウズ宅に着いてからは
ナカボウズのスイッチが入ってしまい、絶好調で喋り捲り。強烈なエネルギーを
消費したが、心地よい疲れの最高の夜だった。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005.06.14

2005年6月14日(火) Stereophonics@IMPホール

 仕事を終えてから地下鉄に乗って大阪ビジネスパーク
まで移動。今日はStereophonicsのライブの日。IMPホール
に行くのは初めて。会場に着くとちょうど18:00頃だったので
ちょうど入場が始まっていた。整理番号が6組の後半と遅かった
ので心配したが、ホールに入ってみればガラガラだった。
 前方のスタンディングエリアと後方の座席の一部が開放
されていたので、座席の2列目に座った。この様子じゃ全然
埋まらないだろうと思わせるぐらいホールはスカスカ。

ポールスミスのチェックシャツ本文とは全く関係がないが、本日届いた、先日オークションで落札した、ポールスミスコレクションのチェックシャツ。これまでに見たこともない独特の素材。最近チェックの長袖シャツをひたすらさがしている。薄いベージュ地に紺と茶のチェックが入っている。3000円。かなりお買い得な気分。

 ようやく開演直前になって人が埋まり始めてきたが、それでも
7分ぐらいの埋まり具合で600~700人もいればいいところか。
年齢層は高めで男女半々ぐらい。サラリーマンのスーツ姿が目立つ。
(俺もスーツで行ったが)開演まで少し座席で寝た。

以下はセットリスト

(19:15開始)

1.Superman
2.Doorman
3.Madame Helga
4.Vegas Two Times
5.A Thousand Trees
6.Check My Eyelids For Holes
7.Bartender and the Thief
8.Just Lookin
9.Moviestar
10.Devil
11.Dakota
12.Rewind
13.More Life In A Tramp's Vest
14.Deadhead
15.Local Boy In The Photograph

(アンコール)
1.I'm Alright (You Gotta Go There to Come Back)
2.Jealousy
3.Roll Up and Shine
4.Rooftop

(20:40終了)

 時々ライブ中に強烈な眠気に襲われた。ボーカルの声は
確かにいいし、歌も上手い。しかし、音が抑えられていてこもって
いる感じでなんとなくパンチ力に欠ける。予習不足も手伝って
か、可もなく不可もなくといったライブだった。正直消化不良。
ライブ中別のことをボーっと考えていたのであっという間に終わって
しまった。終演後は寄り道もせず心斎橋から難波に戻り帰宅
した。帰宅後も23:30までにソッコーで寝た。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.06.10

2005年6月10日(金) TAHITI80@心斎橋クラブクアトロ

 日中は集中力を切らすこともなく、かといってイレこむことも
なく作業をこなし、18:00前に歩いて心斎橋クラブクアトロへ。
今日はTAHITI80のライブの日だ。TAHITI80はこれで去年に
続き2回目。去年は整理番号40番台だったにもかかわらず、
遅刻して最後に会場入りした。
 今日はQとシバーン、ヨシテルで参戦だが、ヨシテルは後
からやってくる。整理番号が70番台だったので、とりあえず
シバーンに先に入ってカウンターでいい場所をとって来いと
いって派遣したが惨敗。客層は去年よりは若い感じがしたが、
男も多く、大学生から社会人の若手が中心といったところ。

TAHITI80のリストバンド本日購入のツアーグッズ。TAHITI80のリストバンド。このほかにもTシャツやらなんやらと色々と売っていたが、今回のアルバムのキャラクターが「パンダ」なので、どのグッズにもパンダがあしらわれているのがちょっと悲しかった。

まずはFUGUというピアノの弾き語りのアーティストが一人で登場。
9曲ほどやったか。一生懸命歌うその姿には共感を覚えたが、
なんとなくパンチ力に欠けるし、客全体が前座は早く終われ
という雰囲気なのはいたしかたないか。30分ほどで終了。

ここでヨシテルがやってきた。いよいよTAHITI80の出番。
会場の雰囲気も一気にヒートアップ。
セットリストは東京の二日目とほとんど同じで
下のような感じだったらしい。

(19:45開始)

1.Big Day
2.The Train
3.Yellow Butterfly
4.Here Comes
5.Cherry Pie
6.Something About You Girl
7.1,000 Times
8.Antonelli
9.Your Love Shines
10.ISAAC
11.Made First
12.Soul Deep
13.Changes
(アンコール1)
1.Where Are You Goin'
2.Matter Of Time
3.Aftermath
(アンコール2)
1.Wallpaper For the Soul
2.Heartbeat

(21:00頃終了)

