2010.09.15

2010年9月15日 ipod逝く

 今日はずいぶん涼しい。朝からどんよりとした曇り空。いつものように仕事帰りの電車の中でipodを聴こうとすると、ホイールは反応するが上下左右のボタンが効かない。どうやら故障のようだ。

 イヤホン部分を抜き差ししてみたりするがなんの反応もない。やはりここまでか。3年ちょっとの間、毎日よく働いてくれた。ちなみに今回逝ったのは第二世代ipod nano。これで第二世代ipod、第一世代ipod nanoと3台目の昇天。考えてみたらこれまでの2台はどちらもバッテリーの充電が効かなくなって、アダプターを付けなければ使えないという症状だったが、今回は接触不良が原因っぽいのでこれで御釈迦にするのは少々気が引ける。
 ただ、今月初めに新しいipod touchも発売されたことだし、ちょうど良いタイミングということか。64Gモデルでいこう。PCに保存されている音源をApple Loslessからmp3-320kにエンコードしなおすのが非常に面倒だが来週の出張には何とか間に合わせなければ。

|

2005.11.04

2005年11月4日(金) iPodが

かなり弱ってきている。バッテリーが。さすがに2代目iPodで
かれこれ4年近くも使用しているので限界が近いのだろう。昔は
東京出張の時には、朝家を出た瞬間から東京まで行って仕事
をし、帰りにも東京駅あたりから再び聞き始めて、ちょうど家に
帰ってくるぐらいの時間は大丈夫だった。ちょうど往復で9時間
ぐらいだと思うが。

 しかし、今日は最近の衰弱振りがはっきりと露呈される形となった。
家から品川までの片道4時間弱分ぐらいは大丈夫だ。しかし、コンサル
を終えて、帰りの新幹線に乗った瞬間から聞き始めて、京都で近鉄に
乗り換えて、20分ほど立った頃にバッテリーがなくなった。途中に
品川駅で10分ほど再充電したにもかかわらずだ。合計7時間ちょっと
しかもたなかったのではなかろうか。
 先日レビルにiPod nanoを見せてもらったが、名刺サイズで軽くて
めちゃめちゃよい。iPod shuffleよりは数段機能的な感じだ。容量も
全然違うし、価格もそれほど高くはない。かなり惹かれているのだが、
そもそも携帯HD音楽プレーヤーの選択基準は何か?一にバッテリー
のもち、二に容量、三にサイズだろう。nanoはバッテリーのモチが
それほどではないとのことなので、いっそのことSONY系のものも
視野に入れて年末メドに物色してみることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.03

アーティストグッズ

の写真がこのブログのちょうど左端のサイドバーのところに
色々と掲載されているが、この中で売り物になりそうなものを
物色した。そもそもライブ会場で販売されているTシャツやら
の類は、基本的には女性中心の販売になるのでサイズが
小さい。まともに入るのはanvilボディーのTシャツぐらいだろ
うか。オーガスタ系のTシャツなど、女子供しか想定して
いないので入るわけがない。だから、所属アーティストの
ファンもイタイ女ファンばかりになってしまうのでは?

 色々と物色していると出てくるわ出てくるわ。ライブに行った
記念にと思ってTシャツなんぞを買い続けてきたのだが、全く
着用したことがないものがほとんど。当然だ。サイズが小さすぎる
のだから。写真撮影などのめんどくさい作業はすでに終えている
のでひたすらサイズを測りまくる。なんとか全てのTシャツをチェック
できたが、洋楽系とくるりのもの、それとフェス系のものだけは
出品せずにとっておくことにした。若干高めの値段設定でだした
のはいいが、定価を合計すると恐ろしいほどこれまでTシャツに
金をかけていることがわかった。スネオのTシャツが多いが、
今は全く旬ではないので、このままの価格で売り切るのは
難しいやろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.28

2005年10月28日(金) 負け負け勝ち

 事務所での作業を集中して終了後、NICOへでも飲みに行こうか
と思ったが、「昨日の負けを取り返さなければ」とのよくない考えが
頭をよぎり、NICOのちょうど裏のパチ屋へ。もちろん吉宗を打つ。
今日は出だしはよかったが、連チャンがないので苦しい展開。
一時20K近くやられていたが、結局閉店まで打って、最終的には
なんとか2K弱の負けで終了。何とか耐えたか。負けたのでNICOに
は寄らずに帰宅。

 帰宅して、まずは置き忘れていた携帯を確認すると、メチャメチャ大量
の仕事上の電話がかかってきていてた。しかし、これらはすでに事務所
で連絡済だったので、新たにかけ直す必要もない。
 メールをチェックすると、COUNT DOWN JAPANから「落選通知」の案内
が届いていた。今年はどうやらかなりの申し込みがあるらしい。取り立てて
魅力的なアーティストが出ているとも思えない、毎年恒例のアーティスト
ばかりなんだが。夏のROCK IN JAPANのミーハー路線が影響して、
大量の厨が流入してきているのだろうか。定価以上で買うつもりなど全く
ないので今年は別に行かなくてもいいか。お目当てのアーティストは
このフェスにわざわざ行かなくても年末年始にちゃんとワンマンで行く予定
が組めていることだし。
 その代わりに当たり前というか当然のことだが、年末の風味堂のBIGCAT
のプレリザーブの当選通知が届いていた。これだけが本日唯一のやや勝ち
といえる成果か。まあライブの上手さは絶品なので確実に楽しむことが出来
るのは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.26

2005年10月26日(水) 代理でチケット申し込み

 昨日の晩になにげなくGREENSのHPを見ていたら会員誌の号外を
先週末に会員向けに送付済みだとあった。しかし、俺の家にはそんな
ハガキは届いていなかったので今朝、福知山への移動の途中で
GREENSに電話して「届いていないんで内容を教えてくれ」と電話を
してみた。すると、号外のハガキではバンプと、スカパラ、EGOの
先行の案内が載ってあるとのことだった。夕方まで事務所にか戻れない
のでとりあえず、事務所にその内容をFAXで送ってもらった。

GREENS会員誌の号外GREENS会員誌の号外。ひょっとしたらこれまでこのような号外が何度か発送されていて、届いていなかったことがあったのかもしれない。今回はたまたまホームページで確認できたからよかったものの。恒例のEGOの年末公演は確実に申し込みをしなければならない。


 道中、とりあえず不思議娘M6にメールで何か申し込みたいチケットはないか
と確認したら、「バンプ2枚お願いします!」とソッコーで返事が返ってきた。
俺としてはバンプのチケットなんぞ申し込むのはちょっと不本意ではあったが
せっかくなので申し込むことにした。
 申し込み期限が今日までだったが、「ハガキが届いていない」とGREENS
の担当者に告げると「明日でも結構です」との回答をもらっていたが、明日に
引き伸ばすのも面倒なので、福知山から事務所に戻って、しばらく仕事をした後
20:30頃に事務所を後にしてからとりあえず振込を完了。なんとか無事に任務を
全うした。スカパラももう一度行ってみたいし、しかもチキンジョージでのライブ
なので、かなり楽しめるとは思うが、26日はEGOのライブだし、27日は城ホールでの
くるりのライブがあるので、日程が重なって不可能。年末年始のライブの予定
もだいぶ固まってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.16

チケット争奪戦

に敗れた。今日の狙いは11月27日になんばhatchである
FISHMANSのライブ。久々にPCでのチケット争奪戦参戦
だった。いつものように9:55頃より、チケットぴあとeplusの
HPをブラウザを複数立ち上げて待機する。とここで9:58頃に
玄関の呼び鈴が鳴った。余計な邪魔が入った。

flaphのパンツ本日到着した、オ-クション落札物のflaphのパンツ。最悪のタイミングで持ってこられた。これも立派なチケット争奪戦の敗因の一つだ。ブツは悪くない。普通のデニムで後染めで茶色っぽくしてある。ただ、純粋な茶色ではないのが予想とは違ったところ。7500円。


 郵便局員がオークションの落札物を持ってきていたのだった。
PCの前に座ったのが10:01頃。約1分の出遅れだ。普通なら
58分頃から全てのブラウザのリロードを繰り返しどれか一つで
もチケット購入ページに進入できたらそれでチケットゲット確定
なのだが、今日はやや遅れてチケット購入ページまで進入。
以外にスンナリは入れたが、すでに狙いの二階席は売り切れ
ていた。ただ、それほどFISHMANSの人気などないだろうと
思っていたのが甘かった。ここで余裕をかましてナカボウズに
電話をしていた。10:05頃になって「まあ1階スタンディングでも
いいか」ということで1Fをとろうとしたら。。。すべてあっという間に
SOLD OUTしていた。なんでだ?山崎まさよしがボーカルで
でるというのはかなりの影響をあたえているのだろうか。なんせ
まさよしのファンはFISHMANSなど知らなくてもお構いなし。まるで
明かりに寄ってくる蛾のようになんでもいいからチケットGETに
動いてるんだろうと勝手に想像しながら、オークションで出てくる
のを待つしかない自分がめちゃめちゃむなしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.05

2005年10月5日(水) WAN

CORPORATION、すなわちSUPER BUTTER DOG&ハナレグミの
ファンクラブからメール便が届いていた。今頃何が届いたのかと
思い、中をあけてみたら、先月にも届いていた、入会時特典で
もらえる「バター犬Tシャツ」がもう一枚届いていた。先月に届いた
やつと全く同じ柄だ。ファンクラブ会員もそれほど多いとは思え
ないが、事務局は一体どういう管理をしているのか?

こんなTシャツ二枚持っていてもなんの役にも立たないので、とり
あえずは試しにオークションにでも出してみるか。おそらくは全く
落札されないままグルグルと回り続けることだろう。
 そういえば昨日のナカボウズの日記にくるりの年明け公演の
発表があったとの鋭いチェックが入っていた。確かに最後の3日間
の怒涛の磔磔の公演はかなり興味がそそられる。仕事の予定など
関係なしにとりあえず3日間とも申し込んで、どれか一つでも当たれば
御の字。ちょうど日曜日にある武道館でのライブも気になる。ただ、
逆に言えば「昨年の武道館を越えること間違いなし!」と大々的に
PRしていた年末の大阪城ホールでのライブはショボイものになるの
は間違いないだろう。ホールでのくるりは出来不出来が激しすぎる。
年末のCOUNT DOWN JAPANの方が気合入ってそう。(A)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.03

2005年10月3日(月) 秋以降のライブ

どないしようか?と思いじっくり考えようと思っていたら、
帰宅したら、届いたばかりのサウンドクリエーターの会員誌
crispが捨てられてしまっていた。悲しい。悲しすぎる。久々に
まともなライブ情報が載っていたはずなのに。とりあえずGREENS
の会員誌「nAtchnEt55号」は手元にある。

ナツァネット55号GREENSの会員誌ナツァネット55号。久々にまともなライブが掲載されているような。しかし、crispが捨てられてしまっていたのを知ったときは、オトナげないが、久々にブチ切れてしまった。Qにでも聞いて会員先行でなんとかチケットを押さえるとしよう。


まずはGREENSでは12/20(火)にバナナホールであるcaravan
か。これは先行で申し込むことにする。他に興味をそそられたのは
1/8(土)に十三ファンタンゴである髭。これはまだ他のアーティスト
のライブ日程が決まってからということで保留。
 サウンドクリエーターのほうはしょうがないからwebで調べてみると
まずは12/11(日)なんばhatchのスネオヘアー。これは会員先行で
押さえる。さらに11/27(日)なんばhatchのFISHMANS。これも買い
だろう。もうひとつ10/24(月)京都磔磔であるメレンゲ/POMERANIANS
の「MIYABI WHEEL 2005」もそそられる。さらに11/16(水)京都磔磔の
ゲントウキ/RALLYPAPA & CARNEGIEMAMAも行きたいところ。
他のライブや仕事で出張などが重ならないようであればとりあえず
上記全てに参戦する予定ではいる。後はCOUNTDOWN JAPANの
チケットは早めに押さえておかなければならないようだ。完売確実との
情報がナカボウズより入電している。行けなくても確実に売れるだろう
し。(A)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.09.27

チケットが

早くも届いた。5日ほど前にいきなりM4から「28日の和義のライブ
行けなくなったから誰かいける人探して」といわれたが、「ちょっと
厳しいぞ」と返事をすると、結局昨日「他に行ってくれる人が見つから
なかったから、よかったらA氏が代わりに行ってきてよ。」ということ
になったのでチケットを早く送るように返事した。昨日の夜に発送した
はずだが、今日の朝にはもう届いていた。

斉藤和義のライブチケット本日早くも到着した斉藤和義のライブチケット。FC先行なのに400番台とはなかなか遅い番号だが、チケット自体はソールドアウトしていないようなので、まさよしのようにイタいオタファンばかりで埋め尽くされている嫌な予感がする。結局FCの会員しかいないのではないか?


28日は仕事がいつ終わるかわからないので、俺自身も参戦できる
かどうかが怪しかったので、最初は断ったが、チケットを送ってもらった
以上、行くしかない。二枚チケットがあるので、誰か他にもう一人
連れて行かなければもったいないので色々とあたったが、なかなか
みつからない。しかし、一人だけ暇なやつがいた。ベーだ。ヤツには
ここ最近深夜に終電がなくなったときに迎えに来てもらってばかりなの
で、労をねぎらう意味でもちょうど良い。幸い司法試験の谷間の時期
のようなので出動可能なようだ。
 M4は「チケット代はいらないから」というがライブに行く以上は払わない
ワケには行かない。払うとなると楽しまなければ損だ。予定外のライブ
だが出来るだけ楽しもうと思う。
 ライブのチケットといえば、ジャミロクワイのチケット代金を払い込む
期限が昨日だったことをすっかり忘れていた。大阪の追加公演で、
マザーホールである分をウドー音楽事務所のWEB先行発売で予約
していたのだが。。。土日に負ける前に払い込んでいたらと悔やまれ
るがそんなこといまさら言ってもしょうがない。それにしてもジャミロ
のライブは、追加公演のほうが日曜日にあるし、オールスタンディング
なので盛り上がることは確実だろう。間違いなくSOLD OUTになる
だろうし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.26

2005年9月26日(月) MINAMI WHEELの

タイムテーブルをみて思わず頭を抱えた。朝はジョギングしてから
出社。少し肌寒い中走るのは気持ちがいいが筋肉痛で足取りは
重い。今日は一日中事務所で仕事だった。セミナーの準備等で
かなり忙しかったが、仕事の合間を見てFM802のMINAMI WHEELの
タイムテーブル
をチェック。
ざっと3日間のラインナップを見てみたところ、お目当てのアーティスト
の時間帯のカブリが多いこと多いこと。

初日の21日(金)は21:30からANATAKIKOUと高鈴と広沢タダシが
かぶっている。広沢タダシにいたってはknaveであるので移動もまま
ならない。二日目はこれまたラストの21:00からサンタラとthrowcurve、
キンモクセイがかぶっている。三日目も18:00からPOMERANIANSと
メレンゲが。。。これらがばらけてくれていたならば3日間とも大体回る
のがスンナリと決まったのだが。かなり残念。去年見て別になんとも
思わなかったバンドは行かないし、知らないバンドを見て回るのが本来
の目的なのだが、見たいのが見れないのはかなり残念。二日目の
SUNHALLの髭は絶対に見に行くとして、あとはおとなし目のバンドを
中心に回るつもり。
 一日目の深夜に行われる「UNDERGROUND RELOADED」の2:15~
のtobaccojuiceは、いったんNICOで飲んでから出陣の予定。その後
3:00~のsecretはおそらく東京エスムジカのはずだからそれもつい
でに。忙しくて充実した3日間になることを願うのみ。(NA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.13

2005年9月13日(火) まだまだ

やらなければならないことが結構残っていた。事務所では長期出張
に備えての資料類の整備。これを持って行くだけでもかなりの荷物
になるが仕方がない。これらは執筆作業の後にさらに事務所で準備
をして何とか荷造り終了。明日の打合せで配ってしまえば楽にはなる。
 さらに家に帰ってからも、オークションで落札されたブツの出荷準備
などをしなければならない。

パタゴニアのパッカーウェアシャツ本日到着していたパタゴニアのパッカーウェアシャツ。久々にオークションで出品されていたのをすかさず落札。パタゴニアからは様々な種類のシャツがリリースされてるが、パッカーウェアシャツは肌触りが良くて一番好きな種類。3700円。


 今日の昼間に奇跡的に100sのライブのチケットが2枚で5000円という
超安値で落札されていたが、入金確認をしてから発送するにしても、
明日からは出張なので、バイク屋Qに発送を代行してもらうことにした。
俺が入金確認をしてからすぐにQに連絡して、エクスパックで発送して
もらうという段取り。さらにもう一品既に入金が確認できていたものが
あるので、その梱包作業。バイク屋Qにチケットを渡して、家まで送って
もらい、そこでだらだらとダベりながら作業をしていたらすっかり2:00に
なっていた。明日からの出張の荷造りが全然できていなかったので
その作業も終えてころには3:00を回っていた。無事に起床できるかが
心配。(A)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.10

チケット

が昨日のうちに到着していた。くるりのツアーチケットが
3公演分。磔磔が取れなかったのは残念だが、去年に
続いての奈良ネバーランドでのライブは本当に楽しみ。
整理番号が思ったより遅いので驚いた。小さいハコほど
人気があるのかもしれない。それに対して不良債権化
しているのが100sのチケット。

くるりライブチケットくるりライブチケット5枚。ようやくライブが始まる感じ。10月2日の奈良ネバーランドの分は前夜祭としての飲み会も含めて楽しみで仕方がない。飛び込みでファンクラブに入ったので整理番号が遅いのは仕方がない。


 当たり前だが、zeppなどの大きいハコでやっても客が
全然集まらない。イベンターは一体何を考えているのか?
俺もこの日(9/17)にもし仕事がなければ行くつもりだったが、
あいにく宮崎出張中。100s程度の音楽性と実力で、そもそも
そんなに大きなハコがいっぱいになると考えること自体が
甘すぎる。もはや一部のマニアというかシンパにしか支持
されていないという寂しい状況になってしまっている。そのうち
オザケンのようにひっそりと消えていくか。
 このチケット、俺もレビルもQもオークションで出品しているという
異常事態。俺の整理番号が圧倒的に遅いので、俺のが最後
まで売れ残るだろう。回収不可能な可能性が高い。というより
他の二人の分も売れるかどうかが疑わしい。
 そういえば12/10にzeppであるスピッツのライブの分の
プラムチャウダーweb先行抽選予約に申し込んでいた。8日
夕方から当選者にはメールで連絡するとあったが、俺のところに
は届いていないようなので、どうやら落選したようだ。100sとは
えらい違いの人気だ。比べてもしょうがないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.08

2005年9月8日(木) リポーター?当選

 一日中事務所で作業。今日も9月以降の日程調整と来週の
日程調整で四苦八苦。15日に宮崎に行かなければならない
が、東京から直接移動するか、大阪までいったん戻ってきてから
移動するかが決まらないので予定が組めない。
 昼からはクライアントさんがうちの事務所にやってきてコンサル
を行う。クライアントさんのところの担当者は真金髪のやんちゃ者
だが、しっかりしているし、頭も切れるのでスムーズに作業が
進んだ。

 16:00頃には終了したが、このころから、またもや猛烈に
眠くなってきた。もはやこのサイクルが体内時計にメモリ
されているかのような規則正さだ。やはり夜の睡眠が浅い
せいなのだろうか。先日医者に進められた「睡眠誘導剤」
に手をだしてみるか?いや、それはできれば避けたい。
 帰宅するとメールが届いていた。9月9日(金)~11日(日)
にかけて、3日間行われる「LIFESIZE ROCK2005」の「会員
レポーター」の当選通知だ。9日と11日の分は当選したが、
10日の分は外れたらしい。今回のはSOGO大阪のWEB会員
向けの無料参加者募集だったが、要はチケットの売れ行き
が悪いからタダでサクラを呼ぼうというものだ。特に
「LIFESIZE ROCK」は毎年、無料モニターの募集をしている。
今回はなぜか「会員リポーター募集」という名称だった。
9日のライブアクトがかなり魅力的なのでオープニングから
参戦したいところなのだが、奈良で審査の立会いがあるので
開始時間に間に合うかどうかはかなり微妙。遅れて参戦
ということになるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.12

静かな心斎橋、オークション落札物大量到着

 朝から普通に出勤。夜中なかなか寝付けなかったのであまり
睡眠できていなかったが、今日が終わるとひとまず盆休みに
突入する。今日一日頑張ればホッと一息つけると考えると、自然と
目が冴えてくる。行きの電車の中も人影はまばら、心斎橋筋も
歩いている人が少ない。もう盆休みに突入している企業が多い
んだろうか。

本日届いたオークション落札物の数々本日届いたオークション落札物の数々。左上ジャーナルスタンダードのジャケット、4100円。右上HRMのボーダーTシャツ、1900円。中段左サイラスのパンツ、1100円。中段右ネイバーフッドのサベージデニムナロー、25000円。下段左patrickのスエードシューズ、5400円。下段中TASのFORMS、5980円。下段右MOTIVEのスニーカー、6501円。サイラスのパンツだけは裾が長くクラッシュしているが裾を詰めれば問題ない。


 事務所では昨日までの間にずいぶんと仕事をこなしていたので
やらなければならないことがあまりなかったが、盆開けの激務に
備えて早々と資料作りにいそしんだ。
 帰りにコンタクト屋にコンタクトを買いに行く。半年振りぐらいか。
2週間のメダリストの使用期限をとっくに過ぎていたのでまた怒ら
れた。明日飲み会を予定していたが人数が集まらないので急遽
今日の晩に飲みに行こうと召集をかけた。
 家に到着すると大量にオークションの落札物が届いていた。一度
にこれだけ届くのもなかなかないので驚いたが、ハズレがなかった
のは奇跡的か。特にシューズ類はサイズが大きすぎると思ったが、
紐を締めるとちょっと大きめだがちゃんと入った。
 昨日の出来事を反芻してみようかと思ったが、もうかなりどうでもよく
なってきていて、自分でも不思議なほど後に引いていない。引き際の
アクションとしては最高のタイミングだったのかもしれない。気が
向いたら振り返っていこうと思う。教訓をいつでも導き出せるように
するために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.10

