« 東京出張 | トップページ | 仙台出張 »

2006.07.24

2006年7月24日(月) 牛タンショック

 明日の打ち合わせのため東京から18:00前の新幹線で仙台
に移動。2年ぶりの仙台。雨が上がったばかりのせいか、
めちゃめちゃ涼しい。こんな涼しさは2ヶ月ぶりぐらいか。
 ホテルにチェックイン後早速国分町に牛タンを食べにクライアント
さんとともに出陣。しかし月曜日とあってか人影もまばら。呼び込み
のネエちゃんたちも手持ち無沙汰そう。いつもの「旨味太助」に
行ったがどうやら移転していたようなので、元祖牛タンの「味太助」へ
しかし、メニューを見て愕然とした。

牛タン定食これが牛タン定食の定番。写真には写っていないがこれにテールスープがつく。飯は麦飯。さらに普通はこれより多い白菜系と野沢菜の漬物が山盛りつく。これで二人前。これまでは牛タンの数がこれの3倍ぐらいはあったはず。ちょっと寂しい。

アメリカ産牛肉の輸入が禁止されてからというもの仙台の牛タン業界も
大きな打撃を受けたとは聞いていたがこれほどとは。これまでに何回も
国分町界隈の牛タンの店には足を運んだが、いつも入店待ちの客で
いっぱいだった。しかし、今では閑古鳥が鳴いている。「味太助」ですら
例に漏れずだ。

牛タンのメニューこれが普通の牛タン屋さんの定番メニュー。余計なものは一切メニューに載っていない。がしかし値段を見てビックリ。定食は1200円だったはずだがかなりの値上げ率になっている。味は変わらずうまいのだが。。。



コストパフォーマンスが極端に悪くはなっているものの、
個々までわざわざ来ているのだから食って帰らないわけには行かない。
いつものように牛タン定食を食し、麦飯のおかわりをして腹いっぱい。
でも正直もっとたくさん牛タンを食べたかった。ここだけの局面を考えて
みると牛タン部分だけでもいいから輸入再開してくれないものかと
切に思った。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51294/11088477

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年7月24日(月) 牛タンショック:

コメント

両「太助」の違いがようわからん。でも前に行ったのは「旨味太助」のほうで、しかもシャッターには「定休日」ではなく、「営業場所移転のお知らせ」の張り紙があった。

投稿者: bighead (2006/07/25 0:49:04)

この前いったのは旨味太助だったんすね。
どっちにしても嘆かわしい。輸入再開キボンヌ。

ちなみに旨味太助は月曜日定休日。

投稿者: なかぼうず (2006/07/25 0:12:38)

コメントを書く