 陣取った場所がややステージ右側だったためか
低音が勝ちすぎて、ボーカルの声が聞き取りにくかった。
前の外人二人が演奏中もしゃべっててうるさかったのも
マイナス。
 去年は「すげえ上手いバンドだな」と感心していたの
だが、この一年で数々の演奏上手のバンドを見てきた
ので、それほどでもないことがわかった。特にドラムは
リズムがきちんと取れていないのが目に付いた。
ツアー最終日とあってかなりメンバーもテンションが高
かったし、去年にもあった小道具を使った演出(今年は
パンダ)も楽しかったし、ライブ中にお菓子を会場に投げ
配るのも今年もやっていた。昨日がペドロの誕生日
だったらしくバースデーケーキも登場。クサヴィエが
「東京より声が大きい」と言っていたように、会場中が
ダンスホールと化していたし、やっぱり楽曲の質と
クサヴィエのボーカルだけでも十分に楽しめるいいライブ
だったと思う。来年また来日したら当然また参戦する。
 ライブ終了後はいつものようにHUBの戎橋店で軽く
食事をと思ったが、満員だったので千日前店で軽く
飲んで帰った。また終電近くで帰って0:00を回っていたが
心地よい一夜だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.05

2005年6月5日(日) the band apart@club massive

 競馬惨敗の後は、ミナミをあてもなく放心状態でぶらつき
ながら、吉野家で不味い焼鶏丼を食って、中百舌鳥へ。
 今日はthe band apartのライブの日。18:00開演なので
少し早めに地下鉄で移動。今日はI君と参戦。I君は久々の
ライブなのでかなり気合が入っていた。18:00頃になかもず
駅で待ち合わせて、3番出口すぐのclub massiveへ。

the_band_apart_setlist050604最前列にいたためにGETできた本日のthe band apartのセットリスト。新しいアルバム、古いアルバムから満遍なくやった印象。アンコールは「星に願いを」。


 今日のライブはすでにsold outだったが、club massiveが
吉本系列のライブハウスだったので、本来ならGREENSが
仕切るところを、吉本が直接仕切るという販売形態。俺は
ローソンチケットで100番台前半の番号をGET。
 すでに100人ぐらいの人が並んでいたが、呼ばれて中に
入ると10番目ぐらいだったので余裕で最前列へ。それにしても
club massiveは小さいハコ。200人入ればパンパンの状態
か。客層は大学生がほとんどといった感じだった。
 19:00にまずはWrong Scaleのライブが前座で始まった。
9曲ほどやったか。最前列なのでとにかく音がうるさく、ボーカル
が聞き取りにくかった。音はちょっとしゃれた感じのギターロック。
the band apartの影響を受けているのは明らかだが、テクニッ
ク的には数段劣る。(終了19:50頃)

 セットの入れ替えがあって20:30頃からいよいよthe band apart
の登場。最前列でとにかく近いので、ギター、ベースなどの
指使いまで完璧に見える。まさに目と鼻の先。さすが前座の
バンドとは全くレベルの違う演奏を見せてくれた。もともと詞が
英語の上に、場所の問題からか、ほとんどボーカルの声が
聞き取れなかったが、演奏だけを聞いても十分に楽しめた。
(セットリスト)
1.from resonance
2.Night light
3.cerastone song
4.Coral reef
5.violent penetration
6.forget me nots
7.FUEL
8.My world
9.Eric.W
10.M.I.Y.A
11.higher
12.amplified my sign
13.Snow scape
14.realman's back
15.quake and brook
(アンコール)
1.星に願いを

the band apartの出番になると会場は一気にヒートアップし、
久々にぐちゃぐちゃのもみくちゃ状態になった。会場が狭い上に
みんなが暴れまくっているので強烈な暑さで汗でびしょびしょ。
とにかく色々な意味で暑いライブだった。最高。演奏もめちゃくちゃ
上手いし、4人の息もぴったり。また足を運びたくなるライブだった。
 ライブ終了後に会場の外で飲むビールが本当に美味かった。
腹も減っていたので、そのまま難波のイングランド風バー「HUB」
に行って軽く食事をしてから帰った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.04

音泉祭り@大阪城野外音楽堂

 今期5回目の大阪城野外音楽堂。この春~夏にかけて
6回行く予定のうち、雨はわずかにRUSHBALL7の1回のみ。
今日もいい天気で絶好の野外ライブ日和。
 13:30にバイク屋Qと森ノ宮駅で待ち合わせ。13:00過ぎに
到着し、食べ物を調達して会場入り。長らくの間「13:00頃開場、
13:30頃開演」と、あやふやな時間がアナウンスされていたが、
当日になってはじめて「開演が13:30に決まりました」と入り口
付近でアナウンスしていた。

 会場入りすると、それほど人で満員になっているわけではなく、
レビルとその彼女はすでに到着していて、完売になっていたサン
ボマスターのタオルをしっかりとゲットしていた。
 今日の客の年齢層はやや高め。若い社会人が中心といった感じか。
席の埋まり具合も7分ぐらい。
13:30になってライブが始まった。