「サヨナラCOLOR~映画のための音楽会~」@zepp Osaka

 事務所を出て急いで本町まで歩いてそこから地下鉄中央線で
コスモスクエア駅へ。ちょうど18:00頃に到着した。すでに同行予定
のN2は到着して、周辺の海岸を散歩していたようだ。就職も決まって
ダラダラとのんきに夏休みを過ごしているN2は「いろんなライブに
連れて行ってくれ」というので徹底的に、お嬢の知らない世界を
少しづつ教えてやる教育の一環だ。
 zeppの周りにはすでに人がたくさん集まっていたが、18:00を過ぎ
ても入場はまだ始まっていなかったので間に合った。ひさびさのzepp
だがやはり遠い。

 整理番号は延べ番号で800番ぐらいだったが、中は比較的
すいている。チケットもたぶん完売はしていなかったのだろう。
ちょうどフロアの真ん中あたりに陣取って開演を待つ。男女比
では4:6ぐらいだが、年齢層は比較的高めか。
 このライブの趣旨をあまりよく理解していなかったので、のっ
けからハナレグミ、クラムボン、ナタリーワイズの3組が一緒に
ステージにあがってきたのには驚いた。

(開始時間:19:00)
セットリストは正直わからない。とりあえずハナレグミの「音タイム」
で始まり、
「ナタリー」「サヨナラcolor」(弾き語り)はやった。
クラムボンも昔の曲をやった。(曲名は忘れた)
ナタリーワイズも2曲ほどやった。高野寛は年をとってもいいにいちゃん
のままだった。
最初にゲストで原田知世登場。サントラ収録曲のハモリをやる。
また、途中で竹中直人も登場し、バター犬の「O.K.」を熱唱。
竹中直人と永積タカシの「純喫茶コヨーテ」の寸劇もなかなか
面白かった。曲の中心は映画のサントラだったので、サントラを
まったく予習していなかった俺には知らない曲ばかりだった、が
全体にはマーッタリとしたまさに「音楽会」って感じでめちゃよかった。
最後は全員で「サヨナラcolor」を合唱して終了。のんびりとしたライブ
だった。
(終了時間:21:30)

腹が減ったのでそのまま心斎橋に出てN●COに飯を食いに行った。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.05

2005年8月5日(金) 疲れた

 外は相変わらずクソ暑いが、仕事は適当かつ順調に終了。
家に帰って書籍執筆の続きをしようと思い早めに事務所を
出た。しかし何かの衝動に駆られて難波駅で足が止まる。
一昨日あたりから何となく気になっていたあれだ。

 ひょっとしたら帰りに会うかもと思い電車数本分ほどやり過ごして
待ってみたが、当然のことながら偶然会うなんてことはありえない。
金曜の週末なので、遊んで帰る可能性のほうがはるかに高いし、
この人ごみというか、バラつきぶりは朝以上なので、そもそも帰りに
再戦の火蓋を切るのは間違いということにすぐに気がついた。なぜか
スピッツの「HOLIDAY」というストーカーまがいの歌が頭に流れて
きたので、アホくさくなって家に帰った。
 家に帰ったら、これまたアホくさいことに100sの9月のなんばhatchで
のライブのチケットが届いていた。悪いが今となっては100sにはほとんど
興味がないとうか、始まりにしてすでに終わっている100sをみるほどの
余裕はないので売り飛ばしたいところだが、今の100sの勢いと出来では
それも難しいだろう。整理番号も激ワルだし。また不良債権が発生した。
結局家に帰っても執筆の続きをする気も起こらずCaravanのDVDを見て
ダラダラしてから寝た。

仕事, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | | コメント (0) | トラックバック (0)

チケット発券

 くそ暑い。久しぶりに朝の電車でヨシテルと会う。
社員旅行でゴルフ三昧のため真っ黒に日焼けしている。
それにしても儲かっている会社は威勢がいい。
いつもと違い、上本町で降りて、中央官庁の出先機関へ
打ち合わせに直行。持参した資料の出来栄えがなかなか
よかったためか、すぐに終了。その後事務所に戻って
作業をした。昼になるとさらに気温がぐんぐん上がり、
今日の大阪の最高気温は36度だそうだ。スーツを着た
サラリーマンには辛い気候。

 作業の合間に、RISINGSUN ROCK FES20日分の
チケットと、8月17日にLIQUIDROOM恵比寿で行われる
「RISINGSUN ROCK FES kick off party in Tokyo」の
チケットを発券。恵比寿の分は意外と整理番号が早くて
驚いた。
 その後はさらに企画書の修正作業と同時に不調のPC
のメンテナンス作業を行い、みっちりと仕事をこなす。PC
はここ数日の不調がうそのようにすんなりと復活。
冷房の効いた快適な室内での作業は楽でよいが、現場
志向の俺としては、がんがん外に出て行って、大汗かき
ながら仕事をするほうが性に合う。まあ、それなりにしっ
かりと仕事ができた一日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.01

残念な知らせ

 クライアントさんのところを出て奈良市内へ車で戻る。いったん
バイク屋Qのところに車を置いてから心斎橋の事務所まで電車で
戻るつもりだったが、Qの店に着いたときには強烈な眠気が襲っ
てきていた。19:00を回っていたので、Qが戻ってくるまではとり
あえず車の中で寝ることにした。小一時間ほど寝て目が覚めたら
すでにQは店に戻っていたが、俺が車の中で寝ていることに全く
気がついていなかった。

くるりのハズレ案内本日届いたくるりの秋のツアーの磔磔公演分のハズレ案内。ツアー初日の磔磔を外したのはかなりイタイ。逆に言うと、奈良ネバーランド、神戸チキンジョージ、zepp Tokyoはあたりということになる。磔磔は夢番地のweb先行抽選に賭ける。

crispとナツァネットの8月号相変わらずショボショボのcrispとナツァネットの8月号。ここ数ヶ月ロクな公演が掲載されていない。いつになったらまともなライブの案内を載せてくれるのか?いい加減腹が立ってきた。

 Qを呼び出すと。なんとここ3ヶ月ほど姿をくらましていたブル木
が出てきた。ようわからんがバイクを直してもらいに来ていたらしい。
3ヶ月たって少しは成長したかと思ったが相変わらずだ。
 とりあえずQからフットサル用の練習着を借りて、ついでに体脂肪計
で体脂肪を測ってみた。ブル木は俺の体の絞れ具合に驚いていたが、
それでも体脂肪率は22%と高い。それに内臓脂肪が12と出ている。
これは本格的に酒を控えないとこれ以上は絞れてこないだろう。
 家に帰ると、月初めということでcrispとナツァネットが届いていたが、
同時にくるりの秋のツアーの磔磔のライブチケットに外れていた旨を
知らせる、返金用の現金入りの書留が届いていた。かなり悲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.27

参戦予定ライブの整理

 昨日早くも22:30頃には寝てしまったので、今頃に
なって目が覚める。これから二度寝する予定ではあるが。
 昨日「ロックロック」の当選通知が来ていたので夏の
ライブ参戦予定も大体固まった。さらに秋以降も現在
判明している分を整理しておかないと、またワケが
わからん混乱に陥りそうだ。

(8月)
 ・8月10日(水) さよならcolorのための音楽会(チケット入手済み)
           (zepp Osaka、ハナレグミ×クラムボン×ナタリーワイズ)
 ・8月17日(水) RISINGSUN ROCK FESTIVAL kick off party(チケット未入手)
           (liquidroom恵比寿、EGO-WRAPPIN'ほか)
 ・8月20日(土) RISINGSUN ROCK FESTIVAL2日目(チケット未入手)
           (石狩湾埠頭特設ステージ、出演多数)
 ・8月28日(日) ロックロックこんにちは!Ver.Episode-Q(チケット入手済み)
           (なんばhatch、スピッツ×曽我部恵一ほか)
 ・8月30日(水) THE SURF ROCK TRIP(チケット未入手)
           (cafe fish!、caravan×KEISONほか)
(9月)
 ・9月4日(日)  クラムボン(チケット未入手)
           (大阪城野外音楽堂)
 ・9月9日(金)  LIFESIZE ROCK05 一日目(チケット未入手)
           (なんばhatch、風味堂、bonobos、馬の骨ほか)
           ↑当日夕方まで仕事のため参戦不可能なことが判明
 ・9月9日(金)  oops!here I go again(チケット未入手)
           (NOON、曽我部恵一DJ&ライブ、オールナイト)
 ・9月10日(土) 山崎まさよし(チケット未入手)
           (泉大津フェニックス)
 ・9月17日(土) 100s(チケット入手済み)
           (なんばhatch)
 ・9月25日(日) BEN FOLDS(チケット入手済み)
           (IMPホール)
           ↑これは今となってはあまり興味がないので売りか?
 ・9月29日(木) くるり(チケット申し込み中)
           (京都磔磔)
(10月)
 ・10月1日(土) doris(チケット未入手)
           (心斎橋クラブクアトロ)
 ・10月2日(日) くるり(チケット申し込み中)
           (奈良ネバーランド)
 ・10月21日(金)~23日(日) MINAMI WHEEL 2005(チケット未入手) 

(11月)
 ・11月3日(木祝) くるり(チケット申し込み中)
            (zepp Tokyo)
 ・11月28日(月) くるり(チケット申し込み中)
            (神戸チキンジョージ)
(12月)
 ・12月27日(火) くるり(チケット未入手)
            (大阪城ホール)

とまあ今のところはこんなところか。また斉藤和義の秋のツアー
も始まるらしいし、日程がかぶらないように気をつけないと。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.24

2005年7月24日(日) 今年もMINAMI WHEEL

 今年もMINAMI WHEELの概要が802から発表された。去年は最高に
面白かったので、当然今年も参戦だ。めちゃくちゃ大量の
アーティストが出演するが、自分のペースで好きなライブを
チョイスしていけばよいので、かなり楽しめる。

 今のところ、ほとんど参加アーティストが固まった状態ではないが、
サンタラやら高鈴、ANATAKIKOUなどの顔ぶれも見える。去年の
MINAMI WHEEL以来、bonobosやらサンタラやら高鈴、風味堂、doris
などはその後もライブに足を運んでいるので、今年もそういった、
渋めのアーティストに出会えるのが楽しみだ。当然狙いは3daysパス
である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.19

2005年7月19日(火) なんか胸がムカムカする

 営業から帰ってくると、炎天下で重い荷物を持ち歩いて
いたせいか、なんだか胸の辺りがムカムカしてきた。気分が
悪いといえば気分が悪いんだろうが、すぐに横にならなければ
ならないほどのものでもない。
 なんだか気分がすっきりしないので、とりあえず近所のファミマ
でチケットの発券だけして、今日は寄り道せずに帰宅することに
した。

サヨナラcolorのための音楽会チケット今日発券しておいたのは、プレリザーブで当然のように当選した「サヨナラcolorのための音楽会」のチケット。ハナレグミ×クラムボン×ナタリーワイズの組み合わせは興味深い。


 それにしても日に焼けた。梅雨が明けた瞬間に、俺的には
真っ黒の状態になっている。普段の超色白の俺を知る人たち
が見たら、「おいおいどっか海でも行って来たんかい?」と
驚くこと間違いなし。新陳代謝もかなり活発だ。水を何リットル
飲んでも飲み足りない感じ。まさに「がぶ飲み」状態だったので、
それが悪かったのだろうか。水の代わりにブラックのコーヒーを
飲みまくったのも少なからず影響していると思われる。体調も
イマイチだし、明日は朝早いので0:00までに寝た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.12

2005年7月12日(火) とりあえずくるりのツアーチケット先行予約

 帰り際に怒られたのでやや後味が悪かったが、薬が切れかけ
だったので、終業の17:30を過ぎたころに薬をもらいに病院に
向かって出発した。病院は19:00に閉まるので、家に帰って財布を
取りに行く暇がないし、くるりのチケットの予約申し込みも今日中に
済ませておかなければ、明日は郵便局に行く時間がない。とり
あえず、病院近くのバイク屋Qに電話して金を貸してもらう段取り
だけしておいた。

純情息子家でちゃんと確かめていたら確かに届いていた、くるりのツアー先行予約の案内。やっつけなので会員番号も薄っぺらい紙に手書きで書いてあるだけ。


 18:40頃にバイク屋Qのところに寄って、30k借りて郵便局に
振り込みに行ってから、病院に行って無事に薬をもらうことが
出来た。
 今回のくるりのチケットはとりあえず

 ・京都磔磔     1枚
 ・奈良ネバーランド 2枚
 ・zepp Tkyo(11/3)2枚
 ・神戸チキンジョージ 1枚

分だけ申し込んでみた。しかし、会員番号が5000番に近く、おそらく
は関西だけで2000人近くはいると思われる中で。上記の関西
公演分に当選するのは至難の業だろうと思われる。この後
Bad News Records WEB先行予約も15日から始まるとのことなので、
バイク屋Qと協議の結果、とりあえず両にらみで申し込む必要あり
との結論に至った。
 その後は腹が減ったので久しぶりに西大寺南口の中華料理屋
白鳳で「ぶた天弁当」をたらふく食った。バイク屋Qは初めてのようだ
が、「量多すぎ」との感想。Qに借りた30kは月末までちょっと待って
くれ。Gコンの手配はしといたるから当面はそれで許せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

財布を忘れて家を出た

 昨日の晩遅く帰宅したせいもあり、6:30と遅い起床になった。
当然だがジョギングにも行っていない。かれこれ一週間ご
無沙汰だ。朝から強烈な雨が降っている。風邪もまだ治って
いない。
 昨日の帰りに、ヘッドポーターのパスケースが潰れた。
そのパスケースに気を取られていたために、家を出てバスに
乗っているときに財布を忘れたのに気づいた。最悪だ。

 事務所までは何とか到着することができるだろうと思って
いたら、幸いにも朝の電車でヨシテルと一緒になったので
2k借りた。ヨシテルは昨日の晩、あれから駅の便所でゲロって
タクシーで家まで帰ったらしい。俺もヨシテルも朝からかなり
グロッキーな状態だ。
 今日は一日事務所で仕事なので、仕事の順番を考えて
意外とてきぱきと仕事をこなすことが出来た。その仕事の
途中で、ふとくるりのファンクラブの案内がまだ届いていない
ことに気がついた。「くるりワンマンライブツアー2005 ~はぐれ
メタル純情派~」の先行申し込みは明日までなので、慌てて
バイク屋Qにメッセンジャーで届いてるかどうか聞いたら、「昨日
すでに申し込みを済ませた」とのことだった。昨日の晩、酔って
帰ってきたので確認するのをすっかり忘れていた。
 あわててバイク屋QにFAXで申し込み要綱を送ってもらい、
家に電話して会員番号だけ確認して、郵便局の振込用紙に
必要事項だけ記入して準備だけしておいた。ただし、財布を
持ってきてないので全く金がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.08

2005年7月8日(金) 「ロックロックこんにちは!Ver.Episode-Q」はどうよ

 晩飯を食べ終わってからは、2時間ほど明日の審査のための
予習をした。その間に、出品していた風味堂のチケットが落札
された。定価の1.5倍ほどの価格で売れたので御の字だろう。
ただ、落札者が意外と遠いところの人だったので、「ホンマに
わざわざライブに来るんかいな?」という素朴な疑問がわいて
いる。

 さらにネットで発売間近のチケットを探していたところ、今年も
大阪で「ロックロックこんにちは」が開催されるとのことがわかった。
ただ、今年はいつもと違って、3日間も開催される。しかも初日は
大阪城ホールだ。いつものようにスピッツをホストに迎えての開催
なのだが、8月26日(金)が大阪城ホールでエレファントカシマシ/
ORANGE RANGE/スピッツ/他 [ゲスト]奥田民生/他、
27日(土)はなんばHatchでTHE BAND HAS NO NAME/Theピーズ
/syrup16g/SPARKS GO GO [オープニングアクト]マサテツ(from スピッツ)
28日(日)もなんばHatchでTHE COLLECTORS/スピッツ/
曽我部恵一/浜辺シゲキ&jam studentsとなっている。
26日は開催時間も早いし、平日なのでほぼ無理、27日はメンツ
が好みではないのでパス。28日に参戦したいところなのだが、
この日はRUSHBALLが泉大津フェニックスである。こっちに出る
EGO-WRAPPIN'も捨てがたいので正直迷ってしまう。とりあえず
はプレオーダーに申し込んでみて結果で決めることにしてみよう
と思っている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.07.06

とりあえずプレオーダーを2つ

 今日も早起きできず。したがってジョギングにも出れず。
朝っぱらから梅雨空が恨めしい。今日も一日中事務所で
作業。来週のコンサルの準備と調子の悪いPCの復旧作業
を同時にするが、なかなか集中して作業ができない。とりあえず
眠い。作業中もダラダラとネットサーフィンをしてると、
プレオーダーしておかなければならない大事なライブを発見。

 本当は明後日に行く予定だった100sの9月のライブ分を
eプラスでプレオーダーしておく。9月17日(土)と18(日)の
両方があったが一応17日の分に申し込んでいた。
 それともうひとつ、8月10日にzepp Osakaである「サヨナラ
color~」のハナレグミ×クラムボン×ナタリーワイズのライブ
の分。100sは外れてもどうせオークションで大量の売りが
出るだろうし、ハナレグミはzeppという大きなハコなので
多分大丈夫だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.05

なんとかチケットが落札された

 昨日急に入った出張のおかげで、朝からバタバタしながら
とりあえずオークションへの出品の準備。Cコース(約5.5km)
からのジョギングから戻って、そのほかにも色々と出品しよう
と思っているブツの準備をしてから出社。ヨシテルとRISING SUN
の計画を電車の中で練る。
 事務所では、昨日具合が悪くなったノートPCの復旧作業
をダラダラと行う。なんとなく暇な一日。そんな中、オークションの
アラートが鳴った。

 朝に出品してきた100sのチケットが落札されたようだ。さすがに
定価1枚5250円のところを2枚で即決5000円で出したのが効いた
のだろう。いつでも発送できるように持ち歩いていたので、昼過ぎ
には無事に速達で発送することが出来た。大幅に定価を下回る
価格であっても、誰かに楽しんでもらえばそれで御の字。
 それにしても腰が痛い。今日5日ぶりにジョギングに出たので
体が敏感に反応しているのだろうか、慢性的に痛いようだと、
ジョギングも出来なくなってしまうので気をつけなければ。腹筋を
鍛えるといいらしいので腹を引き締める意味で筋トレもボチボチ
取り入れていこうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.04

2005年7月4日(月) 100sのライブに

 行けなくなった。直前だけにちょっと痛いところ。事務所
に戻って雑務をしていたところ、審査登録機関から、「金曜日
から土曜日まで審査に来てくれ」との電話が入った。この
日曜日に競馬で惨敗しているので、仕事で取り返さなけれ
ばならない。二つ返事で審査に行くことにした。
 帰宅すると秋にあるBEN FOLDSのライブチケットが届いていた。

BEN FOLDSのチケット早くも届いたBEN FOLDSのチケット。まあまあ早い整理番号だと思って、後で調べてみると、この公演のチケットはすでにSOLD OUTになっていた。100sのように後で叩き売り続出なんてことはないんだろうか?


 話は戻って、審査への移動日である金曜日の晩は
100sのライブがあるが、また秋にもやるようなのでそっちに
行けば十分だろう。そもそも100sごときで5250円は
高すぎるし、なんばhatchが埋まるはずがないとは
思っていた。SOLD OUTといいながらも実際はチケットが
だぶついている。
 肝心の俺のチケットをどうしようか?とりあえずオークション
に出してみることにしたが、オークション市場でもチケットが
だぶついていて売れるかどうか。。。最悪、暇なヤツに
激安で譲ることにしよう。
 ついでに7月号のサウンドクリエーターの会員誌crisp
が届いていたが、こちらにもロクなライブ案内が載って
いない。

crisp2005年7月号最近は悲しくて涙がちょちょぎれて来るcrisp7月号。本当にあえていうなら、興味を引くのはANATAKIKOUぐらいのものか。あとはゲントウキが面白そうだがバナナホールなら慌てて取る必要も全然なさそう。

 夏から秋にかけてのライブ参戦予定はまだたっては
いない。FESを除いては、お子様たちが多数参戦する
ような厨バンドのライブはできるだけ避けるように
これからじっくりと検討する。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.01

ハナレグミ×クラムボン×ナタリー・ワイズのライブ

 朝からうっとおしい天気。昨日の夜の電車事故の影響で
寝るのが遅くなったので、全く早起きできず、今日もジョギング
できていない。
 事務所での仕事も来週のプレゼン資料の作成でいっぱい
いっぱい。そんな中ボーっとライブチケットを検索していたら
「ハナレグミ×クラムボン×ナタリー・ワイズ」のライブがある
というのを発見した。

 「サヨナラCOLOR~映画のための音楽会~」と銘打って
8月10日(木)にZepp Osakaであるらしいが、仕事が終わっ
てからZepp Osakaに開演18:00に間に合わそうというのは
かなり厳しい。また、イベンターが「ソーゴーOSAKA」なので
残念ながらWEB会員にしかなっていない。どうやってチケット
を確実に入手したらよいか?WEB上には「会員先行発売」
の文字だけがあり、詳細は発表されていないが、こちらの
先行発売でGETできるのだろうか?どうせ会場入りはギリギリ
になるだろうから整理番号は関係ないんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.30

「純情息子」に加入

 朝から曇りがちな天気だが、早起きしていつものように
Cコース(約5.5km)をジョギング。3日連続だが、疲れは
ない。昨日の夜中にmixiのくるりのコミュニティで「ライブ
スケジュールが発表された」と誰かが書き込みをしていた
のを見たので、くるりWEBを見に行くと、そのライブツアー
の前半と後半に関西圏でのライブが集中している。

 去年はくるりのファンクラブ「純情息子」に入ることなく
4公演分のチケットが取れたが、今年はもっと安全にとり
たいので、とりあえず、今日までに入会していれば先行予約
が可能とのことなので、午前中の仕事の合間に、これも
毎年恒例のメンズノンノ×ヘッドポーターのバッグの申し込み
を同時にしておいた。
どの公演に申し込めるのかなどは手元に資料がないので
全くわからないが、できるだけ多くのライブにいきたいものだ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.28

2005年6月28日(火) グッズやらチケットやら

 会社帰りに駅で、小中高と同じだった幼ななじみの「負け犬」に
久しぶりに偶然会った。府庁に勤めているが最近「主査」に昇進
したらしい。なんだかようわからんが給料の話を熱く語っているの
で、黙って聞いていたら、年収が去年の俺と同じぐらいだった。
「俺も役人と同じぐらいの給料なのか」と漠然と思っただけだった。
あんまり贅沢も言ってられないわな。
 家に帰ったら先日オークションで落札したものが早くも届いていた。

本日到着のオークション落札物類左からバーバリーのチェックシャツ、1905円。JOURNAL STANDARDのジャケット、2300円。PAUL SMITHの半袖チェックシャツ、1900円。どれも安値で落札できたのはいいが、「たぶん越されるだろうと」放置していたら知らない間に落札していたものばかり。

 ポールスミスの半そでシャツは残念ながらサイズが小さかったし、
ジャーナルのジャケットは、色が思っていたものより薄かった。まあ
着れないことはないので満足だが。チェックシャツは、タンスを覗いて
みると同じようなものばかりが増えてきた。
 サイズが合わないものはやはり着にくいので、近々、せっかく
落札したが再出品だ。

 さらに、帰り際に、7月2日に代官山UNITであるライブのチケットも
発券しておいた。危うく忘れそうになっていた。このライブは音を
楽しむというよりも、音楽と雰囲気、会話を楽しみたいと思ってい
る。

代官山UNITのライブチケット
7月2日に代官山UNITである「NEW GOLDEN AGE」のライブチケット。出演はCaravan、tobacco juice、POMERANIANS他。それにしてもまたもや整理番号が書いていない。また前回と同じく、先に行って整理券引き換えのパターンか?