1.赤犬
 よくわからん関西出身の13人編成のコミック系スカファンクバンド。
しかし、歌詞が完全にコミック系なので、演奏のよしあしも判別不能で
ステージ上で統一感のない踊りや寸隙のようなパフォーマンスを繰り
広げていた。音を楽しむというよりはステージのノリを楽しむ感じ。絶対
にワンマンにはいかない。ボーカル、バックボーカルの3人が曲ごとに
脱いでいき、最後はブリーフ一枚に。予想通りボーカルのヤツは最後
には全裸フリチンになってしまった。バカ集団。

2.bonobos

 久々に見た。これで2回目。相変わらずFISHMANS似の曲は、
ボーカルの声の質とやろうとしている音楽からして仕方がないか。
MCで「新しいアルバムが出ました。いろいろといわれてるけど、
いいアルバムですよ」と言っていたが、おそらくFISHMANSのパクリ
とか色々言われてきたんだろう。ベースの森本っちゃんが自分の
出番以外は関係者がいつも出てくるステージ右の客席そばずっと
に座って他のアーティストの曲を聴いていたので良く観察できたが、
意外に「アリ」やぞ。ファンになった。ステージが終わってからは、
OLが出勤するときのような普通の服装に着替えていたのが印象的。

(セットリスト)
 1.あたらしいひ
 2.今夜はGroove me
 3.?
 4.あの言葉、あの光
 5.ライフ?
 6.Thank you for the music

3.畠山美由紀

 女性ボーカル一人なのだが、ピアノとギターのサポートで登場。
畠山美由紀は楽器を弾かずに一人で歌を歌う。正統派の女性POP
シンガー。ややハスキーな声で歌も上手いが、ブルース色が入って
いるとかそのようなものはなく、純粋に聞かせる感じ。
 永積タカシつながりなのだろうか、ギターは最近のハナレグミの
サポートをしている高田氏が担当。6曲ほどやった。まあ普通。

4.浜田真理子

 ピアノの弾き語り。ステージ上では横顔しか確認できなかったので
良くわからなかったが、年齢不詳。静かに演奏しているときに、ステ
ージ横で機材が「ガシャン」と倒れる音がしたのがかわいそうだった。
この途中で、会場をでてみんなでビールとつまみで楽しんだ。
浜田真理子は何曲やったのかはよくわからない。6~7曲か。声に特別
特徴があるとか、曲のメロディラインが特別綺麗だとか言うわけでは
ないのでやはりちょっと退屈。

5.サンボマスター

 このころから空は明るいが、やや強めの雨が降り始める。登場と同時に
客席が異様に盛り上がり始めた。本日のメインアクトのようなもの。
サンボマスターはこれで4回目だが、毎回のように「卒倒するんちゃうか」
というようなハイテンションの山口隆。男性年配系ファンからの声がひっ
きりなしに客席から飛んでいた。雨は演奏の途中でやんだ。そのことを
ネタに、山口隆が独特のMCを繰り広げる。

 (セットリスト)(ちょっとあやふや)
 1.歌声よおこれ
 2.これで自由になったのだ(?)
 3.美しき人間の日々
 4.夜が明けたら
 5.朝
 6.そのぬくもりにようがある
 7.月に咲く花のようになるの

今日はちょっと音が静かだったような気がするが、やはり何度聞いても
次にまたライブを見たくなるバンド。久々に最高だった。やはり体にムチ
打ってでもワンマンに行かなければならないか。

6.スクービードゥー

 これがトリだとは残念だったが、ライブで盛り上がるのには定評のある
バンド。これで見るのは2回目。今日はちょっとボーカルの声が聞こえに
くかったような気がするが、会場は結構盛り上がっていた。802の昔の
ヘビーローテーション曲「Get Up」以外の曲はわからなかったが
FUNKYなラテン系ロックでなかなか楽しませてくれた。8曲ほどやった。
フェスで出てくる分には、酒が入れば十分に楽しめる。

(終了時間:19:00)

全体的には十分に楽しめるライブだった。夏場にもう一度この野音で
ライブを楽しんでみたいものだ。それにしてもいつも思うが、会場に
酒類を持ち込めないのはかなりイタイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.29

2005年5月29日(日) Jack Johnson with G.Love&special sauce@Zepp Osaka

 時間があまりないので車でZepp Osakaへ。今日は
「Jack Johnson with G.Love&special sauce」のライブの日だ。
チケットはずいぶん前にチケットぴあのプレオーダーで取ったが
二枚のうち一枚はオークションで売った。
 会場には50分ほどで無事に16:40頃に到着。チケットはSOLD
OUTなので会場周りには人があふれていた。いつもとめている
駐車場に車を止めた。整理番号が160番台だったので、会場入り
してステージ向かって左側のちょうど真ん中あたりの最前列を
余裕で確保できた。客層は社会人っぽいのが多く、また、欧米系の
外国人がかなりの数に登る。

いつもの駐車場から見るATCzeppに来るときには必ず止める駐車場からみたATC。駐車場は一日最大800円というのがうれしい。ATCは3年ほど前に毎週、12Fの「グリーンエコプラザ」のコンサルティングデスクを担当していたという思い出があるが、当時も来場者が少なく、暇すぎて、すぐ目の前にある電気自動車の展示ブースのコンパニオンの姉ちゃんとダベりまくっていたのを思い出す。


 18:00に、まずはG.Love&special sauceのライブが始まった。
会場からは指笛や歓声がひっきりなしに聞こえてくる、。さすがに
外国人の客が多いだけあって、いつものライブの雰囲気とは全然
違う。これぞ本場のライブという感じだ。
 G.Loveはオーガニック系の若手の有望株だが、さすがに上手い。
何が上手いかというと、特にギターが上手いとかそういうのでは
ないが、飾らずに最小限の音でブルージーにフォークにラップを
載せてくるのが斬新だし、サポートのspecial sauceとの息もぴったり。
とにかくギター一本での表現力が豊かだ。エンディングのインスト
ナンバーも含めて14曲やった。18:55頃に終了。
(セットリスト)
 1.Ladies Fellas
 2.Rappin Blues
 3.Blues Music
 4.Garbage Man
 5.Small Fish
 6.Wrapping Beats
 7.Don't Drop It
 8.Back of the Bus
 9.Astronaut
 10.Parasite
 11.Ain't That Right
 12.Give it to You

 ステージのセット変えが終わって19:25頃にいよいよJack Johnson
が登場。会場の雰囲気も一気にヒートアップ。生で初めて聞く
Jack Johnsonはなんとも言いようがない。CD音源などで聞くのと
全く遜色ないどころか、生で聞く方が、最前列にいただけに表情も
はっきりと見えてずっといい(当たり前のことだが)。オーガニック
ミュージックの第一人者だけあって、こちらもギターが特別上手いとか
ではないが、とにかく最小限の楽器や音で、最大限のメッセージを
伝えようとしている。感動的ですらあった。これぞ本物、そういわずに
はいられないすばらしいステージだった。なによりその肉声が魂に
響いてくる感じ。セットリストはかなりあやふやだが、最後の方で
G.Loveとのセッションも最高だったし、会場と一緒に合唱したのも
すごくよかった。アンコールの「Time Like These」から始まる数曲
も、ギター一本ですばらしかった。20:55頃にライブは終了。本当に
大満足だ。
 こんなものを見せられると、昨日アジカンの会場に来ていた連中に
「どっちが本物か自分の目で確かめろ」といいたくなる。あまりにも
昨日のアジカンがショボく思えてきた。それにしても会場で光まくっ
ていたフラッシュ。外タレの場合は撮影でも何でもありなのか?すごく
気になった。それと曲の途中で奇声を上げる日本人の客がいたことも
マイナス。

(セットリスト)(かなりあやふや)
 1.Never Know
 2.Posters
 3.Gone
 4.Banana
 5.Do You Remember?
 6.Constellations
 7.Taylor
 8.Staple It Together
 9.Sitting
 10.Flake
 11.Breakdown
 12.Holes To Heaven
 13.Tomorrow
 14.Bubble
 15.Wasting time
 16.Horizon
 17.Inaudible
 18.Good People
 19.Holiday(cover)
 20.Rodeo(With G.Love)
 21.Mudfootball(With G.Love)
(アンコール)
 1.Time Like These
 2.News
 3.Rainbow
 4.Better Together

 最前列に陣取っていたので、ライブ終了後もしばらく残って、セットリスト
をもらえないものかと思っていたが、他にもたくさん同じように待って
いた客がいて、他の客がもらったので俺はもらえなかった。
 物販でTシャツを購入して帰宅。帰りもスムーズに帰宅でき、22:15頃
に到着した。こんなにオナカ一杯の一日も珍しい。非常に充実して
いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.28

ASIAN KUNG-FU GENERATION@なんばhatch

 最終レースを見届けてから、レビルに譲ってもらったチケット
を持ってなんばhatchへ。今日はASIAN KUNG-FU GENERATION
Tour 2005「Re:Re」がある日だ。
 これを見て、「なんや普段は超アンチアジカンでえらそうに言ってる
くせに」と思うやつは非常に多いと思うが、許してくれ。アンチであって
も最低1年に1回は見ておいてから批判すべきはしないとあかんからな。
 今日はY3と参戦だが、Y3は白浜まで出張に行っていたので、
その帰りを待って難波で落ち合った。すでになんばhatchの外周には
大量の厨達が集まっていた。