オークション, ファッション・アクセサリ, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | | コメント (0) | トラックバック (0)

夏フェスをどうするか

 キムタクの「エンジン」の余りにもしょぼい最終回を見たら強烈に
眠くなったので、そのままテレビをつけっぱなしで寝てしまった。
 目が覚めたのが夜中の2時ごろだったので中途半端な眠り。
メールチェックすると、FM802から、毎年恒例の「LIFESIZE ROCK」
の案内が来ていた。しかし、メンツを見てorzだ。これじゃまた
「無料モニター募集」の案内が来ることだろう。
 期待していたのがorzでいまだに夏フェスへの参加を決めてい
ないが、やはりRISING SUNだろう。

 わざわざ北海道までという気もするが、コンサルの日程さえ調整
すれば自由自在に休むことができる上に、ヨシテルが本気で行く気に
なっている。あとはお金との相談だが、結構金はかかりそう。フェス
には金曜夜出発で、土曜日のオールナイトの分に参加し、後は日曜に
札幌、月曜はどっかをうろついて帰るというパターンで考えている。
 その他は、厨向けバンドが満載ではあるが、日程的に夏フェス最後で
しかも、なぜかEGO-WRAPPIN'が出るというRUSHBALLは参加したい
ところ。
 もう一丁いうと、9月に入って9日(金)にclub NOONである曽我部恵一
主催のオールナイトイベントへの参加を検討中。たぶん行くだろう。
しかし、次の日は山崎まさよしのライブがフェニックスである。これにも
参加したいところなので、連闘をどうこなすかが問題。まさよしとの
決別ライブとしては非常に重要な気がしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.27

2005年6月27日(月) とりあえずチケットは買ったが

 特に急ぎの仕事もなく、早めに事務所を出たので、久々に
アメ村のGLOWに寄ってランチ系の服をチェックしたが、特に
気に入ったものはナシ。ここ最近はあまり柄の激しくない
純粋な白のTシャツとブラウン系のパンツを探している。
四葉のクローバーネックレスの新バージョンが気になった。
しばしなじみの店長と話をして、歩いて難波まで行き帰路へ。

下北沢Queでの曽我部恵一のライブチケット7月17日下北沢Queでの曽我部恵一のライブチケット。チケット発売の仕組みを知っていれば、いったんあきらめかけていたチケットも取れることが多い。本当に取るのが無理なチケットのライブなどそもそも行かない。それにしても「オールスタンディング」と「スタンディング」の違いは何だ?


 帰ってから、チケットぴあのサイトで曽我部恵一のライブを
探していたら、先日までSOLD OUTだった7月17日(土)
下北沢QueでのYour Song Is Goodとのライブのチケットが
再発売されていた。どうせ暇やし2枚GET。同行者も確保。
26日までが先行チケットの引き換え期間だったので、27日に
は引き換えられなかった余り分が少し残っているだろうと
いう読みが的中。さすがエセチケットゲッターだと自画自賛。
 しかし、これで7月半ばのスケジュールがかなりタイトに
なった。
 7月15日(金)→風味堂(心斎橋クラブクアトロ)
 7月17日(日)→曽我部恵一(下北沢Que)
 7月18日(月)→bonobos(心斎橋クラブクアトロ)
 7月19日(火)→the band apart(BIGCAT)
 7月20日(水)→髭(十三ファンタンゴ)

一日の空きをはさんで5連闘か。ただ、実はthe band apartの
ライブチケットは、GREENSでWEBの追加予約を申し込んで
振込用紙も届いていたが、期間内に振り込むのを忘れていた。
いまからでも間に合うんだろうか?先月にすでに1度行ってる
のでやめとこうという気が強い。髭はまだチケットも取っていない。
これも無理する必要はないとは思っている。それよりは下北沢
まで行くほうがずっと実りがあることはわかっている。
 

ファッション・アクセサリ, 日記・コラム・つぶやき, 音楽] | | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.25

RUSHBALLの追加アーティストが発表された

 今年の夏フェスはどこにいこうかなんて今のところ全く決めていない。
今年中に国内でワンマンツアーがなくて夏フェスだけに出ると思われる
アーティストを狙って、例えばくるりのセトストックやEGO-WRAPPIN'の
RISING SUNなんかを考えていたが、今日届いた案内メールでRUSHBALL
の追加アーティストの中にEGO-WRAPPIN'とTOKYO NO.1 SOUL SETが
含まれていた。

 この二組が参加するとあって、俄然RUSHBALLに行きたくなってきた。
大阪では他にはサマソニしかないが、特にEGOが出るというのは大きい。
今のところ

ACIDMAN/BUMP OF CHICKEN/Dragon Ash/EGO-WRAPPIN'/
HAWAIIAN 6/Ken Yokoyama/the band apart/POTSHOT/RIZE/
ROSSO/TOKYO No.1 SOUL SET/TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA
/勝手にしやがれ/つばき

といった面々で、Dragon Ashや、BUMP OF CHICKEN、HAWAIIAN 6、RIZEなど、
結構イタイのも含まれているが、意外とスカ、ブルース、ジャズ系も多く、
選んで聞けば結構楽しめるかも。かなり前向きに考えつつある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.13

とりあえずライブに申し込んでおいた

 適当に仕事をしていたらGREENSからメールが届いた。
7月20日にBIGCATであるthe band apartのライブの追加券
を発売するとの事だった。

 先日行ったばかりなのでどうしようかと思ったが、とりあえず
申し込んでおいた。それにしてもすでにSOLD OUTになって
しまっていたとは。これで関西公演は全て完売である。
そんなにスゴイバンドとも思わないのだが。今度はじっくり
予習をしてから参戦できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.11

とりあえずCDを聞いてみた

 午前中に昨日到着したCDをmp3に変換しながら少しだけ聞いた。
まずは半野喜弘「Angelus」。はずかしながら半野喜弘という人を
よく知らなかったが、電脳系からのアプローチでシンセを使って
様々なアーティストに楽曲を提供したり、自身でCDも数枚出して
いるらしい。

 今回このアルバムを購入したのは、ハナレグミが参加している
ことはもちろんEGO-WRAPPIN'の中納良恵、クラムボンの原田郁子
なども参加しているからだった。アルバム全編に流れるゆったりとした
独特の浮遊感。電子音ベースでありながらも温かみ、クールさの
同居した音は秀逸。特にハナレグミの「夢の匂い」はPVを見た
こともあって抜群の出来だ。ヘビロになりそう。
 あとはCaravanの「Trip in the music」も聞いたが、こちらは
フォークギターの生音が中心の、肩の力が抜けたゆるさがたまら
ない。代表曲の「Soul Music」はもちろんのこと、どの曲も彼独特
の前向きな歌詞で共感が持てる。ライブでの声量十分の声が
CDでも殺されることなく、うまく伝わってくる。どんなときでも
心を静かに燃やす感じになれそう。
 他のCDはとりあえずmp3化は終わっているので、ゆっくりと
時間を取って聞いていくことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.10

The HoneydrippersのCDを発掘

 5:30過ぎに起床し、久々にCコース(5.5km)にジョギングに
出かけた。中3日で急激な運動は負担になるのでゆっくりと
走る。やっぱり朝のジョギングは気持ちがいい。
 出社する前のわずかな時間を利用して、昨日CDを購入した
こともあって、ぐじゃぐじゃになっていたCDラックを整理すると
ずっと前に購入して行方がわからなくなっていたThe Honeydrippers
の「Volume One」というCDを発見した。

The Honeydrippers<br />
「Volume One」The Honeydrippers
「Volume One」。10年以上前に、どっかのTSUTAYAの中古CDコーナーで購入した覚えがある。もともとはレコード時代にテープにダビングして聞いていた。懐かしい。


 The HoneydrippersはLed ZeppelinのRobert PlantにThe Yardbirds
組のJimmy Page、Jeff Beckと元ChicのNile Rodgersが組んだ伝説
のスーパー・セッションで、アルバムの名前は「VOL.1」とあるがいま
だに「VOL.2」は出ていない。これは輸入盤でクレジットが1984年と
あるのでかれこれ20年ほど前に出たもの。
 このレコードが出たとき、俺はまだ高校に入学したばかり。この
メンバーからはおおよそ想像できないJAZZ&BLUESベースの50年代
オールディーズのカヴァーのオンパレードで、わずか5曲しか入って
いないが、それこそもう聞きまくった。高校時代の青臭い夏の必携盤
として欠かすことが出来なかった。
 久々に聞いてみたが、古臭さはひとつもなく今でも輝いている。
2曲目の「SEA OF LOVE」を聞くと今でも、あの高校時代の灼熱の
グランドとアイスクリーム、夏祭り、みんなで行った海を思い出す。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.06.09

2005年6月9日(木) CDなどなどが到着

 会社が終わって、帰宅する途中に心斎橋筋のBOOK OFFで
前から気になっていたオムニバス「DISCOVER THE SONGS」
を購入。偶然見つけたのだが、このアルバムにはハナレグミの
「そして僕は途方に暮れる」が入っているので買いと判断した。
さらに、帰宅すると先日FM802のOTOSHOPで注文していた
CDがまとめて到着していた。

cds060609上段左からcaravan「RAW LIFE MUSIC」、caravan「Trip in the music」、caravan「Heavenly」、中段左から半野喜弘「Angelus」、オムニバス「DISCOVER THE SONGS」、the band apart「quake and brook」、サントラ「thicker than water」、Jack Johnson「In Between Dreams」

 今日到着したのは
 ・Caravan「RAW LIFE MUSIC」
 ・Caravan「Trip in the music」
 ・Caravan「Heavenly」
 ・半野善弘「Angelus」
 ・the band apart「quake and brook」
 ・サントラ「thicker than water」
 ・Jack Johnson「In Between Dreams」
の7枚。the band apartとJack Johnsonは先日ライブに行った
ばっかりだったが、その前に買っておいて予習しておけばよ
かったのだが間に合わなかった。半野喜弘の「Angelus」には
ハナレグミをfeaturingした「夢の匂い」が入っている。サントラ
の「thicker than water」はJack Johnsonが監督のサーフ映画の
サントラでOrganic musicが全編を彩る。Caravanを中心として、
全般的にゆる~い感じのアルバムを購入した。

さらに先日オークションで購入したシャツとジャケットも到着
していた。

TMTのジャケットとパタゴニアのシャツTMTのジャケットとパタゴニアのシャツ。TMTのジャケットは思ったよりフォーマルな感じで、常々あれば便利だなと思っていたやつだった。6500円とお買い得。パタゴニアのシャツはオークション画面の色と全然違う色のものが届いたがまあしょうがない。


23:00を過ぎた頃にヨシテルが明日のTAHITI80のチケットを取りに
来たので、ついでに音源のCDを渡してあげたが、一日で予習を
するのは到底無理だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.04

音泉祭り@大阪城野外音楽堂

 今期5回目の大阪城野外音楽堂。この春~夏にかけて
6回行く予定のうち、雨はわずかにRUSHBALL7の1回のみ。
今日もいい天気で絶好の野外ライブ日和。
 13:30にバイク屋Qと森ノ宮駅で待ち合わせ。13:00過ぎに
到着し、食べ物を調達して会場入り。長らくの間「13:00頃開場、
13:30頃開演」と、あやふやな時間がアナウンスされていたが、
当日になってはじめて「開演が13:30に決まりました」と入り口
付近でアナウンスしていた。

 会場入りすると、それほど人で満員になっているわけではなく、
レビルとその彼女はすでに到着していて、完売になっていたサン
ボマスターのタオルをしっかりとゲットしていた。
 今日の客の年齢層はやや高め。若い社会人が中心といった感じか。
席の埋まり具合も7分ぐらい。
13:30になってライブが始まった。

1.赤犬
 よくわからん関西出身の13人編成のコミック系スカファンクバンド。
しかし、歌詞が完全にコミック系なので、演奏のよしあしも判別不能で
ステージ上で統一感のない踊りや寸隙のようなパフォーマンスを繰り
広げていた。音を楽しむというよりはステージのノリを楽しむ感じ。絶対
にワンマンにはいかない。ボーカル、バックボーカルの3人が曲ごとに
脱いでいき、最後はブリーフ一枚に。予想通りボーカルのヤツは最後
には全裸フリチンになってしまった。バカ集団。

2.bonobos

 久々に見た。これで2回目。相変わらずFISHMANS似の曲は、
ボーカルの声の質とやろうとしている音楽からして仕方がないか。
MCで「新しいアルバムが出ました。いろいろといわれてるけど、
いいアルバムですよ」と言っていたが、おそらくFISHMANSのパクリ
とか色々言われてきたんだろう。ベースの森本っちゃんが自分の
出番以外は関係者がいつも出てくるステージ右の客席そばずっと
に座って他のアーティストの曲を聴いていたので良く観察できたが、
意外に「アリ」やぞ。ファンになった。ステージが終わってからは、
OLが出勤するときのような普通の服装に着替えていたのが印象的。

(セットリスト)
 1.あたらしいひ
 2.今夜はGroove me
 3.?
 4.あの言葉、あの光
 5.ライフ?
 6.Thank you for the music

3.畠山美由紀

 女性ボーカル一人なのだが、ピアノとギターのサポートで登場。
畠山美由紀は楽器を弾かずに一人で歌を歌う。正統派の女性POP
シンガー。ややハスキーな声で歌も上手いが、ブルース色が入って
いるとかそのようなものはなく、純粋に聞かせる感じ。
 永積タカシつながりなのだろうか、ギターは最近のハナレグミの
サポートをしている高田氏が担当。6曲ほどやった。まあ普通。

4.浜田真理子

 ピアノの弾き語り。ステージ上では横顔しか確認できなかったので
良くわからなかったが、年齢不詳。静かに演奏しているときに、ステ
ージ横で機材が「ガシャン」と倒れる音がしたのがかわいそうだった。
この途中で、会場をでてみんなでビールとつまみで楽しんだ。
浜田真理子は何曲やったのかはよくわからない。6~7曲か。声に特別
特徴があるとか、曲のメロディラインが特別綺麗だとか言うわけでは
ないのでやはりちょっと退屈。

5.サンボマスター

 このころから空は明るいが、やや強めの雨が降り始める。登場と同時に
客席が異様に盛り上がり始めた。本日のメインアクトのようなもの。
サンボマスターはこれで4回目だが、毎回のように「卒倒するんちゃうか」
というようなハイテンションの山口隆。男性年配系ファンからの声がひっ
きりなしに客席から飛んでいた。雨は演奏の途中でやんだ。そのことを
ネタに、山口隆が独特のMCを繰り広げる。

 (セットリスト)(ちょっとあやふや)
 1.歌声よおこれ
 2.これで自由になったのだ(?)
 3.美しき人間の日々
 4.夜が明けたら
 5.朝
 6.そのぬくもりにようがある
 7.月に咲く花のようになるの

今日はちょっと音が静かだったような気がするが、やはり何度聞いても
次にまたライブを見たくなるバンド。久々に最高だった。やはり体にムチ
打ってでもワンマンに行かなければならないか。

6.スクービードゥー

 これがトリだとは残念だったが、ライブで盛り上がるのには定評のある
バンド。これで見るのは2回目。今日はちょっとボーカルの声が聞こえに
くかったような気がするが、会場は結構盛り上がっていた。802の昔の
ヘビーローテーション曲「Get Up」以外の曲はわからなかったが
FUNKYなラテン系ロックでなかなか楽しませてくれた。8曲ほどやった。
フェスで出てくる分には、酒が入れば十分に楽しめる。

(終了時間:19:00)

全体的には十分に楽しめるライブだった。夏場にもう一度この野音で
ライブを楽しんでみたいものだ。それにしてもいつも思うが、会場に
酒類を持ち込めないのはかなりイタイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.03

2005年6月3日(金) iPodが弱ってきている

 岡山出張の往復が約8時間。その間ずっとiPodで
音楽を聴いていたというか流していたが、最近どうも
電池の持ちが悪くなっている気がする。俺のiPodは
4年ほど前に購入した第2世代の古いやつだが、
丈夫なことだけがとりえだった。

patagoniaの長袖シャツ<br />
本日到着したオークションで落札したpatagoniaの長袖シャツ。パタゴニアにしてはかなりフォーマルな感じのぶ厚い生地。秋口からじゃないと、とてもじゃないが着てられない。実はこれのMサイズを持っているが、でかすぎたのでSサイズをさらに購入。Mサイズの分はオークションに出す予定。5000円とちょっと高め。


 これまで故障らしい故障は一度もしたことがないし、
音とびなども皆無。かなりできのいいiPodだったが、
今日は往路の4時間は普通になっていたが、復路の
3.5時間目ぐらいで電池が切れて、知らない間に音が
聞こえなくなった。ほぼ毎日フル稼働で聞いていると
さすがにバッテリーも弱ってくるのだろう。今のヤツは
車載専用にして、早く60Gのヤツに買い換えなければ。

| | コメント (0)

2005.06.01

2005年6月1日(火) crispやらnAtchnEtやら落札物やらいろいろ

 書き忘れていたが、今日は帰宅してみるとサウンド
クリエーターの会員誌crispやらGREENSの会員誌
nAtchnEtやらオークションの落札物やらがいろいろ
と届いていた。フェス以外の7月までのライブの参戦
予定はほぼ固まっているが、その後はまったくの未定
なのでいろいろと読んでみた。

クリスプ6月号とナツァネット53号crisp2005年6月号とnAtchnEt53号。表紙からもわかるとおり、crispのほうは目玉ライブなし。ジャパハリネットなんかのせるな。まだnAtchnEtのほうがましだが、まさよしもスキマも値段が高いような気がする。


ネイバーフッドのシャツとパタゴニアのシャツネイバーフッドのシャツとパタゴニアのシャツ。パタゴニアのシャツのほうは、以前に同じ柄のXLを持っていたが、デカすぎて売っぱらった。一応雪ナシタグ。最適サイズのMサイズを買い戻して大満足。ネイバーフッドのシャツは白地にブルーの大変落ち着いたチェック柄が最高。ネイバー5950円、パタゴニア3900円。

 今回のcrispはいつもながらかなりしょぼい。参戦しようかな
とそそられるものは何もなかった。それよりはどちらかというと
nAtchnEtのほうが面白そうか。
 どちらもすでに9月以降のライブ情報が満載であるが、ひか
れたのはnAtchnEtにのっていた9月の山崎まさよし、スキマ
スイッチ、8月のゆらゆら帝国、the band apartあたりか。フェスで
もやや惹かれるものもある。crispでは9月のクラムボンのみ。
ボチボチどれにするか決めて申し込んでみようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.30

ロクに仕事をしなかったが、Eメール新聞を久々に発行

 早朝起床でとりあえずCコース(5.5km)のジョギングに
出かける。やや遅く走り始めたので、すでに日差しがきつく、
強烈に汗が噴出す。出勤前の運動がハードすぎたのかどう
かわからないが、事務所についてからは眠くて眠くて仕事
にならない。こういうときはルーチンワークに限るので、久々
にEメール新聞を発行することにした。

 最近は日経産業新聞しか読んでいいないので、なかなか
いい環境情報にありつけないが、それでもこれだけ間が開くと
ネタは古いながらも転がっていたので、何とか発行にこぎつけ
ることが出来た。5年ほど前に始めてようやく99号が発行でき
た。細く長くとはまさにこのことである。読者数も7000人ぐらい
まで減ってしまっていた。
 Eメール新聞の作業中にも色々とネットサーフィンをしていたが
9/25(日)にIMPホールであるベン・フォールズのライブの先行
予約をウドー音楽事務所の先行予約でしておいた。これで後は
入金するだけなので忘れることはないだろう。
 ダレダレといえば今朝のAもひどかった。久々に隣の車両で
見かけたが、すぐそばにいるので様子がよく見えた。つり革に
もたれかかってダラーンと立って寝ている。周りの客が心配そう
に取り巻いて覗き込んでいるぐらいだった。何やってんだ、一体?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のMEET THE WORLD BEATの出演者が発表されているが

 毎年この時期になると気になること。それはもちろん
FM802のMEET THE WORLD BEATの出演者だ。毎年
楽しみにしているのだが、さっき802のHPをみてorzだ。

 今のところ発表されている今年の出演者は、

氣志團/Couldberry Jam/CHEMISTRY/THE PREDATORS/
THE HIGH-LOWS/Jackson vibe/スキマスイッチ/Def Tech/
nobodyknows+/BEAT CRUSADERS/真心ブラザーズ/
矢井田瞳 ...and more!more!more!