 これでアジカンのライブはフェスをあわせて5回目。どれぐらい成長
しているのかを確認するのが今回の目的だ。
整理番号が遅かったのでだいぶ待たされて会場に入るとすでに
超満員で、俺達は左側後方にのんびりと陣取る。入場してすぐに
ワンドリンクチケットで酒を飲んだ。
10分ほど遅れてライブが始まった。

(18:40開始)以下はセットリスト。

1.振動覚
2 リライト
3.フラッシュバック
4.未来の破片
5.君の街まで
6.ループ&ループ
7.アンダースタンド
8.電波塔
9.マイワールド
10.夜の向こう
11.ブラックアウト
12.無限グライダー
13.ノーネーム
14 RE:RE:
15 N.G.S.
16.遥か彼方
17.羅針盤
18.君という花
(アンコール)
1.なんばシャイボーイズmeetsなんでやねんガールズ
 (客とセッション)
2.サンデイ
3.12
4.エントランス
(20:50頃終了)

まあ、こんなもんだろう。後藤の歌そのものは去年何回か
見たときよりもだいぶ音程も合うようになって上手くなっているし、
バンドの演奏もだいぶ合うようになり上手くなってたとは思う。
しかし、それにしても客がイタイ。思ってたよりも幅広い年齢層で
男女比も4:6ぐらいだったのには驚いたが、それにしてもこのバンド
に狂ったようにこぶしを突き上げるほどの実力があると思ってい
るのか?あいかわらずどの曲も同じような感じだし、歌詞も意味
不明。知っている、いかにもかっこよさげな単語を並べているだけ。
今日の客の大半はよっぽど普段からニセの音楽しか聴いていな
いのだろう。本物を聞いたことがないとこうなってしまうのかと悲し
くなってくる。ナンバーガールのパクリだけかと思ったら、良く聞けば
他のバンドの(例えばくるりの)パクリ部分まであったことも発見
できた。ここまできたら、他のバンドと比べての演奏のレベルの
低さからしても、もはや「歌謡曲」に思えてくる。
最後の曲では珍しく後藤がメガネを取って歌っていたが、別に
普通のちょっとダサめの兄ちゃんだ。確かにメガネをかけていないと
ダサさが強調されてしまうのが良くわかった。アンコールのときに
即興でつけた1曲目の題名が、主語が「なんばシャイボーイズ」
と複数形なのに、なぜ動詞に三人称単数のsをつけてしまうのかと
一人で突っ込んでいたが、所詮は関東学院大学の二部卒業程度
の学力ではしょうがないかと納得した。MCもスネオの口調に似て
きたのも少し気になる。なんでも吸収するんやな、後藤クンは。

 まあ、たまにはこんな縦ノリで一本調子のライブにくるのもいい
だろう。アジカン自体はそれほど良くも悪くもなくという感じで
終了後は会場をソッコーで去った。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.05.16

2005年5月16日(月)スペースシャワー列伝第五十巻記念ジャパン・ツアーVOL.1~酔唄紀行~@心斎橋クラブクアトロ

 アメ村から戻って、心斎橋クラブクアトロへ。今日は
「スペースシャワー列伝第五十巻記念ジャパン・ツアー
VOL.1~酔唄紀行~」のライブの日だ。出演者は、
セカイイチ/髭/アナログフィッシュの3組。ここ最近参戦
しているライブの中では最も、参戦前から気合の入らない
ライブだ。理由は簡単で、メンツがしょぼいから。整理番号は
200番あたりだったので、入場後にらくらく真正面のカウ
ンターをGET。今日はシバーンと参戦。

 19:00ちょっとすぎにライブが始まった。セットリストなどは
まったく不明。今日は久々に会場で「ヤツ」をみた。背の高い、
去年頻繁に見かけたメガネ面のその風貌はナカボウズ激似
の例の「ヤツ」だ。今年初めてライブで見かけたが、相変わ
らず最前線近くでノリノリである。イタいバカップルだ(笑)

1.アナログフィッシュ

 あかん。どうしようもない。ただ、前回SWEET LOVE SHOWER
2005の時よりはアップテンポの曲も多くてちょっとはましだったか。
しかし、わざと音程をはずし、しかもねちっこい歌い方はどうも好きに
なれない。3人が音あわせに苦労している感じも見て取れた。見るの
は3度目で、「今度こそは」と期待していたが、去年最初見たとき
に「これはしょぼいな」と断じたのは誤りではなかった。もう二度と
見ることはない。時間と金の無駄。7曲ほどやったか。シバーンは
「へたくそやし、ただのイキリっすよ。こいつら。」と激怒していた。

2.髭(HIGE)