と言うことらしい。なんじゃこのメンツは。どっかの歌番組の
出演者みたいだ。ということで今年はキーワード集めもヤメ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.24

2005年5月24日(火) チケットが売れた

 クライアントさんのところから事務所にいったん戻り、そのまま
帰宅。先日オークションで出品していたJack Johnsonのチケット
の終了時刻が近づいていたので、家に帰ってからは、オークション
を物色しながら、その落札価格の動向に注目していた。

 なかなか入札が入らないのでやきもきしていたが、昼過ぎに
二人の入札者が入ってからは一騎打ちの様相。もともとこの
5月29日(日)のZeppOsakaのJack Johnsonのチケットは、
eプラスかなんかのプレオーダーで4ヶ月ほど前に入手していた
ものだが、発売当初はチケットも結構な数が余っていたが、ここ
に来てSOLD OUTになってからはオークション市場でも価格が
高騰してきているようであった。公演日まであまり時間がない状況
だったので売れるのかどうか心配だったが、結局6500円の
チケットが11000円で落札された。
 チケットはあまり出品しないが出品すれば、かなりの高値で
落札される状況が続いている。去年の秋のVIVA LIVE、スペ中
音楽祭、スネオヘアーの渋谷公会堂、SUPER CARの解散ライブ
などなど。どれも倍以上の価格で落札されている。(考えてみ
れば全て関東圏ばっかりだが)これもひとえに「いいライブ」と
思われるチケットを確実に抑えてきた成果なのだろうと我なが
ら感心している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.21

チケットぴあのサイト重すぎ

 ちょうど朝10:00頃になっていたので、チケットぴあで今日発売
のチケットはないかと探していると、前からチェックしていた7/2
代官山UNITのcaravan、tobaccojuiceなどが出るイベントのチケット
が発売されるようなので、値段も安いしとりあえず2枚ほどとって
おこうと思った。

 しかし、今日のチケットぴあのサイトは重すぎ。全く画面が前に
進めない。10:30頃にようやくまともに動くようになり、チケットは
らくらくgetできた。が、東京でのライブなので一緒に行くやつのこと
なんて全く考えていない。
 UNITはいつも泊まっている奈良県渋谷寮のすぐ隣のビルの
地下にあるが一度も行ったことがない。このメンツでのライブは
かなり楽しめそうな気がするし、一度行っておこうといういった
感じ。ナカボウズに声をかけてみたが、当日は野球を見に行くと
のこと。まあどうせ、この手のメンバーのライブにはまったく興味
がないこともわかっていたが、それにしても音楽のジャンルの
幅が狭まってしまったような気がしてちょっと寂しい。
 とりあえず他にも東京にはメンツはたくさんいるので声をかけて
みようと思っているが、このような出演者のライブは好き嫌いが
はっきり別れるので、行かずにスルーするか、一人で参戦するか
になるケースも考えられる。とりあえずUNITに行ってみるという
ことで。
 ただ、チケットの衝動買いは減らしていかなければ。すっかり
チケットを取ることが主目的になって、それがストレス発散になっ
ている感もある。飲みに行ったり、ゴルフをしたり等分化がない
俺にはこの程度の趣味なら安いもんなので、別に悪いことでは
ないと思うが、それにしても過ぎたるは及ばざるが如し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.19

2005年5月19日(木) なんじゃかんじゃと届いた

 家に帰ってみると、ここ最近オークションで落札しま
くっている物品の一部が大量に届いていた。さらに、
stereophonicsのライブチケットも届いていた。
 オークションの落札物は、スニーカー×1、Tシャツ
×2、長袖シャツ×1、冬物ジャケット×1とあまり
即戦力になるものはない。

オークションの落札物たち左上より右回りにネイバーフッドのTシャツ、2100円。silasの長袖チェックシャツ7750円。silasのブライアンジャケット、11400円。ネイバーフッド×mad footのスニーカー、11500円。ハリウッドランチマーケットの胸ポケットロゴTシャツ、2940円。

 ただし、5つも届いて、普通はハズレが一つぐらいは
あるのだが、今日届いたのは幸いにも全て当たりと
言って良いと思う。しかも季節外れモノも含まれてい
るだけあって割安なものも多い。満足だ。
 stereophonicsのライブチケットは一人で参戦するので
1枚だけ届いたが、整理番号がいいのやら悪いのやら
さっぱりわからない。果たしてチケットの売れ行きはどう
なのだろう。そういや昨日、ウドー音楽事務所から、
9月末のBEN FOLDSのライブのチケット先行販売の案内
が来ていた。来週26日に発売なので、忘れないように
必ず申し込んでおかなければ。

stereophonicsのticket6組80番台とは全くよくわからんstereophonicsのチケット。おそらく1組100人いるとして800番台なんだろう。収容人数ギリギリやんけ。

 最近油ものばかり食べていて、今日は体のキレが
鈍い気がしたので、22:00頃からジョギングをしに行った。
軽く45分で5kmほど走ったが、もうすっかり体もジョギン
グに慣れてきたようだ。週末は走りこむことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.17

2005年5月17日(火) 久々のTSUTAYA 

 会社帰りに最寄り駅内にあるTSUTAYAにふと寄って
みた。いまだ自分の持っていない音源があるのでは
と思ったから。
 ここのTSUTAYAはもうずいぶん前に出来ているが、
なぜかまだ会員になっていなかった。「レンタルする」
という文化がいつしかなくなっていたからだ。入るのは
何年振りであろうか。

 とりあえず、頭の中に浮かんだ数枚のアルバムを探す。
狙いはThe Jon Spencer Blues Explosionの「Extra Width」、
Supper Butter Dogの「Free Way」だったが、ちゃんとあった。
さらに探しているとFishmansの大昔のシングル集もあった
のでついでに借りた。最新のベストアルバムも貸し出して
いたが全てのアルバムの音源がこれで揃ったので当分は
借りる必要もないと思われる。あとは、The Policeのアルバム
で揃ってないものと思ったが、どれを持っていないのかわから
なかったので、家できちんと調べてからもう一度借りる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.15

2005年5月15日(日) 音泉祭りのチケットにオークションの入札失敗

 今日は6月4日(土)に大阪城野外音楽堂で行われる
「音泉祭り」のチケットがサウンドクリエーターから届いた。
早速の到着に驚いたが、整理番号は微妙でL列の30番
台なのでまあまあ良く見える場所といったところか。
 昼間に一つ入札を考えていたネイバーフッドのスニーカー
があった。

音泉祭りのチケット「音泉祭りのチケット」一応四枚確保したが、すでに参戦予定がいるので上手くさばくことが出来るだろう。なかなかのメンバーが集まって楽しみなライブの一つ。当日晴れることを願うばかり。


 かなりのレアモノで9000円スタートだったのだが、直前まで
入札されていない。しかし、10分前ぐらいになって入札があっ
たので「このままの値段で落札されるのもシャクだ」と思い。
意地悪く、値段の吊り上げの意味で、「自動延長なし」の
オークションに突っ込んだら、なんと落札してしまった。価格
的には、この価格でもまだ商品価値からすれまだ安いと思う
が、なんか失敗した気分だ。
 さらにSILASのシャツにも入札していたのだが、終了直前に
結構他の入札者が競りかけてきたので、ついつい久々に熱く
なってしまって、予定価格より1500円上乗せする形で落札し
てしまった。しかもサイズがMとちょっときつい可能性がある
ので、早くも放出要員になるかもしれない。
 結局昨日と今日の二日間で8点もの商品を落札してしまっ
た。確かに今の時期商品がどれも安いが、これはいくらなん
でもやりすぎだろうと深く反省。ちなみに俺が目をつけていた
ランチのオレンジ色の「唐辛子」がデザインされたTシャツは
1100円という格安の価格で無事にナカボウズが落札してく
れたこれは結構現物を見るのが楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.14

クラムボン clammbon tour'05「てん、」@神戸チキンジョージ

 昼からは6kmほどジョギングしてから、バイク屋Qと車で
神戸に移動。今日はクラムボンのツアー、clammbon tour
'05「てん、」が神戸チキンジョージで行われる。
 16:00頃に出発したが、神戸に着いたとたんに「神戸ま
つり」のためそこらじゅうで交通規制が行われていて大渋
滞。今回はせっかく整理番号3番、4番のチケットを持って
いたのに、結局整理番号順に並ぶことは出来なかった。
 会場に入るとチキンジョージのステージ前方から丸椅子
が多数用意されていて、すでに前方は埋まっていたので、
中頃後方寄りに陣取って観戦。客の年齢層はかなり高く、
男が多いのにも(半分くらいはいたか)驚かされた。

 ライブはほぼ定刻どおり18:00ごろに始まった。クラムボン
を見るのはこれが初めてだったが、原田郁子はこれで
4回目。あいかわらず微妙な風貌。
セットリストは全く把握できていないが、最新アルバムの
「てん、」の曲はほとんどやって、さらに「パンと蜜をめしあがれ」
「雲ゆき」「サラウンド」「残暑」「EPIC」「Imagination」「はなればなれ」
「まちわびわびさび」なんかはやってたと思う。(全然確かじゃない。
あとで誰かがメモったセットリストを参考にしてみる)
 序盤はアルバム「てん、」からアップテンポの曲を、中盤は
「てん、」から静かめな聴かせる曲を、後半は古いアルバムから
のアップテンポの曲といった感じのステージ構成で、かなり客の
ノリが良い。それも男の声がかなり響き渡っていたのは意外
だったが、ライブでの掛け声はこうでなくては。
 原田郁子の独特の鼻に引っかかったような声は、人によって
好き嫌いが別れると思うが、声量十分で歌も上手い。さらに
ベースとドラムもテクニック十分で、3人の息もぴったり。3人で
出しているとは思えないほどの迫力でまさに職人芸の世界。
ちょうど坂田学在籍時のPolarisのような感じのものを感じた。
 全てにレベルの高い最高のライブだった。やはり「東の天才、
原田郁子、西の天才、中納良恵」の評価は全く変わらないど
ころか、クラムボンこそがやはり原田郁子の活躍の場だと再
認識した。(ハナレグミのときは軽くバックボーカルと小物の
楽器を引くだけなのであまり存在感はない。マスコット的存在。)
 とにかくすばらしいものを見せてもらったと感動したライブだっ
た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なかなか面白そうなライブ発見

 今朝もきっちりと7:00頃には目が覚める。毎日の
習慣とは恐ろしいものだ。することが何もないので
とりあえず、今日発売のチケットぴあのサイトを物色。
 特に目を引くものはなし。
 さらにアーティストのサイトを物色していると残像カフェ
throwcurve真空メロウとたどりついた。
 なんか残像カフェのサイトを見ていると、バンドとしての
活動よりはvoオオモリゲンキのソロ活動ばかりが目立つ。
なんだか解散モードに移行しているように見えて仕方がない
のだが。
 面白いのは真空メロウのサイト

 どんなバンドか実際に音を聞いたことがないのだが、サイトでは
DOWNLOADのコーナーがあって、3曲分フルに
ダウンロードすることが出来る。早速聞いてみたが、なかなか
良さそうな感じ。この真空メロウとthrowcurveとbaconが出演
するライブが6月17日に十三ファンタンゴであるらしい。
これの他にも行ってみたいライブが少しある。

・7月2日(土) caravan、toboccojuice、pomeranians(代官山UNIT)
・7月28日(土) SETSTOCK’05(くるり、100sほか)
・6月22日(水) キセル(京都磔磔)

今のところこのアタリだろうか。SETSTOCK1日目はすでにバイク屋Q
にチケット調達指令が出ているので、そのうち手に入るだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.13

眠れず。bonobosのチケットを発券した。

 昨日の帰宅後、サウンドクリエーターのcrisp先行予約
で7月18日(月祝)に心斎橋クラブクアトロであるbonobos
のチケットを先行予約しておいたのだが、そのあとは引き
換えせずにすぐに寝てしまった。2時間ほど寝たら、今に
なって目が冴えて眠れなくなった。

bonobosチケットだらだらと処理をしていたが、意外に良番だったのには驚いた。7月19日心斎橋クラブクアトロのboonbosのチケット。




 とりあえずタバコも切れたし、1:00過ぎに近所のローソン
に行ったついでに、そのbonobosのチケットを発券してみた。
すでにbonobosのオフィシャルサイトでチケットの先行発売を
していたようなので、今回頑張ってもいい整理番号は取れない
と思っていた。なんせ、今の当面の目標は「整理番号1番」を
getすることだったので、今回ははなからあきらめていたのだ。
しかし、はたして発券してみると整理番号は50番台だった。
これならば、もっとまじめにチケットを取りに行っていれば確実
に整理番号1番がgetできたのに。ちょっと後悔している。
次はどのライブが目標になるのだろう。また取りやすそうな
ライブを探さなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.11

2005年5月11日(水) RUSHBALL☆7のチケットやらネイバーのシャツやら

 帰宅すると、5月22日(日)に大阪城野外音楽堂である
「RUSHBALL☆7」のチケットがGREENSから届いていた。
出演者が曽我部恵一バンド/つばき/ランクヘッド/ANATAKIKOU/
BANK$/CUBISMO GRAFICO FIVE/GREAT ADVENTURE//
lostage/SWEEPとそこそこなのに、価格が828円というのは
やっぱり激安だ。整理番号も360番台だったらかなり前の方
で見れそう。

rushball7のチケットRUSHBALL☆7のチケット。これまで手にしてきたライブのチケットの中ではかなりカッコいい部類のチケットになるのではなかろうか?奈良の山崎まさよしのチケットとは大違い。


 この春は大阪城野外音楽堂で合計4回もライブを見ているが、
幸いにも一度も雨が降っていない。この「RUSHBALL☆7」と
「音泉祭り」のあと2回参戦するが、なんとか晴れてくれないもの
か。あと2回とも晴れたら見事に「晴れ男」の称号をもらっても
いいと思う。
 さらに家には先日オークションで落札したネイバーフッドの
半袖ワークシャツが届いていた。今回の落札物のほとんどを
「yahooかんたん決済」で済ませているので、出品者の入金
確認が一日ずれてしまい、商品が届くのもそれだけ遅れてし
まう。今日届いたブツは、意外にパリッとしたシャツで、夏に
着ると暑そう。ただ、綺麗なシャツなのでお買い得感たっぷり
の一品だった。

ネイバーフッドの半袖ワークシャツ色が生成りっぽい色で夏らしい感じがするが、あまりにも生地がしっかりとしすぎているネイバーフッドのワークシャツ。これも暑いだろうな。5250円で落札。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.08

stereophonicsのプレオーダーに当選。久々にジョギングした。

 起床し、このGW中の日課となっているウォーキングに
出かけた。昨日のライブ中から何となく涼しくなってきたし、
これまでの毎日のウォーキングの連続で体もだいぶ出来
上がっていたので、歩くのではなく、走ってみることにした。

 3年前に急に、血圧が急に高くなったと同時に動悸が発生する
という自律神経失調症を併発する発作を起こして以来、全然
ジョギングすることを医者から止められていたので、全然走って
いなかったが、かなり体調が戻ってきたような気がするので、
思いきって走ってみたら大丈夫だった。かなりゆっくりだが、
いつもなら1時間かけて歩くところを35分で走りきることが出来
た。一般の人にはショボイことだろうが、これはかなりうれしい。
 昔は10km~30kmのマラソンを全国各地で走っていたので、
このままで行けば今年の秋口あたりから、マラソン復帰でき
そうだ。心なしかここ最近の運動で体も引きしまってきた。
 ジョギングから戻ってくると、6月14日にIMPホールである
Stereophonicsのライブのプレオーダーの当選通知が来てい
た。このバンドを知っている連れは回りに一人もいないので
一人で参戦。楽しみだ。さらに夢番地からは7月23日、24日
にある「SETSTOCK’05」の先行発売の案内もきていた。こち
らは広島とちょっと遠いが、23日には100sとくるりが出る。誰か
と一緒に参戦することがほぼ決定している。楽しみだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.05.02

2005年5月2日(月) チケットをいろいろと発券

 帰宅後は月9「エンジン」を見た後に、近くのファミリーマート
までチケットを色々と発券しに行く。6日の出張で利用する
岡山・津山行きの高速バスのチケットを発券するのがメイン
だったが、5月13日にメレンゲの代わりに参戦することに
した磔磔のサンタラのチケットも発券しておかなければな
らない。さらに、今日事務所に戻ってきてたまたまcaravan
のライブを探していたら、6月18日に横浜で曽我部恵一と
一緒にやるライブを見つけたので、レビルと参戦すること
にした。

サンタラのチケット5月13日京都磔磔のサンタラのライブのチケット。はたして19:00開演に間に合うか?整理番号が結構良いのに驚いた。実際はぎりぎりに到着するので関係はないが。


MellowLightYokohamacaravanと曽我部恵一が出演する「Mellow Light Yokohama」のライブのチケット。この二組だけが出演するのがいいのだが、そのほかにも二組も出演するらしい。

 Mellow Light Yokohamaはたまたま見つけたのだが、この組み
合わせはなかなかおいしいんじゃないか。余計な二組が出てくれ
なければなお良いんだが。
 さらにMYデジポケを見ていたら、5月29日ZEPP OsakaのJack Johnson
のチケットをまだ発券していないことが判明した。このままだと
忘れてしまいそうなので、とりあえず発券しておくことにした。
7月までのライブの予定はほぼ決まったが、あと予定しているのは

・6月14日(火) IMPホール STEREOPHONICS(プレオーダー結果待ち)
・7月18日(月) bonobos 心斎橋クラブクアトロ(crisp先行申し込み予定)
・7月19日(火) the band apart BIGCAT(一般発売待ち)

あとは、フジロックやサマソニなどに興味をそそられているが、なんせ高い。
本当はフジロックに3日間とも参戦したいところだが。

JackJohnsonすっかり忘れていたJack Johnsonのチケット。このライブも知らない間にソールドアウトになっていた。前からわかっていたが、今考えてみると結構いい整理番号。だからといって前方で聴くような音楽でもないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.30

2005年4月30日(土)風味堂のライブチケットをget。crisp5月号が届いたが

 ハナレグミのライブ終了後、そのまま森ノ宮駅前の
ローソンの前で19:00になるのをまつ。今日は、先日
のNEW BREEZEのFlyerで書いてあった、NEW BREEZE
来場者限定の7/15の風味堂のライブチケット先行予約
の日だ。19:00きっかりにローソンチケットへ電話したが、
しばらくはつながらず、3分ほどで無事につながった。

風味堂のチケットまさかこんなに遅い番号だとは思わなかったが、行きたいと言っているやつも多いので、4枚確保しておけばいいだろう。



 こうなると、後は予約番号を確認して、そくロッピー
で発券するだけだ。比較的スムーズに予約番号
getまではいったが、ロッピーで別の女の子二人組が
なにやらチケットの検索をしていやがる。「早くしろよ」
と思っていたら結局何もせずに引き上げたので19:05
頃に発券終了。しかし、整理番号は期待したものとは
大きく違っていた。一応4枚抑えておいたのだが、それ
ぞれ400番台一桁からの連番になっている。どうやら
イベンターであるキョードー大阪が400枚の枠を押さえ
ているようである。ちょっとがっかりした。まあ、こんなこ
ともあるわいな。
 その後はシンスケと心斎橋まで移動し、明日の競馬に
そなえて、ノートパソコンを事務所にとりに行き、しばし
tiny南船場店とmotown大阪で服を見て回った。
 帰宅すると、早くもサウンドクリエーターの会員誌
crisp5月号が届いていたが、これまでで史上最低ともとれる
ラインナップに、こちらもがっかり。かろうじて7/18のbonobos
のライブぐらいが興味をそそられたぐらいだ。


crisp5月号う~ん。せっかく会費を払っているのにこのラインナップではがっかりだ。もうちょっと頑張ってくれよ、サウンドクリエーター。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.23

「音泉祭り!」に申し込み完了しますタ

かねてからサンボマスターが出演することで
参戦の議論を重ねてきた6月4日(土)大阪城野外
音楽堂の「音泉祭り!」だったが、昨日スクービー・ドゥー
とbonobosの出演が決定したのでレビルとともに
参戦することにした。

とりあえずこれで、出演アーティストはサンボマスター/
スクービードゥー/畠山美由紀/浜田真理子/bonobosの
5組に。音楽の種類はバラバラだがこれでチケット代2500円
はおいしいだろう。4枚申し込んだがおそらく余ったとしても
全てさばけると思われる。サウンドクリエーターのweb会員
先行予約で申し込んだが予約番号の末尾がー55○という
番号だったので500番台ぐらいになるのだろうか。これで
あれば野音では半分より前の席を確保できると思う。この
春一体何回野音に足を運ぶか数えてみたら、都合、すで
に1回行った分も含めて6回になる。これだけ行くとさすが
に雨の日も数回は出てくるのだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.17

2005年4月17日(日) チケットが奇跡的にさばけた

 すでに入手していたライブチケットで5月13日のメレンゲのライブ、
5月7日のなら100年会館での東京スカパラダイスオーケストラ
のチケットをオークションに出した。

 すると、まずバイク屋Qから連絡があり、「Aさんルートでほしい
子がいるから取っといてくれ」との連絡が。さすがに整理番号一桁
前半なのでいつかは売れると思っていたが、定価以下は覚悟して
いただけにこれは大きい。早速オークションの取り消し。
 さらにスカパラのチケットも今日一緒にまさよしのライブに行った
デグがスカパラのライブに興味を示し、家に帰ってスケジュールを
確認したところ「行く」とのことだった。こちらもまだチケットが売れ
残っている状態なので売れるかどうか心配だったが、定価で売れて
よかった。かなり助かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.14

2005年4月14日(木) 期待していたTAHITI80だが

 家に帰るとTAHITI80のライブのチケットが届いて
いた。net-flyerの先行予約でらくらくgetしたのは
よかったが。

tahiti80ticket05なんか消化不良でがっかりのTAHITI80のチケット。



 昨年も同じ方法で40番台という良番をgetしていた。
しかし、今年は、先行予約が始まった瞬間に申し込ん
だというのに、結果は70番台であった。かなり期待し
ていただけに残念。去年は土曜日で、今年は金曜日
という日程にもかかわらず人気がでてきたということ
か?確かに新作「Fosbury」が発売されたが、これま
での作品ほどではないという評価なのだが。まあクア
トロなら70番台であればほぼ希望の位置に陣取る
ことが出来るとは思うが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.08

100sのプレオーダー結果

 たった今、100sのライブのプレオーダー結果が
飛び込んできた。
結果はなんばhacth→○、チキンジョージ→×だ。
 CD購入者優先の先行予約でもチキンジョージの
分に落選するぐらいだから、もともとかなり狭き門
だったに違いない。