 シバーンから事前に「まあまあいいっすよ」と聞いていたので、少し
期待していた。演奏が始まると、目の前に広がるのはまさにグランジ
の世界。カートコバーンを意識したvo&gのルックスと歌い方が妙に
懐かしい感じ。すべての曲がニルヴァーナを意識した感じで、これまで
に見てきたバンドとはちょっと異質な感じ。歌詞はまったく聞き取れ
なかったのでわからないが、演奏だけでも十分に楽しめた。ライブが
上手いバンドだ。正直気に入った。また次に行ってみたいと思える
うれしいバンドだ。この日もらったflyerの中に髭のライブ案内もいくつか
入っていたので、また是非行ってみたい。7曲ほどやった。

3.セカイイチ

 今年二回目。正統派のロックバンドというのはわかっていたし、
ボーカルの声量が十分で「まあ悪くはないな」という程度の印象は
今日も同じだった。前回見たときよりは迫力が増したとは思うが、
ワンマンで金を払ってまで見に行こうとは絶対に思わない。
シバーンが途中で「腹へってきました」というので、4曲目が終わっ
てから22:00前に会場を後にした。

髭以外は完全に消化不良でまたもやorzなライブ。腹も減って
いたので、難波の例のイングランドPUB「HUB」で、ビール一杯を
引っ掛けて軽く食事をして帰った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.15

2005年5月15日(日) 音泉祭りのチケットにオークションの入札失敗

 今日は6月4日(土)に大阪城野外音楽堂で行われる
「音泉祭り」のチケットがサウンドクリエーターから届いた。
早速の到着に驚いたが、整理番号は微妙でL列の30番
台なのでまあまあ良く見える場所といったところか。
 昼間に一つ入札を考えていたネイバーフッドのスニーカー
があった。

音泉祭りのチケット「音泉祭りのチケット」一応四枚確保したが、すでに参戦予定がいるので上手くさばくことが出来るだろう。なかなかのメンバーが集まって楽しみなライブの一つ。当日晴れることを願うばかり。


 かなりのレアモノで9000円スタートだったのだが、直前まで
入札されていない。しかし、10分前ぐらいになって入札があっ
たので「このままの値段で落札されるのもシャクだ」と思い。
意地悪く、値段の吊り上げの意味で、「自動延長なし」の
オークションに突っ込んだら、なんと落札してしまった。価格
的には、この価格でもまだ商品価値からすれまだ安いと思う
が、なんか失敗した気分だ。
 さらにSILASのシャツにも入札していたのだが、終了直前に
結構他の入札者が競りかけてきたので、ついつい久々に熱く
なってしまって、予定価格より1500円上乗せする形で落札し
てしまった。しかもサイズがMとちょっときつい可能性がある
ので、早くも放出要員になるかもしれない。
 結局昨日と今日の二日間で8点もの商品を落札してしまっ
た。確かに今の時期商品がどれも安いが、これはいくらなん
でもやりすぎだろうと深く反省。ちなみに俺が目をつけていた
ランチのオレンジ色の「唐辛子」がデザインされたTシャツは
1100円という格安の価格で無事にナカボウズが落札してく
れたこれは結構現物を見るのが楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.14

クラムボン clammbon tour'05「てん、」@神戸チキンジョージ

 昼からは6kmほどジョギングしてから、バイク屋Qと車で
神戸に移動。今日はクラムボンのツアー、clammbon tour
'05「てん、」が神戸チキンジョージで行われる。
 16:00頃に出発したが、神戸に着いたとたんに「神戸ま
つり」のためそこらじゅうで交通規制が行われていて大渋
滞。今回はせっかく整理番号3番、4番のチケットを持って
いたのに、結局整理番号順に並ぶことは出来なかった。
 会場に入るとチキンジョージのステージ前方から丸椅子
が多数用意されていて、すでに前方は埋まっていたので、
中頃後方寄りに陣取って観戦。客の年齢層はかなり高く、
男が多いのにも(半分くらいはいたか)驚かされた。

 ライブはほぼ定刻どおり18:00ごろに始まった。クラムボン
を見るのはこれが初めてだったが、原田郁子はこれで
4回目。あいかわらず微妙な風貌。
セットリストは全く把握できていないが、最新アルバムの
「てん、」の曲はほとんどやって、さらに「パンと蜜をめしあがれ」
「雲ゆき」「サラウンド」「残暑」「EPIC」「Imagination」「はなればなれ」
「まちわびわびさび」なんかはやってたと思う。(全然確かじゃない。
あとで誰かがメモったセットリストを参考にしてみる)
 序盤はアルバム「てん、」からアップテンポの曲を、中盤は
「てん、」から静かめな聴かせる曲を、後半は古いアルバムから
のアップテンポの曲といった感じのステージ構成で、かなり客の
ノリが良い。それも男の声がかなり響き渡っていたのは意外
だったが、ライブでの掛け声はこうでなくては。
 原田郁子の独特の鼻に引っかかったような声は、人によって
好き嫌いが別れると思うが、声量十分で歌も上手い。さらに
ベースとドラムもテクニック十分で、3人の息もぴったり。3人で
出しているとは思えないほどの迫力でまさに職人芸の世界。
ちょうど坂田学在籍時のPolarisのような感じのものを感じた。
 全てにレベルの高い最高のライブだった。やはり「東の天才、
原田郁子、西の天才、中納良恵」の評価は全く変わらないど
ころか、クラムボンこそがやはり原田郁子の活躍の場だと再
認識した。(ハナレグミのときは軽くバックボーカルと小物の
楽器を引くだけなのであまり存在感はない。マスコット的存在。)
 とにかくすばらしいものを見せてもらったと感動したライブだっ
た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.19