 4月23日に一般発売されるらしい。当日発売で
GETできる自信があるにはあるが、めんどくさい
からやめだ。金曜日のライブだが、仕事と重なら
ないように上手くスケジュール調整する必要が
ある。
 さあ、昼飯でも食いにいこ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.04.06

2005年4月6日(水) まさよしのチケットが届いたが、なんじゃこれは

 帰宅するとGREENSの先行予約でとっていた
山崎まさよしのなら100年会館のチケットがよう
やく届いた。
 しかし、そのショボさに愕然。何がショボイかと
いうとそのチケットの紙種だ。

山崎まさよしライブチケットこんなにショボイチケットは初めてだ。チケットというよりは昔の切符。「愛国→幸福行」切符のような風情を感じる手抜きの一枚。

 なんだか昔の国鉄の硬い切符のような感じで
ある。しかも席も後ろの方で全然よくない。
すでにeplus先行などのチケットが届いているよ
うであるが、それらの席番に比べても完全に負け
ている。かなり行く気が失せてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.04

まだちゃんと胸に響いてくる

 朝から岡山出張。今日もまたもや寝不足気味。一日3時間
程度の睡眠が続くとさすがにつらい。なんとか岡山までたどり
着かなくてはと思いながら運転する。8:30に出発とやや遅かっ
たので道もずいぶんとすいていた。

岡山県の案内板見えにくいが今日行ったのはちょうど真ん中あたりの「現在地」と書いてあるあたり。美作追分のPAにて。

 途中眠気に襲われてはと思い、スネオの曲を聴くというよりは
歌いながら運転。バター犬では寝てしまいそうだったので。昨日
までのモヤモヤとした気持ちは晴れてはいないし、神経が張り
詰めている感じ。遠くの空には雲間から青空がのぞいている。
その方向へ向かって車を進める。「アオイソラ」から「スピード」
のくだりがiPodから流れてくる。やはり胸に響いてくる。涙がこ
ぼれそうになる。まだまだ大丈夫のようだ。それにしても好きに
ならないようにしようとする努力は、好きになることの数倍の
パワーがいるな。こりゃ大変なこっちゃ。もうちょいで本気に
なりかけた。危ない危ない。まあ、心配せんでもそのうち3人称
の自分が圧勝するだろう。
 ここ2年ほどカラオケに行っていない。かなり歌ったので少し
気分が晴れてきた。到着した頃にはすっかり春の陽光が眩し
く、体全体が包み込まれているようだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.03

2005年4月3日(日) NHKのTRと、とある日記を拝見して

 この二日間、色々と考えるところがあって、最近ではまれにみる
非常に内向的な過ごし方をしてきていた。本当は家に持ち帰った
コンサルの宿題に手をつけなければならないところなのだが、
やはり昨日同様なかなか手がつかず、何気なくテレビをつけたら
NHKのトップランナー(TR)でハナレグミの永積タカシが出ている
回の再放送が放映されていた。

 番組内では「家族の風景」などを演奏していたが、興味を引い
たのはスーパーバタードッグの活動停止にいたるくだりで、名曲
「さよならcolor」の出来上がった秘話のあたりだった。永積タカシ
によると、もうS・B・Dでできることはすべてやって、このまま黙って
続けることが怖くなった、だからこの曲を書いたと。「サヨナラは
終わりのようで、実際は始まりなんだ」という、切ない曲に載せた
メッセージは、自分でも曲を書いていて涙が出てきたという。
ちょうど、とある暖かい日記を拝見し、見てはいけないものを
見てしまったという、やや悪かったなという気分になっていたとき
だっただけに、この「サヨナラから始まる」というメッセージはなぜ
か胸に強く響く。最近色々な出来事が同時に起こって、一人でも
がいていてもなかなか気持ちが晴れないところで、ぐるぐると
「サヨナラCOLOR」の歌詞が頭の中で駆け巡っている。ここまで
「書くという行為」によってようやくカオスから脱出する糸口が見え
てきたような気がする。頭の中を整理するのは大変だ。書くしか
方法がないって感じか。
 明日の岡山出張の車中でもヘビーローテーションになりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.04.02

2005年4月2日(土) crispとnAtchnEt4月号が届いた

 狙いをつけていたチケットの発売ラッシュも一段落。サウンドクリエーター
の会員誌crispとGREENSの会員誌nAtchanEt4月号が手元に届いた。
両誌ともに入会して一年。先月にこの1年分の会費を納入したばかりだ
が、両誌あわせて5500円。この一年間この恩恵にあずかってきたか
は微妙なところかも知れない。

crisp2005年4月号crsipとnAtchnEt4月号。今月号はGREENSのほうが圧倒的に魅力的なものが多い。

 通常ライブチケットの発売は
 ファンクラブ先行→イベンター先行(関西ならGREENSやサウンド
クリエーター、キョードーosaka、SOGOosakaなど)→イベンターの
web会員先行→ローソンのクレジットカード会員先行→eplus、
チケットぴあなどのプレオーダー→一般発売の順なので、このイベンター
の会員になっておけば、ファンクラブなどの席よりは後の番号になるが
ほとんどのライブでまずチケットを取ることができる。しかし、月に
よって魅力的なライブがある場合とない場合の落差が大きすぎる
という難点がある。
 さて今月号であるが、サウンドクリエーターは完全にハズレ。おそらく
B’Zの神戸の公演が目玉なんだろうが全く興味がない。GREENSも
微妙だ。the band apartの7/19BIGCATの公演分が追加であるのに
興味があるぐらいか。the band apartは6月の大阪分をすでに購入済み
なので、それに行ってから、もう一度行きたくなったら行くことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜにスネオヘアーなのか?ちょっとまじめに考えてみた。

 クライアントさんのところには車で行ったので道中はiPodで音楽を
聞いた。5日にはスネオヘアーのライブがあるので予習がてら久々に
聞いた。
 スネオヘアーをはじめてみたのは一昨年の夏だから、コアなファン
からしてみれば遅いほうだ。なぜかそれ以来観察を続けるようになっ
た。なぜか?それはスネオと年が近いということもあるのだろうが、
当時スネオの作っていた楽曲が、自分の当時の状況にあまりにも
マッチしていたからだ。「共感」という語が適切か。

 最初に見たのはフェスだったが、そのときは客も知っているのは
ごくわずかで、なんとかしてメッセージを伝えようと必死に演奏して
いる姿が印象的だった。次に行ったのが確かその年の名古屋の
ワンマンだったと思う。このときも客のノリはいわば「最悪」に近い
状態で、異常におとなしかったため、スネオはまるで自分に言い
聞かせるように必死で歌っていた姿が強烈に印象に残っている。
ちょうど「A WATERCOLOR TOUR」のときだったので、「アオイソラ」
から「スピード」へと曲が進んでいくところで、俺には感極まって
スネオが涙しているように見えた。
 このときから「こいつはなかなかええぞ」と本格的に思い、過去
にさかのぼって徹底的に曲を聴いてみた。するとどの曲も見事
に、POPな曲調ながらもやや屈折した焦燥感とその中に見える
前向きな姿勢が表現されているではないか。遅咲きのミュージ
シャンにしか出せない、なんともいえない内向的な詩は、当時
どこを向いても閉塞感しか感じ得なかった自分と見事にマッチ
していた。その後ライブに足を運んだこと数知れず。中にはハズレ、
やっつけライブもあったが。
 最近のスネオは確かに、自らも言っているとおり、「前向き」感
を出そうとしているが、それでも、まだまだ自分のポジションを
決めかねているような戸惑いのようなものが見て取れる。ちょうど
俺も職場を変わって視界が開けてはきたが「さてどっちへいけば
よいのか?」という状態にいるのとよく似ているような気がする。
 誰かに自分のことをもっと良く知ってほしいと思ったときには
スネオを聞いてくれというのがいいのかもしれない。青臭いと
いわれるだろうが「アオイソラ」から「スピード」のくだりで何も胸
に響かなくなったときには。。。そのときにはそれがピュアな心を
封じ込めた「オトナ」になったということか。今回のライブもスネオ
の本質的な部分に変化があるのかないのか、そのあたりを楽し
みにしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAZZのCDのmp3化がほぼ終了

 昨日は夜遅くまで話し込んでいたのに、いつものように
6:00前に目が覚めてしまう。寝不足というか睡眠障害な
のかもしれないが結構事態は深刻。今日は朝からコンサル
があるが眠気と格闘しなければならない。
 最近ちょこちょこと作業をしていた、手持ちのJAZZのCD
のmp3化の作業がほぼ終了。しかし、この作業をしている
途中で、ずいぶんと持っていたはずのCDがなくなってい
ることに気が付いた。
 例えばMILES DAVISの超代表作の「Kind of Blue」や、
Bill Evansの「Sunday at the Villlage Vanguard」などだ。

 もうこれらのCDは誰に貸したのかは全くわからない。
さらにいうと、フリッパーズギターの再販前のオリジナルの
CDなどもとっくの昔に手元からなくなっている。一体どこに
いってしまったのか。誰に貸したのか。
 JAZZのCDのmp3化は大体終了し、結局10G分ほどまた
mp3が増えたが、これでようやくPCでも落ち着いてJAZZを
聞ける環境が整った。しかし、音ログで表示させるとき、
ジャケットを上手く表示することができないものが多すぎる
のが難点だ。タイトル名などの正確な名称への修正作業
が必要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.01

えらいこっちゃ。SWEET LOVE SHOWER2005extraが知らない間に

 今日も一日事務所で作業。外部との連絡が必要な仕事は
午前中に済ませて、午後からはひたすら事務所内のPC系の
ライン組み換え作業を行う。ウチの事務所内には同じフロア
に3~4社ほどが同居していることもあって複雑怪奇な配線
になってしまっている。それらの配線をひとつづつばらしながら
PCの場所を変更する作業を行ったが、奇跡的にトラブルもなく
全てが上手くいった。
 その途中で、「なんぼなんでもぼちぼちSWEET LOVE SHOWER
2005extra
」も発表になってるやろうと思い、FM802のHPを見て
みると知らない間に発表されていた。

SLSextra-free2005のチケットSWEET LOVE SHOWER2005 extra-freeのチケット。130番台ならかなり前で見れそう。出演は、サスケ、スカボンタス、Fumas、メレンゲ、doris、sports、東京エスムジカ、フジファブリック。去年のサンボマスターのような強力なメンツはいないが、これで無料はかなりお得。

 いつの間に発表されたのかは全然わからないが、どうやら昨日
からチケットの引き換えが始まっているらしい。今日あいにく
事務所に「SWEET LOVE SHOWER2005spring」のほうのチケット
は持ち合わせていなかったので、会社が終わって自宅にいっ
たん帰宅してから、引き換えに必要な「SWEET LOVE SHOWER
2005spring
」のチケットをもって、再度なんばCITYのチケットぴあ
へもどった。このチケットは控えの早いもの順で席が決まるので
まさに早い者勝ちなのだが、一日遅れの控えでもなんとか良番
をgetできた。本当は帰りにholstein/the band apartのライブに
ぶらっと行く予定だったが、当然キャンセルした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.31

2005年3月31日(木) 営業回り、民生外れる

 今日は朝から中央官庁の出先機関へ出向き、事業報告書
の最後の打ち合わせ。これでだいたいのアウトラインが確定
したのでようやく長きに渡った事業に一区切りをつけることが
できる。
 午後からは堺の新規のクライアントさんのところで打ち合わ
せ。担当者の方へ一通りのコンサルティングのすすめ方の説明
を終えてからは、一通り工場内を見学させてもらう。それほど
複雑な工程ではないのでシステム構築もうまく進みそうだ。
 一日外回りだったのでややお疲れ。まっすぐ帰宅。家に着くと
チキンジョージの奥田民生のライブチケットのプレオーダーに
落選した旨のメールが届いていた。

 奥田民生のチケットは、crispの先行予約でなんばhatchの
開催分はおそらくいい番号がとれただろうが、予約はしたが
結局発券はしなかった。いくら会場が近いなんばhatchだと
はいえ、平日にわざわざ見に行くほどのものではないとの
判断からだ。土日に行われるライブなら行ってもいいかなと
思い神戸チキンジョージ開催分に申し込んだが、やはり甘
かった。それほど無理をしていきたいライブでもないので別に
落選してもどうってこともないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mixiというものを始めてみた

 最近音ログの「同じアルバムを聴いているメンバー」と
いうのを見て同じアルバムを聞いている人たちがどんな
音楽を聴いているのかをぶらぶらと眺めていることが多
かったのだが、その中である方の自己紹介のところに
「mixiやってます」と書いてあったので、「なんじゃこれは」
と思って検索してみたら、どうやら色々なコミュニティを
作って、そこでみんな楽しむものらしい。
 恥ずかしながら、これまでmixiというものの存在すら
知らなかったので、面白そうだなと思い、そのサイトの
方に招待してもらった。(ハッシーさんありがとうござい
ました。)

 なんとか今日になってとりあえず簡単な自己紹介と
このブログを日記として関連付けるところまではできた。
そのほかにも機能が色々合って、トコトンまで遊べる
ような内容らしいが、いまいちどうやって使いこなせば
よいのかが全く把握できていないので、これからボチ
ボチ勉強してみようと思う。特にライブなんかによくいく
方たちと交流できれば面白いのだが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

JAZZのCDをmp3に変換する

 サッカーの試合を見ながら平行して、手持ちのCDを
mp3に変換する作業を始めてみた。
 邦楽系や洋楽系はたいがいのCDは変換済みなの
だが、後はJAZZ系のCDを残すのみ。

 試合が始まる前に色々と物色してみたが、思っていた以上
にたくさん持っている。高校のときから少しづつ買いためてきた
ものなので知らず知らずのうちにたまっていたようだ。最近は
音楽もiPodかPCでしか聴かないので。これを変換しておかないと
この先聞くこともなく忘れ去られてしまうところだった。
PCの中も126kbのビットレートでの変換にもかかわらず100G
近くのmp3ファイルになってきた。この週末はもう一度いるもの
といらないものの整理をしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.30

RUSHBALL 7にANATAKIKOUが出演

 4月1日に大阪バナナホールでワンマンライブがあったANATAKIKOU
がRUSHBALL 7に出演が決まったようだ。その日のANATAKIKOU
のライブは競馬惨敗により回避したのだが、今度のFESで見れると
いうのはなんだか得した気分だ。

 一応GREENSの先行予約に申し込んでいるが、大阪城野外音楽堂
のキャパと去年の状況をみても、まずは間違いなく抽選に外れること
は考えられない。これで800円台という格安のチケット代金は本当に
お得だ。当日の天気が晴れることを祈るだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.29

当たり前だがTAHITI80のチケットGET

 今日はTAHITI80の6月の大阪公演のnet-flyerのチケット
先行予約の抽選日だった。当たり前だが、当選。これで
この夏までの大事なチケットは100sを除いては全て確保
できた。

 問題はその整理番号である。去年も同じようにnet-fler
の先行予約で申し込んで、土曜日のライブのチケットで
整理番号が40番台というすさまじい良番だった。しかし、
確かあの時は、プレオーダーが始まってすぐに申し込ん
だわけではなく、ギリギリに申し込んであの番号だった
記憶がある。
 今回はプレオーダーが始まって秒札で申し込んでいる
ので、これまでのチケットgetの経験から言うとさらなる
かなりの良番を期待できるが、果たしてどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.28

2005年3月28日(月) buddaheadというバンドのライブの無料モニターに当選したが

 家に帰ると、ちょっと前にメールで応募したbuddahead
という来日バンドの無料モニターに当選している旨の
メールが届いていた。
 このbuddaheadというバンド、名前を聞いたことすら初め
てなのでもちろん音も聞いたことがない。事務所のすぐ近く
の心斎橋クラブクアトロであるので、何となく申し込んで
いたのだが、申し込んだことすらすっかり忘れていた。
しかも大問題が発生している。

 といってもサッカーバカの俺にとって問題なだけなのだが。
30日(水)にライブがあるが、この日は大事な大事な日本代表
対バーレーン戦があるではないか。ライブは19:00頃から開始
だが、ちょうどキックオフあたりの時間に重なる。こういった無料
モニターに申し込んで、当選したにもかかわらず、そのライブに
いかなかった場合は、以後の無料モニターに当選しにくくなる
ということを経験則として感じているので、とりあえず最初だけ
ライブに顔を出して、後は近くのスポーツバーででも観戦する
とするか。とりあえずビデオで録画しておくのだけは忘れない
ようにしないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.26

2005年3月26日(土) 今月も競馬でボコられますた。ACIDMANの先行予約の案内がきたが

 今日と明日は家でじっくりと競馬をしようと思っていた。昨日の
うちに今月の当面の資金60KをPAT口座に振り込んでおき、明日
も今日の結果で、もちろん増やして高松宮記念と思っていたのだ
が。
 しかし、なんでこんなに当たらないのか。そんなに穴狙いを
しているわけではないのに。今年に入ってとにかく絶不調だ。
今日も9R分ほどやってわすかに二桁配当のレースを2つだけとっ
てきっちり60K全額やられた。これで明日の資金が枯渇した。とい
うか4月の給料日まではお預けだ。

 もし、明日やるとしたらわざわざ道頓堀WINSまで行かなくてはなら
ない。ひそかに明日はスリージェムとゴールデンロドリゴで激穴狙い
をたくらんでいたのだが。
 それにしてもどうして当たらないのか不思議である。去年となんら
予想ルーチンは変えていないのに。もう神様が「やめとけ」といってい
るとしか考えられない。理解不能なほどかみ合わない。この流れは、
思えば去年のCBC賞を取り逃してからずっと続いているようだ。もう
ちょっと買い方の視点を変えてみて、定まってからでも参戦は遅くな
い。暇なときにでもちょっとデータ分析してみよう。
今日の結果を受けて、明日のANATAKIKOUのライブに行く気が完全に
失せた。やめや。
 今日、夢番地のメールでACIDMANのライブの先行予約の案内が
来ていた。ASIDMANのライブは熱くて、なかなか見ものなのだが、
一緒にやるのがMo'some tonebenderとback drop bombだ。これは
俺が望んでいるライブとはちょっと違うライブになりそうなので、残念
ながら今回は回避が妥当だろう。あくまでACIDMANのワンマンを
待つことにする。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TAHITI80の先行予約に申し込んでおく

 今日と明日は久々に競馬をやる予定だ。そのために朝から
我が愛用競馬ソフトTarget JVに「競馬最強の法則」のチェック馬
を登録する作業を行う。これをしておかないとなんか不安なので、
とりあえず毎月の恒例の作業として行っているような感じ。しかし
結構このチェック馬が来るので要注意なのだが、そのようなときに
来るかという法則は見つかっていないので、勝ち組には回れない
でいる。
 今日は12:00からTAHITI80の6/10心斎橋クラブクアトロのライブの
先行予約があったので、一応、秒札で申し込んでおいた。

 このeplusやらチケットぴあやらのプレオーダーは内部での抽選の
仕組みがどうなっているのかはよくわからないが、もし応募者多数で
の抽選とならない場合は、おそらく先着順で、しかも決済の早い順で
整理番号が割り振られると思われる。今日申しこんだプレオーダーは
今回の大阪でのTAHITI80のチケット予約では一番早いはずなので、
応募者多数でない限りはかなりの良番が期待できるはずなのだが。
 この後は9Rまでの間に病院に行って薬をもらいに行くことにする。
競馬の参戦はその後だ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.03.24

2005年3月24日(木) 一応先行予約をしておいた

 家に帰っていろいろとチケットの発売状況を確認。
もう、この春の分はたいがい入手済みかプレオーダー済み
なのであるが、春の大一番のひとつである、100sのプレオーダー
がまだ残っていたのでとりあえず申し込んでおいた。
 さらにいろいろと探してみた。

 ちょうど奥田民生のライブのプレオーダーをやっている。
このライブのチケットはなんばhatchでの分は、先日
crispの先行で予約したのだが、チキンジョージの分は
crisp先行予約もなかった。チキンジョージの分は5/22
の日曜日なので、もしこれに当選したら行ってみようかと
思う。やはりどうしても平日はあまりライブには参戦した
くない。もう歳なので翌日がしんどいしんどい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブになぜ行くのか?刹那的な音楽との付き合い方

 昨日のライブに行って、帰り際にずっと考えてみた。、ここ最近
取り憑かれたようにライブへ参戦しているが、なぜそんなにライブ
に行きたくなるのだろうか。ひとつは飲みに行ったりすることのない
ので他にやることがないため、ライブハウスが近所にいっぱい
あるため、それともうひとつは「本当にいい音楽に出会えない
ものか」というのをずっと探し求めているからだというのも
あると思う。
 俺と同じように30代の半ばで一人でライブに来ている人も
たくさん見かけるが、その人たちもおそらくはそんな心境なのだろう。
倉木麻衣が卒業論文のテーマで「LIVE空間の考察」というのを
書いたらしいが、それによると俺なんかはどのように分析される
のかは興味深い。

 最近は特に若手と呼ばれるバンドのFES系のライブにもできるだけ
積極的に参加している。しかし、それらに出てくるバンドの多くは
個性がなく、どれを聞いても一緒に聞こえてくるというのがほとんどだ。
しかもそれらに一貫しているのは「刹那的」で多くはThee Michel Gun
ElephantやSNAIL LUMP、HI STANDARDなどの影響を明らかに受け
ているギターロックバンドの連中だ。これだけ多くのバンドを聞いてくる
とそれこそ、俺からすればどれもがマンネリで、聴いた瞬間に忘れてい
く、「使い捨て」の音楽だ。Number Girlの影響を受けてきちんと解釈し
きっているバンドならまだましなほうだ。具体的に例を挙げると、昨日の
Sound Scheduleやストレンジヌードカルトもそうだし、OUTRAWもそんな
感じ。去年行った分だと、アジカンやTHE BACK HORN、LUNKHEAD、
ART-SCHOOL、BACK DROP BOMB、cune、アナログフィッシュ、
ストレイテナー、サザンハリケーンあたりが該当するか。これらはどの
曲もどこかで聞いたことのあるメロディーライン、ギターの音の使い方、
一本調子で歌詞が全く心に響かないなどの共通点が見て取れる。
「タテのり」で着地した瞬間に、地の底に消えていく感じが非常に刹那的
だ。はっきり言ってこういうのはガキが聴く音楽だというのを昨日強烈に
感じた。(メレンゲは徹底的に「青臭さ」を追求しているところが、個性
があってよいし、歌詞も青臭さ満載でなにかしら心に響くものがあるだけ
十分に聞くに値するとは思う)
 時間と金が限られている以上、やはり取捨選択というよりは真贋の
見極めが必要なのだなと昨日のライブに参戦して感じた。これから
行くライブでたまにはこういったバンドに出くわすこともあるだろうが、
そんなときは軽く流すしかない。
 もちろん音楽との接し方は人それぞれだが、俺が今本当に探して
いるのは、全身(頭での理解も含めて)で音楽を受け止めなければ
ならないような緊張感や、逆に「ヨコ揺れ」で全身をビートにゆだねら
れるような音楽なのだ。そうやって体に音楽を染み込ませていくの
が俺の音楽のスタンスなんだなあと再確認した次第である。
 本当にいい音楽を聴いていく努力をしていかなければ、いつまで
たっても音楽が心に響いてこない。そんなことを昨日のライブ帰り
の電車で深く考えてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.23

ようやくTAHITI80の大阪公演が発表された。

 さっき届いたnet-flyerからのメールでようやくTAHITI80
の大阪公演の案内が載っていた。この春の大々本命で
ある。しかし、予想していた6月12日(日)ではなく6月10日(金)
だ。これは意外だった。net-flyer先行が26日(土)の12:00~
なので忘れないように申し込まないと。
 ついでに100sのプレオーダーの案内も載っていたが、これは
明日から。忘れないようにしないと。今のところeplusの
一本勝負なので。 

 ついでに「buddahead Japan Tour 2005」の「無料ご招待」の
案内も載っていた。海外からわざわざやってくるのにチケット
が売れてないんか。。。いわゆる「無料モニター募集」と同じ
扱いだ。このbuddaheadだが、全く聞いたこともない。案内に
「虚空を彷徨うコールドプレイ」と形容されているらしいので
UK系の音か。それなら行っても退屈することはないだろうと
いうことで「10組20名」とあるが一応応募してみた。3/30(水)
の心斎橋クラブクアトロだからちょうどいい。
 今日は心斎橋DROPでfuzz maniax(メレンゲ、ストレンジ
ヌードカルト、OUTRAW、SOUND SCHEDULE)の日だ。19:00
の開演までまだ一時間ちょっとあるので、もうちょっと事務所で
ゆっくりして、えっちらおっちら歩いて行くことにしよう。しかし、
明日は直行でプレゼンに行かなければならないのだが、その
重い荷物はどこにおいておこうか。それだけは迷っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひたすら仕事。RUSH BALL7に一応申し込んでおいた

 別に何もない。一日中雨降りの暗い水曜日。いつものように
普通に事務所で仕事。たんたんとミスもなく明日の営業プレゼン
用の資料作りに明け暮れる。
 時間配分が良かったのかあわてることもなく黙々と作業をこな
すとちょうど終業時間の17:30になっていた。明日の準備は万全。
後はシナリオどおりにプレゼンテーションをするだけ。
 昨日は予想通り5月16日(月) スペースシャワー列伝 
第五十巻記念(心斎橋クラブクアトロ、セカイイチ/髭/アナログ
フィッシュ)のプレオーダーに当選していた。

 当選するのは当たり前といえば当たり前だが、昨日セカイイチ
を見たばっかりなので、うれしさも全然ない(カード代金がどんど
ん増えていくだけのような気がする)。髭は注目している。
アナログフィッシュには全く興味がないが、この後SWEET LOVE
SHOWER springでお目にかかることになる。それにしても今年の
SWEET LOVE SHOWER springのメンツはしょぼすぎる。この後の
5月22日に同じ大阪城野外音楽堂である「RUSH BALL7」のほうが
むしろ出演者はいいんじゃないか。GREENSのwebで既に先行発売
しているので一応申し込んでおいた。料金800円代というのが
魅力だ。
 朝は昨日と同じ話題だった。朝から元気が出る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.20

MP3ファイルを分割してみた

 今日は一日完全に自宅にこもって休憩をとることに決めていた。
競馬中継を垂れ流しながら、朝から晩まで思う存分ダラダラと
すごしたのだが、そんな中、引き続きPC内のMP3ファイルの整理
だけは行った。
 MP3ファイルの中で、例えばライブ盤のようなものは、曲と曲
の切れ目がないものがたまにあるが、それらをMP3にしてもやはり
デカイサイズのMP3が一つだけできてしまって、例えばシャッフル
機能等で「1曲だけ聴きたい」というときに不便なので、なんとかな
らんかと考えていたが、「Audio Editor」というソフトで何とかなりそう
だった。

 このソフトは「窓の杜」からフリーでダウンロードして入手。適当な
ところに解凍して使うだけだ。ある100MGぐらいのデカイファイルで
実験してみた。このファイルは20曲分が一つのファイルに入ってい
るのだが、最初は使い方がわからずにエラーが何回も出てくる。
しかし、オンラインマニュアルを読むと一気に解決。1つのファイルを
複数個に分割する際に「編集点リスト」のところに、作業後に生成される
ファイル名もきちんと指定してやることを忘れていた。
 後は実際に音楽ファイルを聞きながら、「このタイミングや」と思う
ところで「編集点」を設定していくだけである。なんだか昔FMを
テープでエアチェックしているときに、曲がフェードアウトしていくタイ
ミングとDJのしゃべりが始まるタイミングの合間を計る作業によく似
ている。このソフトだと、「空白無音部分」が検出されないと、結局は
自分で、カットする「編集点」を決めていかなくてはならないのだが、
「空白無音部分」が設定されているファイルだと自動的に「編集点」
まで探してくれるので非常に便利だ。結局20曲分を分割するのに
1時間ぐらいかかったが、我ながら上手く分割できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.19

2005年3月19日(土) いよいよ訳がわからなくなってきたのでこれから参戦するライブを整理

 今日またもや衝動的にチケットを買ってしまったので、いよいよ
これからどのライブに参戦することになっていて、どのチケットが
まだ届いていないかもわからんようになってきたので整理しておく。
 その前にこれから当面プレオーダー等で抑えておかなければ
ならないチケットの整理から。

☆是非参戦したいライブ
 ・6月上旬 TAHITI80の大阪でのライブ
    →日程がまだ決まっていないのか、もしかしたら
     大阪では今回はやらないのか?発売日等に十分
     に注意する必要がある。心斎橋クラブクアトロの
     スケジュールを見ていると6月12日(土)あたりが
     空いているのだが。
 ・7月→ 100sのライブ
     8日(金)なんばhatchか9日(土)神戸チキンジョージの
     どっちか。できればチキンジョージがいい。3月24日12:00
     よりeplusのプレオーダーに全てをかける。ぴあのプレ
     リザーブ情報にも注意。

☆できれば参戦してみたいライブ(ANATAKIKOU以外はどれも京都
  なので平日仕事帰りはどれも時間的に厳しい) 

 ・3月27日(日) ANATAKIKOU(バナナホール)
 ・4月21日(木) 高鈴(京都Live Spot RAG)
 ・4月27日(水) ゲントウキ(京都磔磔)
 ・5月13日(金) サンタラ(京都磔磔)
           →メレンゲを回避しての参戦になる。GREENSの
            情報に注意

ついでに今年参戦済みは今のところこんな感じ

済 1月10日(月) 曽我部恵一   心斎橋クラブクアトロ
済 2月21日(月) スピッツ     フェスティバルホール
済 2月27日(日) スガシカオ    なら100年会館
済 3月12日(土) 斉藤和義    奈良ネバーランド
済 3月17日(木) Polaris      大阪BIGCAT
済 3月21日(月) BEGIN      万博公園東の広場

以下は確定もしくはプレオーダー中のライブ。

 3月22日(火) ROCK AROUND KOBE(セカイイチ/Lost in time)
                    神戸チキンジョージ
 3月23日(水) fuzz maniax supported bay smart
        (SOUND SCHEDULE/メレンゲ/ストレンジヌードカルト/OUTLAW)
 4月1日(金) HOLSTEIN     心斎橋クラブクアトロ(2500円)
        (with WRONG SCALE/the band apart/JOURNAL SPY EFFORT)
         →チケット未入手なので、給料日以降に現金で購入予定。
 4月5日(火) スネオヘアー   なんばhatch
 4月8日(金) ゴーイングアンダーヘアー  神戸チキンジョージ
        (GOING UNDER GROUND、スネオヘアー、音速ライン)
 4月16日(土) NEW BREEZE  大阪城野外音楽堂
 4月17日(日) 山崎まさよし   なら100年会館(チケット未到着)
 4月30日(土) ハナレグミ    大阪城野外音楽堂
 5月7日(土) SWEET LOVE SHOWER 2005extra  大阪城野外音楽堂
          →まだ発表されていないが、果たしてあるのか?あれば昼間
           は参戦。チケット引き換え日にソッコーで要引き換え
         東京スカパラダイスオーケストラ    なら100年会館
 5月13日(金) メレンゲ      十三ファンタンゴ
          →今のところはサンタラではなくこっちに参戦する形
 5月14日(土) クラムボン     神戸チキンジョージ
 5月16日(月) スペースシャワー列伝 第五十巻記念 
          ジャパンツアー vol.1 ~酔唄紀行~ 心斎橋クラブクアトロ
         (セカイイチ/髭(HiGE)/アナログフィッシュ)
          →eplusプレオーダー結果待ち。外れるはずがないが。
 5月29日(日) Jack Johnson(with G.LOVE)   zepp Osaka
          →デジポケに預け中
 6月5日(日)  the band apart           club massive

とこのような感じ。まだチケットを未入手のものや発表待ちがあるので
忘れないようにしよう。上手く土日を使っているか、仕事帰りでもできる
だけ歩いて5分以内で到着するライブハウスを攻める形になっている。
(そのように日程を組んでいるので当たり前だが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またもやチケットに手を出してしまった。大丈夫か?

 クライアントさんのところで仕事をしているときの昼休みに
暇だったので今日発売のチケットにどんなもんがあるか調べ
てみた。電子チケットぴあやeplusではそれほどたいした
ものは発売されていない。次にいつもは見ないのだが、ローソン
チケットのL'encore先行予約を確認してみた。これは先の
ハナレグミの大阪城野外音楽堂のチケット発売のときに見逃
してしまっていて、後で冷や汗をかいた経験から、最近は
できるだけ確認するようにしているのだ。
 何気なく見ていると、今日19:00から発売のチケットで数件
興味を引くものがあった。

5月7日(土)なら100年会館の東京スカパラダイスオーケストラのチケット5月7日(土)なら100年会館の東京スカパラダイスオーケストラのチケット。ついつい見つけてしまったばっかりに。。。とりあえず地元開催なので押さえてしまった。。。

 前々から気になっていた、the band apartのライブのチケットだが、
吉本興業系のライブハウス「club massive」で行われるとのことで、
通常ならGREENSの先行でとれるのだが、今回はGREENS以外で
取らなければならないのでどうしようかと思っていたら、たまたま
今日の19:00からL'encore(ローソンのクレジットカード会員)先行予約
であるとのことだった。19:00~23:59までなので、見つけてかなり
ラッキーな気分だ。

the band apartのチケットthe band apartのチケット。なんかマニアックな感じもするが音はオトナのロックでなかなか良い。しかし、club massiveは中百舌鳥にあるという。いったいどんなハコだ?

 さらに見ていくと、5月7日(土)になら100年会館で東京スカパラダイス
オーケストラのライブがあるようだった。今年の方針としては「地元で
開催されるものはできるだけ参加する」という方針なので、「これは
行っとかなあかんやろ」と半ば衝動的に思った。なら100年会館での
ライブは、おそらく地元との申し合わせで、土日しかライブが開催され
ないので、どのライブもかなり参戦しやすいのも事実である。
 コンサルから帰ってきたのがギリギリ19:00ちょっと前。時間になる
と早速申し込み作業にかかる。しかし、the band apartは即決で
購入決定だが、スカパラは迷った。万が一のことを考えて、きちんと
売却処理ができそうかどうかも、他の地域のチケット売れ行き状況を
見て、一応購入することに決定。
 ローソンチケットはこれまではWebサイトが異常に重かったが、今週
はかなり改善されているようで、すぐにチケット申し込み完了。久々に
L'encore(ローソンのクレジットカード会員)先行が役に立った。しかし、
最近は、手当たり次第に、金のことを考えずにチケットをむさぼるように
購入してきたので、5月初旬のカードの引き落としが今から恐ろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.18

サンタラとメレンゲのライブの日がかぶっている

 GREENSのHPを見ていたら、5月13日のメレンゲのライブの日に
京都の磔磔でサンタラのライブがあることが発表されていた。
現状「どっちのライブが見たいか?」、もっというと「どっちのライブ
の質が高いか?」と問われれば、これはもう間違いなくサンタラ
である。

 メレンゲの整理番号は惜しくも1番ではない一桁前半なので
普通に行けば最前列確定であるが、サンタラはワンマンのライブ
そのものの数が少ないので、行けるときに行っておかないと
次にいつ見ることができるかわからない。迷うところだ。
 さらにnet-flyer通信がメールできていたので見てみると、5月15日
には、「スペースシャワー列伝 第五十巻記念 酔唄紀行~よいどれ
ツアー~」(セカイイチ/髭/アナログフィッシュ)のnet-flyer先行が
明日の12:00からあるらしい。アナログフィッシュには全く興味がないが
他の2組はなかなか面白そう。
 4月8日に神戸チキンジョージにて開催の「ゴーイングアンダーヘアー」
であるが、もう一組の出演は音速ラインとのことだ。これはなかなか
いい面子が揃ったのではないか。楽しみになってきた。
 それにしてもTAHITI80の大阪公演がなかなか発表されない。まさか
広島と名古屋だけってことはないとは思うが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.09

2005年3月9日(水) いよいよ奥田民生のなんばhatchのライブチケットの発売日だったが

 仕事が終わってからはまっすぐ学園前に戻った。今日は
サウンドクリエーターの会員対象の、奥田民生の5月19日
5月20日のなんばhatch分のチケットの先行予約の日だ。
昨日一応メレンゲとクラムボンで予行演習をしておいたので
万全の体制だ。バイク屋Qにも電話して、二人でGETの体制を
敷く。学園前についてからは駅前のローソンの前で20:00に
なるのを待つ。狙いは5月20日の分である。一人2枚までの
予約が可能だ。

 しかし、今日は昨日とは全然レビルが違った。19:58頃から
電話が全くつながらない。昨日ソッコーつながったのとは
えらい違いだ。とにかくひたすら電話をリダイヤルする。
すでにローソンの前のガードレールに腰掛けて20分ぐらい
格闘していたが、それでも電話がつながらない。
 すると俺の足元にどこからともなく痩せた黒い猫がふらふら
と現われた。駅前で車の交通量が多いところなので「こいつ
俺の目の前で車にひかれんのちゃうか」と思い、そんなの
見たくないので、家に帰るためにバスに乗ることにした。
この頃にはすでに20:30になっていた。
 バスに乗っている間も電話を掛けまくったが、ここでよう
やく電話がつながり、なんとか予約番号をGETできた。
すでに20:35だった。
 早速Qに電話すると、Qは25分頃に予約番号をGETできて、
早速発券したら整理番号は100番台一桁とのことだった。
一気にやる気が失せた。目指すはせめて50番以内だし、
民生のライブも5000円も払って行く気は全くない。
 結局今日はローソンで引き換えずに、今回は流すことにした。
もしこのブログをみてだれかほしい人がいたら、11日まで
なら引き換えが可能なので連絡してくださいな。20日の分
2枚、今なら引き換え可能ですので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TAHITI80が来日するようだが

 今日のnet-flyerからのメールを見ていると「TAHITI80
4度目の来日」とあった。去年参戦したライブの中でも
かなり上位に来るすばらしいライブだったので、今年も
是非行かねばならない。
 今のところ名古屋の公演の分だけが発表されているが
心斎橋のクアトロにもやってくることだろう。本当に楽しみだ。
去年はバイク屋Qのおかげでせっかくの整理番号40番台が
最後尾で入場するという情けなさを味わったので、そんな
ミスは今回は許されない。
 さらに最近「the band apart」というバンドをよく聞いてい
るのだが、近々そのライブもあるようだ。

 the band apartはそれほど知名度は高くないが、CDを
きている限りではかなり良い。その辺の薄っぺらい
青春パンク→青春パンクから発展したただのギターロック
バンドとは全く違う路線で、どちらかというとオトナ系かも
しれない。
 4月1日にはHOLSTEINなんかと心斎橋クラブクアトロで
イベントがあるようなのでそれにとりあえず仕事帰りにでも
参戦する。さらに5月15日(日)にはclub massiveでワン
マンがある。the band apartは普通はGREENSの取り扱い
なのだが、club massiveは吉本系のライブハウス(中百舌鳥
というヘンなところにある)なので吉本興行が直接チケット
をさばくようだ。発売日等がまだ明らかでないので注意して
おかなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.08

2005年3月8日(火) クラムボンとメレンゲのチケットで実験。。。失敗に終わった

 みっちり19:30頃まで仕事をし、ライブのチケットを買いに近くの
ローソン南船場店に向かった。今日はサウンドクリエーターの会員
向けチケットの先行予約がはじまる日だ。今回は5/14神戸チキン
ジョージのクラムボンのライブと、5月13日十三ファンタンゴのメレンゲ
のライブチケットをゲットするつもりだ。ただし、同時刻(20:00)に
スタートするのでバイク屋Qに助っ人をお願いしたが、あいにくバイク屋
のパーティーかなんかで飲んだくれていた。しょうがないのでレビル
に電話して会員番号と予約の電話番号、パスワード等必要な情報を
伝えて手伝ってもらった。

  5月14日クラムボンのチケット5月14日神戸チキンジョージのクラムボンのチケット。もう整理番号を隠すのも難しい番号。一桁の半分より前の番号だ。おそらく負けたのは1人だけ。最前列確実であるが、最前列まで行く意味があるか?

5月13日メレンゲのチケット5月13日十三ファンタンゴのメレンゲのチケット。これも実はクラムボンと同じ番号。一桁の半分より前の番号だ。かえすがえすは痛恨の電話番号+パスワードの入力ミス。最前列確実だが、ファンタンゴの最前列はうるさすぎはしないか。新宿LOFTの最前列ばりにステージは目と鼻の先。

 今回クラムボンとメレンゲのチケットで実験しようとしたのは「整理番号
1番をGETする」というものだった。この2組はファンクラブもなく、電話が
パンクするなんてことはまずないと思われたからだ。
 20:00ちょっと前からコンビニの前でスタンバイ。これは整理番号を聞いて
すぐに発券するため。俺はクラムボンを、レビルはメレンゲを担当。20;00前
から必殺のマル秘電話作戦を展開するために電話をかけ始める。20:00ちょ
うどにつながった。ここから会員番号を入れるところで大苦戦。単純に会員
番号を入れるだけだと思って4~5回ほど入力したがうまく行かない。これで
10分ほどは軽くロスした。おかしいなと思ってもう一度会員誌のcrispを見て
みると、会員番号の後にパスワードも続けて入力しなければならないことが
わかった。すでに20:15頃になっていたが、ここでようやく予約番号をGET。
レビルにもこのことを説明するのを忘れていたので、慌てて電話したら、レビル
はすでに予約番号をとっくの昔にGETしていた。レビルは「おかしいなと思っ
たから、競馬の馬券を買うときに電話で投票するみたいに電話番号+パスワード
を続けて入れてみたらすぐに取れた」とのことだった。さすがである。
 両方の予約番号をGETしたのですぐに発券したら、見事に実験は失敗し
ていた。それも僅差の惜敗である。ある意味鬼整理番号なのだが、これでは
今日の目標を達成したことにならない。
 今日の反省としては、「会員番号+電話番号」の痛恨の入力ミスが全てだ。
それと、サウンドクリエーターでもLコードのない直通の番号は、20:00前からの
マル秘電話作戦が通用しないこともわかった。ちょっと勉強になった。それと
予約番号は関係なく、あくまでも発券した順にチケットの番号が決まることも
今日でさらに確信に近いものになった。
 明日はバイク屋Qが奥田民生のライブチケットGETのための戦いに挑む。
サウンドクリエーターの会員向けのチケット争奪戦のすべてはローソン前から
始まる。この場にいないと整理番号では敗北を意味する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.06

スネオヘアーのチケットが届いたが

 眠い一日だ。なにもする気がおきない。脱力感に体を支配された
ままで久しぶりにボーっとしていたところに4月5日のスネオヘアー
のチケットが届いた。

4月5日スネオヘアーライブチケット4月5日にあるスネオヘアーのライブチケット。整理番号が50番台というのは申し込んだのが早い割にはかなり遅い番号だが、当日は最前列あたりに陣取るつもりは毛頭ない。

 前のライブで配られていたビラに書いてあった日(ライブの翌日)
のしかも結構朝早い段階で入金したにもかかわらず。こういった
イベンターの先行予約より先に発売される場合は抽選でも行われ
るということだとしか考えられない。これも一つの経験としてよく覚
えておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.03

2005年3月3日(木) 久々にナイスなcrisp!