2005年1月19日(水) 2004年のアーティスト別のライブ参戦状況をまとめてみた。

 一日事務所で作業を行う。やたらとこまごまとした仕事が多く大変だった。
明日からはまた、年明けの連続セミナーが始まる。
 家に帰って、昨日の続きで、2004年にライブに行ったアーティストを表に
まとめてみた。HP作成やブログ作成はド素人なので、表を作るのに、

1.まずはエクセルで表を作成。
2.それをワードに貼り付ける。
3.さらにそれをHTMLで保存し、HTMLソースを表示。
4.それをコピー&ペーストでブログに貼り付け。

という原始的な方法でやってみた。やたら重くなってしまった。
さらに右端の「合計欄」が消えた。もうちょっと改良を加えていこう
と思う。これは暫定的な表ということで。

 ワンマンに行った回数が多い順番で集計してみたが、1位はくるり、
2位はスネオヘアー、3位はハナレグミとなった。以下は集計表。
 順番としてはワンマンの多い順→ワンマン+フェスの多い順で、
英語表記のアルファベット順→ひらがな・カタカナ表記のアイウエオ順
に並べてみた。それにしてもフェスが多いだけにたくさんのアーティストを
見たことになる。フェスでは1曲しか聴いていないものもカウントした。

国内アーティスト名ワンマン
ライブ
フェス系 備考
(フェス扱い
の内訳)
合計
くるり53 (うち1回
with矢野顕子)
8
スネオヘアー37  10
ハナレグミ23  5
EGO-WRAPPIN'2   2
斉藤和義11  2
メレンゲ11  2
サンタラ1   1
スガシカオ1   1
矢野顕子1   1
スピッツ 4  4
GOING UNDER GROUND 3  3
Jackson Vibe 3  3
サンボマスター 3  3
ASIAN KUNG-FU GENERATION 2  2
THE BACK HORN 2  2
LOST IN TIME 2  2
LUNKHEAD 2  2
Polaris 2  2
忌野清志郎& NICE MIDDLE
WITH NEW BLUE DAY HORNS
 2  2
つじあやの 2  2
THEイナズマ戦隊 2  2
レミオロメン 2  2
ACIDMAN 1  1
the ARROWS 1 (with メレンゲ)1
ART-SCHOOL 1  1
BACK DROP BOMB 1  1
BAGDAD CAFE
The trench town
 1  1
BEAN BAG 1  1
bloodthirsty butchers 1  1
bonobos 1  1
COMEBACK MY
DAUGHTERS
 1  1
cune 1  1
doris 1  1
FLUID 1  1
HALCALI 1  1
THE HIGH-LOWS 1  1
kNoBoNk 1  1
KREVA 1  1
THE MAD CAPSULE
MARKETS
 1  1
maegashira 1  1
nobodyknows+ 1  1
OLD 1  1
ORANGE RANGE 1  1
The Pillows 1  1
POSCOISM 1  1
RALLYPAPA AND
CARNEGIEMAMA
 1  1
Scoobie Do 1  1
secondline 1  1
SHUUBI 1  1
SINGER SONGER
(with cocco)
 1 (with くるり)1
SNAIL RAMP 1  1
SOULHEAD 1  1
throwcurve 1  1
YO-KING 1  1
YUKI 1  1
ZAZEN BOYS 1  1
明星 1  1
アナログフィッシュ 1  1
韻シスト 1  1
ウルフルズ 1  1
音速ライン 1  1
勝手にしやがれ 1  1
カーネーション 1  1
キャプテンストライダム 1  1
グループ魂 1  1
高鈴 1  1
サザンハリケーン 1  1
佐野元春 1  1
残像カフェ 1  1
ジャパハリネット 1  1
スクイズメン 1  1
スケルトンズ 1  1
ストレイテナー 1  1
ザ・スピンドルズ 1  1
スムルース 1  1
センチライン 1  1
曽我部恵一 1  1
知久寿焼 1 (with メレンゲ)1
つばき 1  1
椿屋四重奏 1  1
東京エスムジカ 1  1
東京スカパラダイス
オーケストラ
 1  1
東京60WATTS 1  1
トルネード竜巻 1  1
100s 1  1
風味堂 1  1
フジファブリック 1  1
メトロオンゲン 1  1
森山直太朗 1  1
野狐禅 1  1
矢沢永吉 1  1
山崎まさよし 1  1
惑星 1  1