 家に帰ると、サウンドクリエーターの会員誌「crisp」が届いていた。
今月号で入会後1年たったので、15日までに会費を振り込んで延長
しなければならない。さて中身の方だが、久々に俺的には「ええのが
揃ってんなあ」という印象だった。表紙がYUKIの「誇張胸」なのはいた
だけないが。
 3月号は興味を引かれたラインナップがいくつかあった。

crisp3月号久々になかなかつぶぞろいのライブ情報が掲載されたサウンドクリエーターの会員誌crisp3月号。俺は全く興味がないが他にもYUKIやらHIGH↑LOWS↓などのライブの先行予約もあった。

 先日見た「寺田」のライブで少し奥田民夫を見直した。一度ワンマン
に行ってみてもいいかなと思う。ただし、アコースティックライブじゃない
と興味は半減以下なのだが、今回はどうなのだろうか?
 で気になったラインナップだが
 ・クラムボン  5/6(金)京都磔磔、or5/17(土) 神戸チキンジョージ
 ・奥田民夫  5/19(木)、20(金) なんばhatch
 ・メレンゲ   5/13(金) 十三ファンタンゴ
 ・ゴーイングアンダーヘアー 5/8(金) 神戸チキンジョージ

 最近クラムボンをよく聞くがなかなか良い。行くとしたら土曜日の
チキンジョージの分か?メレンゲはわざわざcrisp先行予約をしなくても
普通にチケットは取れるだろう(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.02

やはりGOING UNDERHAIR(ゴーイングアンダーヘアー)が正式に発表されたか。100sのライブも

 昼過ぎまで事務所で、これまで行ってきた一連のセミナーの報告書
を完成させるための日報の整理に没頭する。そのさなかバイク屋Qか
ら電話がかかってきた。「ゴーイングアンダーヘアー行くん?」とのことだ。
 昨日の時点で正式に発表されていなかったが、今日届いたサウンド
クリエーターの会員誌「crisp」で先行予約があったらしい(俺はそのあと
出張だったで未確認)。早速先着順で受け付けているようなので、Qが
金を振込みに行ったらしい。これで4月8日もライブ確定。

 そういえばナカボウズのブログで100sのツアーの話題が載っていた。
いよいよ100sもライブがあるらしい。この「The Tour Of OZ」はまだ
一部分の日程が発表されているだけだが、「OZ」の購入者の優先
チケット申し込みが既に始まっているらしい。俺は「OZ」を持ってい
ないので申し込めないが、Qに申し込んでおいてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.01

Music on TVで「寺田」のライブをみた

 今日一日は事務所で仕事。風邪も治り、ひたすらアンケート報告書の
修正作業を行う。明日からは秩父へ出張なので、帰りにJTBによって
新幹線のチケットを購入し、ついでに西武の特急券を購入しようとしたら
JTBでは買えないとのことだった。
 家に帰ってスカパをつけるとMusic on TVで2月28日にSHIBUYA AXで
あった「Golden Circle vol.7」~「寺田」のライブの様子を放映していた。

 「寺田」は寺岡呼人と奥田民夫のユニットのことだが、ほかにもミスチルの
桜井、トライセラの和田、フジファブの志村がゲストで出ていた。普段は
奥田民夫なんぞ全く聞かないのだが、このライブ、始まった瞬間に「おもろ
そうやな」と思い、ついつい最後まで見てしまった。普段は「カスチル桜井」
トライセラのどこがいいのかわからんといった感じで、こちらも全く聞かない
のだが、今日放送していたライブはめちゃめちゃよかったぞ。こういうアコギ
一本で仲間が集まって、好き勝手に肩の力を抜いて純粋に「音を楽しむ=
音楽」ライブは聴いている方も幸せになる。この会場にいた客がうらやましい。
アコギ一本で客を楽しませることのできるのが本当に力のあるアーティスト
なんだなあと妙に感心した。ちょっと見直したぞ民夫、桜井、和田さんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ローソンチケットで「ゴーイングアンダーヘアー」を見つけたが?さらにBEGINの激安ライブは?

 仕事中にちょっと休憩している時に、ローソンチケットのL'encore
先行予約のページを見ていたら、4月8日(金)神戸チキンジョージ
で「ゴーングアンダーヘアー」があると書いてあった。(まだ開始さ
れていないが先行予約できる形になっていた)。出演アーティストが
全く書いてなかったのだが、これはまさに去年あった
GOING UNDER GROUNDとスネオヘアーが出るやつではないのか?
確認の意味でゴーイングのサイトとスネオのサイトを見てみたが何も
告知はされていない。さらにサウンドクリエーターにも載っていなかっ
た。ゴーイングはともかくスネオヘアーは見に行きたい気がするが。
両アーティストのスケジュールを見ても、スネオは大阪のラストが終
わった直後だし、その日は空いているようである。
 さらについでにサウンドクリエーターのトップページには緊急発表
としてBEGINの大阪公演の案内が出ていた。

 BEGINの大阪公演はもともと3月21日に予定されていたが、
「弊社の会場とのスケジュール調整に不備があり~」という
理由で、4月2日に振り返られていたのだった。それが同じ日
に万博公園で1500円という破格の値段でライブが開かれる
ことが決まったという。この日晴れていたら是非とも行ってみ
たい。
 この発表の下のほうにはよくみると、「※2/25付の一部スポーツ
紙の記事に誤りがございますのでご注意ください。」との但し書き
がある。さらに大阪城ホールのサイトを見てさらにBEGINの振替
公演の記事を見てみると、 「この公演の経緯に関しましては、
主催者(サウンドクリエーター)より、一部新聞にて「お詫びと
お知らせ」が告知されましたが、この内容について、ホールと
しましては大変遺憾に思っております」とまである。
 22日、23日とドリカムのライブがあるので、前日の
ステージ設営かなんかの理由で使えなくなってしまったん
だろうとは思うが。とにかくなにやらもめたのだろうが、25日付
の新聞が見たくて仕方がない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.02.27

ハナレグミのチケット無事にGET、豪快に風邪引いた

 昨日の晩、結局2:30頃まで飲んでいたので非常に眠い朝を迎えたが、
いつものクセで7:30に目がさめる。しかし、朝起きた時点で体に違和感を
覚える。めちゃめちゃ体の節々が痛いし、頭もボーっとしている。完全に
風邪の症状だ。おそらく昨日病院に行ったときに、だいぶ待たされたので
その間にうつされたのかもしれない。今シーズン初めてで、体が重すぎて
言うことをきかない。しんどいしんどい。
 今日はハナレグミの大阪城野外音楽堂のチケット一般発売日だ。いつもの
ようにeplusとチケットぴあの画面を立ち上げて待機。

 今日はeplusの方でもnet-flyer先行枠のほうのwebページから進入して
待機した。これが功を奏したのであろうか、開始1分経たないうちに進入
に成功し、無事に指定席をgetできた。しかし、チケットぴあの方や、5分後に
eplusの一般画面から進入してチケットの発売状況をみたが、すでに芝生席
のみが残っているという状況だった。整理番号は悪いだろうが、指定席を
getできてとりあえず良かった。大阪城野外音楽堂の芝生席は、最後方の
一番高いところで、しかも平面に設置してあるので、芝生席の前の方に
陣取らないとステージが見えにくい。それに誰かがシートなどを広げて座ろう
もんなら300人ほどのキャパがとたんに100人分ぐらいしかなくなってしまう
非常に狭いエリアだ。後は当日雨が降らないことを祈るのみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.26

COUNT DOWN JAPAN04/05のライブビデオをみて

 競馬の12Rを見てから即寝して起きたら20:00ごろだったので、
何気なくスペースシャワーTVを見ていると、年末の
COUNT DOWN JAPAN04/05の様子が放映されている。つい2ヶ月
ほど前の話だが、ずいぶん昔に行ったような気がする。
 それにしても「良くこんな人ごみの中で聞いてたな」というのが正直
な感想。ダイジェスト版なので各バンド1~2曲ほどしか演奏されない
のだがそれぞれの雰囲気は良く伝わってきている。実際に聞いている
よりも音も綺麗に聞こえる(あたりまえか)

 くるりは30日と31日の2日間出ていたが。合計4曲(ロックンロール、
東京、ばらの花、窓)も流れている。さすがだ。「窓」はこのダイジェスト
版を見てもかなりよい。
 29日は参加していないのでその分も見れてよかったが、「The Band Apart」は
かなり良いのではないか?全然知らなかったのでちょっと聞いてみる
ことにしよう。またYO-KINGのときにバックバンドがサンボマスターだった
のだが、明らかにサンボマスターのほうが存在感大だったのは今と
なっては仕方が無いのか(笑)ええな、サンボの演奏は。ナカボウズは
どこかで映っているといっていたので探してみたが、発見できなかった。
かわりにヒロミックは「麗蘭」のときに黒ぶちメガネでフェンスにしがみつ
いてニコニコと聞いていたのはバッチリと確認できた。
 今度拡大版が放映されるらしいので、そちらの録画をナカボウズに是非
お願いしておこう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.02.24

おもろいライブを見つけたが、どうなんやろうか

 朝の五時に起床し、昨夜の仕事の続きをしてから仕事へ。
今日も電車でヨシテルと競馬の馬鹿話。
 事務所では昨日に引き続きひたすら報告書の作成作業
を行う。合間合間に劇ぱわ2に興じながら(笑)
仕事の途中でWEBを見ていたら面白そうなライブを見つけた。
EGO-WRAPPIN'のボーカル中納良恵が参加している
YOSSY LITTLE NOISE WEAVER」ちゅうバンドのライブが近々
あるようだ。しばらくEGO-WRAPPIN'のライブもないようなので
3月2日の大阪でのライブに行ってみようかと思っている。
チケットもまだ取れることも確認した。ハコも小さそうなので
面白そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.22

とりあえずストレイテナーのチケットを

 GREENSのウェブサイトを見ていると、4月9日(土)に
ストレイテナーのライブが京都磔磔であるらしいので、
その情報を見ていると、web先行抽選予約もあるらしいの
で申し込んでみた。土曜日のライブはのんびりできてよい。
最近、iTuneで持ってる音源を家でも垂れ流ししているのだが
ストレイテナーを良く聞く。こんな音楽ありふれてて聞き飽きた
という印象で、とりたててめちゃめちゃいいと思うわけで
はないが、チケットが安くて、暇がでしょうがなかったら
行ってもいいかなという感じ。抽選の発表は24日らしい。
はずれても別にええか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.21

2005年2月21日(月) SWEET LOVE SHOWER 2005springのチケットを発券した

 スピッツのライブの帰りに、今日はFM802の「SWEET LOVE
SHOWER 2005」の先行予約抽選の結果を確認した。当然
のことながら当選。
 西大寺までブル様に迎えに来てもらい、早速ファミリーマートで
チケットに引き換えてみた。

SWEET LOVE SHOWER 2005spring のチケット意外と遅い番号でがっかりだが、これをもっていれば「SWEET LOVE SHOWER 2005spring extra」のチケットは自力で何とかなる。

 なかなか微妙な番号である。どうやって番号が割り振られるのかは
良くわからないが、今回も抽選結果発表からはそれほど時間を待たずして
すぐに引き換えたつもりであったが、660番台なので結構遅い。入場
するのもだいぶ後ろなので、もしオープニングアクトがいれば間に合
わないだろう。600番台ならば、客席を2分割した場合の、前半分の
両サイドが開いている状態で、そのあたりのどこかには座れると思う。
(中央付近はこの番号では無理)
 ナカボウズもスペースシャワーTVの番組先行でとったらしいが、
こちらはもっと遅く1000番台らしい。去年の俺の番号ぐらいだろうか。
結局のところ、今回の番号の決まり方は、FM802の先行抽選予約に
申し込んだ順番で決まっているものと思われる。俺は結構締め切り
間際ぐらいに申し込んだはずなので。
 この「SWEET LOVE SHOWER 2005」のチケットを持っていると、
その前日に行われるフリーライブ「SWEET LOVE SHOWER 2005extra」
に優先的に入れてもらえるのでお得だ。こちらの番号の決まり方は
「○月○日△△:00からチケットぴあのプレイガイドにて引き換え開始」
という形なので、その瞬間に引き換えれば、かなり前の番号をとること
ができる。俺は去年1時間後ぐらいに引き換えに行って100番台の
整理番号だった。今年も即引き換えだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.18

2005年2月18日(金) 一日中事務所で作業。チケットが到着したが

 今日も一日中事務所で作業。連続セミナーは無事に
終了したが、その残務処理が大量に残っている。セミナー
を受託した場合は、日報をひっくり返してどれだけの工数が
かかり、どれだけの費用がかかったかの収支報告をしなけれ
ばならないし、10回分のアンケート分析もしなけらばならない。
しばらくはひたすら事務作業だ。
 家に帰るとライブのチケットが到着していたが、それは
来週に行われるSUPERCARのチケットではなく、
先週末に落札した奈良ネバーランドでの斉藤和義の
ライブチケットだった。

斉藤和義 奈良ネバーランドのチケット届くまで半信半疑であったがちゃんと取れていてよかった。番号はショボイが小さいハコで聞いてみたかったのでこれで十分。

 先週末にとったのにもう到着するとは早い早い。整理番号は
230番台なので、またしても最後方に近い位置取りだろう。プレ
オーダーにも落選しているので仕方が無いといや仕方が無い。
後ろのほうでのんびり観戦か。
 これに対してSUPERCARのチケットがまだ届かない。オークションで
秒殺されて、早々とお金も振り込んでもらったがチケットが発送
できないのでちょっと心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.17

昨日スペ中を久々に見たが

 昨日は家に帰って何気なくスペ中を見ていたら、転校生として永積タカシが
出ていた。ライブで見る顔とテレビで映る顔の違いに驚かされた。圧倒的に
ライブでの顔のほうがカッコイイのだが、逆にテレビで映る顔はお世辞にも
かっこいいとはいえない。いとうせいこうと「顔が似たもの同士で」といって
いたが、よく考えると身近にいる「かわじろ」もいとうせいこうと良く似てるな
と感じた。
 話し戻って、スペ中の昨日のお題は「著作権」に関してだったが、アーティスト
でも著作権に関して全然知識が無いのには驚いた。スペ中メンバーだから
仕方が無いのかもしれないが(笑)

 音楽業界での著作権は色々と複雑な様子が良くわかって勉強になった。
一昨年は全然知られておらず、去年から大ブレークした安めぐみがいまだに
あんなマイナーな番組に出ているのもなにかほっとさせるものがある。それに
しても永積タカシは喋りまくりだ(笑)ライブのときと違ってハナレグミではなく
SUPPER BUTTER DOGの永積タカシとして出ているような感じ。池田貴史との
掛け合いは最高。特に放送当番で最後に二人でDJをやっていた時には漫才
を見ているようだった。はやくバター犬再開してくれよ。(二人はBUTTER DOG
と呼んでいたな)。
 スネオはまた太ったか?変なヒゲを蓄えているところが異様に映った。永積
タカシに「今日はダンディー路線で行こう」と指示していたことも、番組の後半
で永積タカシから暴露されていた(笑)永積タカシが「あれ、そのジャージ「長岡」
って書いてあんジャン」と突っ込まれて、「はい、長岡大手でございます」と最近
よくやる敬礼ポーズで答えていたのにはわろた。スネオが着ていた「長岡大手」
と書かれたルコックのジャージはスネオの出身校の長岡大手高校のものと
思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.14

2005年2月14日(月) ハナレグミの先行予約に落選。

 家に帰って、ハナレグミの先行予約の抽選結果を確認してみたところ、
なんとハズレていた。SOGO大阪のweb先行予約だったので、ほぼ当選
するものだと思っていたら大間違いだった。慌ててローソンチケットの先行
予約やeplus、チケットぴあのプレオーダーを調べてみたが、ローソン、eplus
はすでに昨日に終了していた。こりゃやばい。

 残るはチケットぴあのプレリザーブだけになってしまっていたので、
とりあえず申し込んでみたが、ハズレまくった連中が集結してくるので
かなり自信がない。今回はヤフオクでのgetになってしまうのか?
それにしてもSOGO大阪のweb先行をあてにしていた俺が甘かった。
 当選確認作業をしているときにFM802からメールが来て、「SWEET
LOVE SHOWER 2005spring」の先行予約をしているというメールが
来たのでとりあえず申し込んでおいた。さすがにこちらは外れないだ
ろう。去年も802の先行で取った。去年より数段ショボイメンバーなので
まさかとは思うが。このチケットが取れると、その前日にある
SWEET LOVE SHOWER 2005extra」に無料で参加できるので、こちら
が実は楽しみだったりする。今考えるとかなりのお得だったのだが
去年はJackson vibeやサンボマスターも出てた。今年も有望な若手
が発掘できるのではと期待している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.13

2005年2月13日(日) これから行く予定のライブ

 最近チケットを取る話題ばかりだ。 
 だんだん訳がわからんようになってきた。手当たり次第に空いてる
スケジュールにライブをほりこんでいる。とりあえず整理しておかないと
ライブそのものを忘れてしまうような気がする。

 2月21日(月) スピッツ     フェスティバルホール
 2月26日(土) SUPERCAR   新木場STUDIO COAST
 2月27日(日) スガシカオ    なら100年会館
 3月12日(土) 斉藤和義    奈良ネバーランド
 3月17日(木) Polaris      大阪BIGCAT
 3月22日(火) ROCK AROUND KOBE(セカイイチ/Lost in time)
                    神戸チキンジョージ
 3月23日(水) fuzz maniax supported bay smart
        (SOUND SCHEDULE/メレンゲ/ストレンジヌードカルト/OUTLAW)
 4月5日(火) スネオヘアー   なんばhatch
 4月16日(土) NEW BREEZE  大阪城野外音楽堂
 4月17日(日) 山崎まさよし   なら100年会館

今のところ確定しているのはこんな感じ。ハナレグミの大阪公演の抽選結果や
Jack Johnsonのライブの抽選結果がまだ残っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Rock on the Rock '05」はなかなか良さそう

 愛知県で行われる「Rock on the Rock '05」というイベントが
かなり気になる。クラムボン、bonobos、Caravanなどが出る
ようだ。初春の少し寒い中での野外イベントだが、出てくるメンツを
見ていると、のんびりと春の風に揺られそうだ。いかにもハナレグミ
なんかが飛び入り参加しそうな雰囲気(笑)だれか一緒に参戦で
きる連れがいれば是非とも参加したい。

 このイベントのことは全然知らんかったけど、去年は台風で
中止になったらしいね。「リベンジRock on the Rock '04」って
サブタイトルっぽい案内まで出てる(笑)でも地図を見ると、
車で行かないとちょっとしんどそう。車で行ったらたぶん3時間
~4時間で着くだろうけど、帰りの運転のことを考えると、あん
まり酒も飲めそうにないな。っちゅうか酒飲んだらあかんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、スネオヘアーの「会話」がFM802で流れているが

 ラジオでFM802を聞きながら、PCではiTuneで色々聞いているが
802で今スネオヘアーの「会話」が流れている。なんだか、非常な
違和感を感じる。最近のミーハーな802の選曲に見事にマッチし
ているのがキモチワルイ。スネオの曲も毒気が抜けてずいぶんpop
になってしまったもんだと痛感する。
 アルバム「フォーク」だが、やはり俺の頭の中にあるスネオ像とは
かけ離れたというか、やや背伸びしている印象を受けるので、一度
頭を冷やした方がいいんちゃうか?スネオも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秒殺で斉藤和義3月12日奈良ネバーランドのチケットをゲット

 昨日は寝るのが遅かったが、8;00に起床。今日は斉藤和義の
3月12日にある奈良NEVERLANDのライブチケットの一般発売日
だ。バイク屋Qが寝坊しているかもしれないのでスタンバイをする
ように9:45頃に電話した。
 いつものようにネットと電話からの両方攻撃を仕掛ける準備を
する。通常はタブブラウザで多数の画面を立ち上げておいて、
10:00少し前からひたすらリロードを行い「チケットお申し込み画面」
が出てくるのを待つ方法をとるのだが、今日はeプラス用に3つのie
画面、ローソンチケット用に2つの画面を立ち上げるだけにした。
それにしても今日のローソンチケットの画面ではネバーランド分と
バナナホール分の申し込み画面には電話番号も載っていなければ、
「チケットお申し込み画面」も用意されていなかった。最初からチケット
はないということなのだろうか。
 さらに片手には携帯電話を握り、チケットぴあに電話申し込みを
行う準備をする。これで一応準備はできた。

 10:00少し前からサイトは重くなっている。ひたすら右クリック+Rボタン
で5つの画面をリロード。電話は10:00少し前から「ただ今込み合ってい
ます」のアナウンス。10:01少し前に、eプラスの全ての画面が反応した。
チケット申し込み画面に突入し、枚数を選ぶところで10枚まで選択でき
たが2枚を選択して最終画面で申し込み終了。無事に2枚をとることが
できた。
 即バイク屋Qに電話したら、「すでにチケット販売枚数終了になってるで」
という答えが。10:03にはなくなったようだ。最初のチケット枚数選択画面で
「1~10枚」までの選択ができたので、用意されていたチケットはおそらく
10枚ほどしかなかったのだろう。ラッキーだ。先週の豊橋LAHAINAの分は
結局引き換えるのをすっかり忘れていたが、いまだにチケット申し込みが
可能な状態。和義は関西での人気がほかの地域よりずっと高いのが
よくわかる。それにしてもこの奈良の土曜日のライブをGETできたのはデカイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.12

SUPERCARの新木場SUTUDIO COASTでのライブチケットがお祭り騒ぎになっているようだ

 今日も色々と一般発売があったらしいので、チケットぴあやら
eplusやらのサイトをチェックしてみた。すでに入手していた、
2月26日に新木場のSTUDIO COASTであるSUPERCARの解散
ライブのチケットが売り切れているかどうかを調べてみた。
予想通りSOLD OUT。引き続いてヤフーオークションで売りに
出されている状況を確認する。
 最初に出品されていた数が少なかったのであろうか、今日、明日に
終了するチケットはまさに「暴騰」している。まさにお祭り騒ぎである。

 その後に、今日の一般発売を受けて大量に出品されているが、
どれも今のところはるか定価以上では売れているようである。最初に
慌てて入札した人にはかわいそうであるが、ハコが大きい場合、ちょうど
2週間前ごろには大量に出品されて価格が下がってくるのが一般的な
オークション相場でのチケット価格の状況である。今回も最初に入札した
人は、まさかこんなに大量に出てくるとは思っていなかったのだろう。
しかし、今のところはお祭り状況は続いているようである。俺の持っている
チケットはB170番台2枚だがどのくらいの順序で入場できるのだろうか?
 このチケット、入手してみたはいいが、ナカボウズも当日別のライブ
があるし、レビルも東京遠征はめんどくさいといっているので、あと数日は
誰か一緒に行けるヤツを探してみて、ダメだったらオークションで出そうと
思う。一応、もしこのブログを見て「一緒に行ってもいい!」という奇特な(?)
女性の方がいれば募集でもしておこう。「26歳以上33歳以下、明るい方、
音楽の趣味が合う方、できれば写真プロフィールつきで「美人!」か「かわ
いいね」ってよく言われる方ってことで(笑)ちゅうのは冗談。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

まだfuzz maniax3月23日心斎橋DROPのチケット買えるやんけ

 チケットの一般発売が終わったあとの「残り福」を頂く方法として
チケットの引き換え期間終了後すぐに、もう一度ローソンチケットの
番号に電話してみるという方法がある。今日は3月23日に心斎橋
DROPである「fuzz maniax supported by smart」のチケットの引き
換え期限なので、その後の「未引き換えチケット」分の再発売を
調べようとしたが、残念ながらローソンチケットもeplusもチケットぴあ
のサイトも「×予定枚数終了」のままだった。しょうがないので
GREENSのサイトを見ていたら「残りわずか」と書いてあったので
とりあえず電話してみた。

fuzz maniax supported by smart整理番号は70番台ではあるがその前には先行予約で200人ほどはいるはずである。どうせ後ろで見るので全然かまわないのだが。

 このサイトの「コンサート情報」から「exhaustive schedule」に進む
と全ライブの情報が見れるが、ここで「fuzz maniax」のページに
入りローソンチケットのLコード付きの電話番号のほうに電話してみる
と普通につながった。なんやこれは?「GREENS枠」のようなものが
用意されているのだろうか?他のライブでも、web上では「予定枚数終了」
となっているが、実際に電話してみるとまだチケットが取れるというのが
いっぱいあるのではないだろうか?あきらめずに最後まで粘れということ
か。また一つ勉強になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.09

暖かい一日。NEW BREEZEのチケットを交換

 一日中アンケートの集計作業や、その他の雑用が続く。
14:00前に遅い昼食に出かける。今日はなんとも穏やかな
暖かい日だ。なんとなくもうすぐ春がやってくると実感できる。
 久しぶりに南船場のもも焼定食屋「一夢庵」でもも焼定食
を食べた。相変わらず旨い。今年の初めに立てた目標で
「ご飯のおかわりはしない」と誓ったにもかかわらず破って
しまった。
 いつもは飯を食う時間も含めてだいたい昼休みは20分以内で
済ませるが、今日は近くのローソンに4月16日(土)に大阪城
野外音楽堂で行われる「NEW BREEZE」の先行予約チケットを
発券しに行った。おとといオークションで整理番号を500円で
購入したのだが、おそらく一般発売になっても売り切れること
は無いと思われる。

NEWBREEZE2005のチケット毎年このNEW BREEZE出演者から多くの新人がメジャーへと駆け上っていく。今年は誰がそうなるのか?

 ただ、今回は早く参戦することを確定させたかったことと、
大阪城の野音はできるだけ前で見るのがベターだという
ことは明らかなのがわかっていたので、とっととチケットget
を済ませることにしたのだ。今回も多くのアーティストが
参加していて、正直名前も知らないのがいるが、特にcaravan
は大注目だ。去年のMINAMI WHEELの時に堀江のknaveまで
足を運ぶことができず見れなかったので、今回は楽しみに
している。他にも風味堂、MAMALAID RAG、toboccojuiceが
出るのはうれしいではないか。
 チケットを発券すると、「自由席」という文字が目に飛び込ん
できた。指定席だとてっきり思い込んでいたが、自由席は微妙に
席取があるのでつらい。ただ、整理番号順で入場することに
間違いは無いので、できれば前の方で見たい。
 チケット発券後に南船場界隈をぶらつきながら事務所まで帰る
道中が、陽気も手伝って非常に心地よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.07

2005年2月7日(月) ハナレグミのライブの先行予約に申し込む。ヤフオクで先行予約券をget

 家に帰り、いろいろとPCに向かって作業を行う。今日は正午から
SOGO大阪でハナレグミの4/30大阪城野外音楽堂であるライブチケット
の先行発売があるので、とりあえずそれに申し込んでおいた。SOGO大阪
のweb先行はやったことが無いので果たして当選するものなのかどうかは
全く不明であるが、大阪城野音は後方の芝生席も入れるとおそらく2000人
以上は入るだろうから多分大丈夫だろう。
 ネットを見てたら、FM802の名物DJヒロTがナビゲーターで毎年行われ
ている「NEW BREEZE」のチケットの先行発売が、すでに6日のヒロTの番組で
終わっていたことを知ってちょっとショックだった。

 この「NEW BREEZE」は毎年大阪城野外音楽堂で行われていて、チケットが
1500円と格安なのが特徴。基本的には、これからブレイクすると思われる若手の
アーティストを呼んで来て行うライブだ。過去には、キンモクセイ、直太朗(現在の
森山直太朗)、ORANGE PECOEなどが出ていたときに、俺もそのチケットはgetして
いたが、雨が降りそうなので回避したという痛い思い出もあった。
 今回は4月16日(土)開催なので、3月に入って一般発売があるのだが、それまで
待つのもめんどくさいので、オークションで、先行予約の受付番号を500円で
落札して、今のうちに確保しておくことにした。
 今回の「NEW BREEZE」はCaravan、tabaccojuice、風味堂、MAMALAID RAG、
シガキマサキ、明星などが出演予定で、俺的にはかなり期待している。このイベント
の後に開催される「SWEET LOVE SHOWER2005 spring」の現在発表されている
参加アーティストの数倍は期待できる。オトナの音楽イベントになりそう。特にcaravan
は楽しみである。
 とにかくハナレグミも「NEW BREEZE」も野音なので雨が降らないことだけを祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.06

2005年2月6日(日) Polarisやらセカイイチやらのチケット購入

 最近ライブに行っていないので、近場で面白そうなライブを探していたら
忘れていた分やらがあったので、とりあえず購入することに。
チケットを確保したのは
 ・3月17日(木) Polaris            大阪BIGCAT
 ・3月22日(火) LOST IN TIME/セカイイチ 神戸チキンジョージ
の2回分。
 どちらも平日で思いっきり仕事のあとなので時間通りに参加できるか
どうかはかなり微妙だが、遅れてでも参戦するつもり。たぶん4月からは
仕事もかなり忙しくなりそうなので、平日でライブにいけそうなのは
3月ぐらい。この時期にとりあえずいけそうなのは押さえておいた。

Polarisのチケット今のメンバーでは最後になるPolarisのBIGCATのライブチケット。ホールで聞く職人芸を堪能したいものだ。

 後はハナレグミの日比谷公園での野外ライブのプレオーダーに
保険をかける意味でeプラスのほうで申し込んでおくぐらいか。
当選するかしないかは別にして、eプラスでとりあえず申し込んでおく
ことは、後で当選の取り消しができるので損はない。と思ったら今日の
18:00でプレオーダーは終了していた。orz。
 ハナレグミの大阪公演はSOGO大阪のWEB会員先行→L'encore会員
先行(ローソンチケット)→eプラス、チケットぴあプレオーダーと何回も
チャンスがあるのでたぶん大丈夫だろう。
それよりは来週の斉藤和義の奈良ネバーランドのほうが大事だ。ただ、
奈良で見れなくてもなんばhatchやらチキンジョージやら関西での公演も数多く
あるし、どうせどっかにはいけるだろう。特になんばhatchは大丈夫だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.05

斉藤和義のチケット予約の予行演習

 土曜の朝はチケットが多く一般発売されるが、今日は斉藤和義のチケット
の一般発売の日だった。今回の斉藤和義のツアーは小さなハコばかりで、
本命は来週に一般発売される3月12日奈良ネバーランドの分だが、周りで
5人ほどプレオーダーに申し込んだが、誰一人として当選していない。(唯一
ブログの記事にコメントをつけてくれたでこさんのみ)
 今日は10:00から東海地区の一般発売があったので、来週の予行演習と
取りやすそうか取りにくそうかの判断をしようと試みた。狙いは一応行くか
行かないかは別にして、3月26日(土)の豊橋LAHAINAの分である。

 10:00少し前より、ローソンチケット、チケットぴあ、eプラスのWeb先行と、
ぴあの電話申し込みの4つの手段でチケットGETを試みる。10:05ごろになって
ローソンチケットで無事にゲットできた。かなりあっさりと何の苦労も無く取れた。
どうやら豊橋の分は土曜にもかかわらず人気が無いらしい。
 幸いにも店頭引き換えのローソンチケットだったので、引き換えるかどうかは
これから検討することにする。今13:00前だがチケットぴあを見ると本日発売の
東海地区のどの会場もまだチケットが売り切れていない。本格的に人気凋落
傾向か?斉藤和義も。確かにファンが固定化されていてコアなファンが多すぎる
のも人気凋落の一因かもしれないが、それにしても寂しい限りである。
 しかし、奈良ネバーランドは来週はおそらく即完売するだろう。大阪、京都から
も近いし、ハコもせいぜい入って300人と小さい。おまけに土曜日だし、なにより
あそこのハコに一度でも行ったことがある人は、あの狭さにもう一度足を運びた
くなるという不思議なライブハウスだ。来週はとりあえず頑張ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.04

2005年2月4日(金) iTuneの整理が全然終わらない

 引き続き家ではパソコン内のmp3ファイルの整理をiTuneで続けている
がこれがなかなか終わらない。毎日、帰宅してからはひたすらmp3の整理
をしては、そのうち眠くなってきて寝るというパターン送り返しだ。すっかり
0:00までに寝る習慣がついた(笑)そもそもmp3ファイルの管理をiTuneを
使ってはやっていなかった。iPodを真面目に(?)使用するためにはやはり
iTuneで管理できるようにしないと使い勝手が悪い。

 これまで適当にmp3に変換しては、適当にフォルダを使って保存してい
ただけだったので、アーティスト名が一文字ずれているヤツや、曲番号が
入っていないもの、ジャンルが全然違うものが設定されていたものなどを
修正する作業は結構大変だ。ようやく7000曲、34.25G、21.4日まで整理
することができた。後40G分ほどこれから整理をしていかなくてはいけない。
 当然、俺が持っている第二世代iPod20Gには収まりきらないので、一度
全部カラにして再度入れ替えてみようと思う。プレイリストも作らなければ。
先はまだまだ長い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUPERCARのプレオーダーの結果に、スガシカオのチケット到着

 家に帰ると、メールで2月26日(土)に新木場のSTUDIO COASTである
SUPERCARのeプラスのプレオーダーに当選したとの結果が届いていた。
SUPERCARは去年のツアーで行きたかったのだが、日程が合わずに断念
した経緯があったが、今回はいきなり解散ライブとのことである。
 ナカボウズからは、おそらく、やんごとなきヒロピーとのお泊りデートのために
bighead横浜別宅(メンテナンス中)を使用できないとの連絡があったので、
適当に宿を探すか日帰りで参戦することにする。
 さらに、封書でスガシカオの2月27日(日)になら百年会館であるライブの
チケットが到着していた。応募していたこともすっかり忘れていた。

スガシカオなら百年会館チケット今回のスガシカオはいつのまにやらすっかり申し込んでいることすら忘れかけていた。しかし、いびつな座席配置のなら百年会館のPゾーン最前列とはいえ、今回も残念。orz。

 座席番号はというと写真にもあるように「1FPゾーン」とあったので、早速
ネットで座席表を確認してみたが、「何じゃこの席は?」というのが第一印象。
1Fとあるが「こんなもん1Fとはいわんやろ」と思わず突っ込みたくなる
席だ。ブロックの中では最前列なのがまだましだったが、あまり期待はして
いない。残念。
 この敗北にちょっとムッときたので、ほかにもおもろそうなライブはないか
探した。特に外タレを探してみたが、Jack Johnsonのライブが5月31日(日)
にZEPP OSAKAえあるようなのでとりあえずプレオーダーに申し込んでみた。
今年は年初から、Stingやホール&オーツ、Brian Adamsなど、俺のような30代
も半ばの人間にはうれしいライブが目白押しだったが、一つも参戦していない。
さらには4月にはNorah Johnsのライブもあるが、こちらもSold Outなので、
5月末にでもいっちょ参戦してみるかという考えだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.02

Polarisの坂田学が脱退ってか。今月号のcrispもアウト

 スペシャモバイルでPolarisのドラム坂田学が脱退すると
最新音楽ニュースで書いてあった。またオフィシャルウェブサイト
にもかいてあるように、3月25日のライブが最後のようだ。3月17日の
BIGCATライブは行っておかなければならないな。今後はハナレグミや
原田郁子との活動が増えるんだろうか?いずれにしても職人集団の
一人が欠けるのは痛い。
 同じくスペシャモバイルでは春のSWEET LOVE SHOWER 2005spring
の出演者の一部が発表された。Jackson Vibe、ストレイテナー、BEAT
CRUSADERSなどが出るとのことだが、今のところ全然興味をそそられ
ない。
 家に帰るとサウンドクリエーターの会員誌crisp2月号が届いていたが
またしてもハズレ。全くいいライブがない。ここ最近、金の無駄遣いを
しているような気がしてならない。

crisp2月号サウンドクリエーターの会員誌2月号。なんで表紙が松任谷由実やねん。すごく期待していただけにorz。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音ログを立ち上げたままiTuneのパーティーシャッフルモードで音楽を流しっぱなしにしてみた

 終業時間近くになって、比較的暇なのでこれをかいている。
今日は家を出るときに、PCの電源を落とさずに、音ログを立ち上げ
てiTuneで音楽を流しっぱなしにした状態で家をでた。演奏対象は
iTuneのライブラリに登録されている全アーティストの全アルバムで
パーティーシャッフルにしてどれが流れてくるかわからないようにして
家をでた。
 今どの曲が家で流れていて、どんな曲を流してきたかは、俺の
ココログのトップページの右サイドバー最上段にある
「Now on air from my iTune!」の「bigheadの履歴一覧」を見れば
確認可能だ。リロードするたびに抽選しているみたいでなかなか
面白い。

 これを確認してみると、「偏ってんなあ!」というのが第一印象だ。モノ
によっては同じアルバムから5曲以上も流れてきているものもある。現在
ライブラリに登録しているアルバム数は200をゆうに超えているので、
明らかに偏っている。しかも、普段では絶対に聞かないアジカンや
佐野元春、ジュディマリ、ブリグリなんかが流れているのを見ると
かなり恥ずかしい。バンプまであるぞ(笑)(どれも普段は全然聞か
ないが、一応音源だけはある。)ジャンルは多種多様だが、こうやって
見てみると、無駄な音楽ファイルが数多くPC内に眠っているようだ。
いったいどういうルーチンで曲が選ばれているのか知りたい気がする。
早く音ログの「お気に入り」から「ブリリアント・グリーン」は消えてくれ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.02.01

2005年2月1日(火) GREENSの会員誌が届いていたが

 今日は、昨日の出張でかなり疲れていたこともあって、早めに帰宅。
帰宅すると、GREENSから会員誌「nAtchnEt51号」が届いていた。月初
の楽しみの一つであるが、今回のnAtchnEt51号の先行予約は今までで
一番しょぼかったのではなかろうか。わずかに3本のみである。これでは
全然ダメなのでGREENSにはもうちょっと何とかしてほしいところである。
もうひとつサウンドクリエーターのCRISPももうすぐ届くはずなのでそちら
に期待するしかない。

nAtchnEt51号最近のGREENSの会員誌「nAtchnEt」掲載の先行予約はホンマにロクなものがない。年会費2000円の元はとっただろうが、より一層の充実を望む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.30

2005年1月30日(日) ひたすらiTuneで音楽ファイルを整理

 今日は、昨日のうちに資金が尽きたので、競馬はしない。代わりに
PCが復活したので、借りてきたCDなどでiTuneを使用して音楽ファイル
の整理をすることにした。
 気が付けば音楽ファイルが70Gほどたまっている。その中でも、これは
一生聞くことは無いだろうと思われるファイルを消しまくる。かわりに
借りてきたCDをiTuneを使ってMp3ファイルに変換し、Ipodの中も整理
する作業をした。外付けハードを付け足しても、足りなくなってきている
ので更なる増設が必要か。

曽我部恵一下北沢ライブROSE RECORDから出ている曽我部恵一の下北沢ライブを収録したアルバム。非常にシンプルで、相変わらず上手くない字で曲名などが書かれている(笑)


 昨日レビルに借りたCDの一部を聞いてみた。カフェオレーベル系の
めずらしいCDが多いので、どれから聞けば良いのかわからない。まずは
よく知るROSE rscordの曽我部恵一の下北沢ライブのCDを聞いた。
 アコースティックライブで臨場感が良く伝わってきてなかなか良い感じだ。
年末のCOUNTDOWN JAPANの雰囲気がよみがえってくる。
 まだまだ全然聞ききれないが、少しづつ聞いていって、自分の音楽ジャ
ンルの幅が広がってくれればいいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレオーダー3連敗

 ここ最近ライブチケットのプレオーダーに色々申し込んでいるが、
昨日、今日と抽選があったプレオーダーに全敗した。
サンボマスターの京都礫礫、斉藤和義の奈良ネバーランド、大阪
バナナホール。いずれもハコが小さいし、すでに会員向けの販売
もされていただろうから、実質的にはチケットは無かったと思われる。
 しょうがないので2月26日にあるSUPERCARのライブの解散ライブの
プレオーダーに申し込んでみた。これから春先にかけてのライブチケット
のプレオーダー系はほぼ終了したので、次は春から夏にかけての
ライブを狙っていくしかなさそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.01.29

100sとハナレグミのニューアルバムを聞いた

 朝から散髪に行く。今日の根岸ステークスの話を散髪屋の兄さんとした後は
そのまま病院に。今日はなかなか血圧が低い。寝不足で眠いからだろうか。
 病院に行ってからは、車を止めさせてもらっていた、バイク屋Qとしばし、歓談
Qは今骨折中なので、教え子のギダが来てバイクの修理を手伝っていた。こんな
素人に作業をやらせるとは、めちゃくちゃなバイク屋である。
 Qに100sの「OZ」と、ハナレグミのニューアルバム「帰ってから歌いたくなっても
いいようにと思ったのだ。」を借りて帰って家で聞いてみた。

 全く性質の異なる2枚のアルバム。しかし、どっちもある意味天才といえる
アーティストのアルバムなので、聞き比べると面白い。100sのほうは中村一義
時代とはあまり変わらないなというのが最初の印象。「アルバム」という構成を
大切にしている。ただ、俺にはどうもあの「機械的」な声は「大好き」とは言い
切れないところがある。
 ハナレグミのほうはほぼ生ギター一本のシンプルな曲作り。声で勝負である。
昨年後半にライブなどでやってた曲を歌いなおした感じだ。カバーが多いが、
去年のライブを思い出すことができてなかなかよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.22

風味堂の「ナキムシのうた歌」が全国33のFM局パワープレイとのこと

 今日のスポーツ報知によれば、風味堂の「ナキムシのうた」が全国の
FM局33局でパワープレイを獲得したとあった。
 この記事では「FM802のヘビーローテーションもパワープレイと同意」と
但し書きした上で、「プロデューサー5人全員一致で決めるためあたりが
多いと評判」「デビュー当時のDREAMS COME TRUEをはじめ、
最近では矢井田瞳、元ちとせなどブレークさせたアーティストは数え
切れない。」とある。これだけじゃなく、スピッツも山崎まさよしもスガシカオ
もみんな802からブレイクしていった。

 これまでは、スキマスイッチの「奏」が全国30局でパワープレイになった
のが最高らしい。このときは、FM802は、ずっと昔に「view」をヘビーロー
テーションにしていたので「奏」はヘビロでは無かったと思う。
 最近はショボいヘビーローテーションが多い傾向、というかヘビロ
に独自性が無かったのが心配であったが、この「風味堂」の選択は
なかなかよい。ただ、FM802では去年からかかりまくってたし「今さら」
の感はぬぐえない。それに全国で33局もかかりまくってると、独自性が
あるとはいえないか。
 さてこの「風味堂」だが、ライブはすさまじい。スキマのようにアイドル視
されるような風貌でもないし、全国区になるのはちょっともったいない気が
するが、ライブを見ると「メチャ上手い」というのが第一印象だ。ギターが
ないというのがまたよい。バンド自体はかなり個性的なバンドだと思う。
持ち歌そのものは本来思いっきりスイングしている曲が多いんだが。
 このままいったんシーンから消えて、後は再びじわっと盛り返してくる
ような活躍を期待したい。ライブのチケットが取れなくなるのも困るし。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.01.20

2005年1月20日(木) スピッツのチケットが届いた。ロト6も、また当たった。

 かなりの脱力感のま家に帰ると、2月21日(月)にあるスピッツの
フェスティバルホールでのライブチケットが届いていた。「スーベニア」
はまだ聞いていないが、フェスとは違ってワンマンなので、これまでとは
違って色々な曲を聴くことができるだろう。
 席のほうは、メールの有料会員枠での発券だったので、ファンクラブ会員の
さらに後ろの番号だと思うが、2F席だった。2F席で「あ~あ。見えへんなあ」
と思っていたら2F席の最前列の真ん中辺りの通路横だったので、逆に
見晴らしは結構良いかも。痛いスピッツファンの騒ぎぶりも、ステージも両方見れる
というラッキーな席かもしれない。

2月21日スピッツチケット2月21日にフェスティバルホールであるスピッツのライブチケット。座席表で確認すると番号は悪いなりに良席かもしれない。

 さらに今日のロト6の抽選結果を見たら、いつも買っている5通りのうちの
2通りで1000円が当たっていた。微妙に回収していっているような気がするが、
まだ、大ヒットは出ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.15

くるり岸田のロッキンオンジャパンのインタビューを思い出した

家に帰って、とりあえず、PC内のmp3ファイルの整理を行い、くるりの曲で
IDタグがおかしいものなどを修正したりしていた。
その作業をしているうちに、年末~年明けにナカボウズに見せてもらった
くるり岸田のロッキンオンジャパンのインタビューを思い出した。
 前作の「アンテナ」は、はっきり「あれはクリストファーのアルバムです」
と書いてあったのを思い出し、ちょっと寂しくなった。

記事の中で岸田は

「俺についてこれない人は去るしかない」
「佐藤か俺が抜けたらくるりは終わる」
「「アンテナ」はクリストファーのアルバムといってよい」
「去年のツアーの途中からクリストファーとの方向性の違いは明確に
なっていた」
「クリストファーはロックの様式美のようなものを求めたがる」
「今は純粋にロックができて楽しい」
「「アンテナ」の曲の中で好きな曲と嫌いな曲ははっきりしている」

などといったことが書いてあったように思う。

 思えば、クリストファーが抜けてからはほとんどか変わらないセットリスト
だった。特に「アンテナ」からは「ロックンロール」「How to go」「ハイウェイ」
ぐらいしかしていない。これが岸田の言う「アンテナ」の好きな曲だとする
ならば、今後はもう「黒い扉」や「花火」「Hometown」などの曲をしないことは
容易に想像がつく。クリストファーの遺産は引き継がないというわけなの
だろうか。くるりの別の一面が見事に引き出された名曲だったが残念だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)