来日アーティストのライブ参戦は以下の通り。

来日アーティスト名ワンマン
ライブ
フェス系 備考(フェス扱いの内訳) 合計
TAHITI801   1
TONNY GODDES 1 (with TAHITI80)1
BLUES EXPLOSION1   1
THE KILL 1 (with BLUES EXPLOSION)1

今年はこれを越えるんだろうか?できるだけ多くの、いいライブにめぐり合いたい
ものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.18

2004年1月18日(火) 2004年に行ったライブの状況をまとめてみた

 もうすでに2005年になって半月以上が過ぎたが、ようやく、2004年の
ライブレポートで抜けていたものを、さかのぼって書き終えた。8月の
HIGHER GROUND2004や3月以前のものが中心である。
 どのくらいライブに参加したかを数えてみたが、自分で思ったほどは
参加していないことがわかった。

 簡単にその数字を書いてみると

 ・ワンマンライブ     19回(うち外タレ2回)
 ・フェス系         13回(延べ19日)

と40日には及ばなかった。
 傾向としては年の前半はワンマン中心で、夏はフェス系中心、
後半はワンマンとフェス系が同数ぐらいの感じ。
特に1月は一本もライブに行ってなかった。フェス系のほうが少な
かったのは意外。
 今度はアーティスト別にまとめてみるつもり。今、途中まで集計
しているが、フェス系に行くと一気にアーティストの数が増えて、
自分でも「こんなにみてたんか」と感心してしまうが、すべてが
印象に残るアーティストだというわけではない。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.02.08

2004年2月8日(日) スガシカオ なんばhatchのライブに行った。

 今日はバイク屋Qと参戦。チケットは普通にeプラスのプレオーダーか
なんかでget。あんまりいい番号ではなかったので適当に入場し、適当
に場所を確保。後ろのほうでマッタリと聞いていた。
 客の年齢層は高め。まさよしなんかのファンに比べるとおしゃれな人が
多い。
2003年のオーガスタキャンプで見て以来の久々のシカオのライブだが、
あまり入れ込むことも無く、普通の気分でライブの開始を迎えた。

以下はライブのセットリストとMC。

スガシカオ Shikao & The Family Sugar Tour '04-SINGLE COLLECTION
2004年2月8日 なんばhatch

1.夜明けまえ
2.サヨナラ
3.AFFAIR

(MC)
早いもんでもうすぐ7周年です。大阪で火がつかなければマジでヤバかった。
ニューアルバム買ってくれましたか?
今日は連れて来られたという人も、絶対俺の魅力にはまるよ。
今日はシングルコレクションライブだからシングル全部やります。
次の曲は「暗い」、じゃなくて、結構売れたんですよ、この曲は。
(田端義男風にギターを弾き始めるが途中でやめる)

4.アシンメトリー

(最初に少し歌って、コーラスを紹介)
(MC)
後で衣装脱いでいって胸を出すっていう演出もあるみたいだけど
ないない。え?俺が乳出してどうすんの。

5.黄金の月
6.僕たちの日々
7.青空
8.八月のセレナーデ

(MC)
今日はオールスタンディングだけど、大丈夫ですか?
体が動かない人は後ろ行ってください。踊りたい人だけ前に来てください。
初の試みで初期のPV流してみます。
初期の頃の俺って、テレビに映っちゃいけない感じの人なんです。
映ってもいいって感じになったのは「Spirit」ぐらいからか。
普通ならプロモ見て笑われたりしたらギター投げて帰るんだけど、今日は許します。
みんなも当時を思い出してみてください。

9.愛について
10.ヒットチャートをかけぬけろ
11.ドキドキしちゃう
12.SPILIT
13.ストーリー

(PVが流れる)

14.Go! Go!
15.優等生
16.あだゆめ
17.はじめての気持ち
18.Thank You(メンバー紹介を含む)

(MC)
アンコールでやる曲はその時々で決めていたり決めてなかったりなんだけど
(「正義の味方」と客からリクエストがあり、それをメンバーでしばし協議)
ではリクエストにお答えして、「正義の味方」いきます。

(アンコール)
1.正義の味方

(MC)
今日はみんながすごく良かったからおまけです。たっぷり楽しんでください。

2.SWEET BABY

シカオは最後に「また逢おうぜ」といって会場を後にしていった。
シングル曲を中心にやってくれたので非常に聴きやすいライブだった。
オールスタンディングだったのもよい。ホールとはまた違ったよさがあるが、
最近の曲はだんだんどれも同じに聞こえてくるようになったのは俺だけか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)