« 2006年4月23日(日) やる気レス | トップページ | 2006年4月24日(月) 飲み »

2006.04.24

死神

にまたも遭遇。俺の家の近所に、まさに「死神」の
風情の爺さんがいるようだ。その爺さんは白髪を
ボサボサに爆発させ、かなりのしかめっ面で、
いつもタバコを吸いながら険しい表情で、猫背気味
にトボトボと歩いている。初めてこの爺さんを見た
時は本当に「ゾッ」とした。小柄で顔色が悪いのに
目が鋭すぎる。小さなころに童話や昔話で出てきた
「死神」のイメージにまさにぴったり合致する風貌。

 この爺さんは色々なところに出没する。俺の家は
大きな交差点の角付近にあり、ちょうど横断歩道の
裏になるが、出勤前に服を着替えているときにふと
目をやると横断歩道を歩いていたり、休みの日の
日中や夕方でもふと目をやるとトボトボ歩いている
のをそれこそまさに頻繁に目にする。
 さらに時には、バスに乗っているときに、最寄の
バス停ではない、全然別のバス亭で、俺が乗って
いるバスが止まったちょうど対面の逆側のバス停
で立っているのを見たりと、まるで取り憑かれたか
のようによく見かけるが、その姿を見たときには常に
不吉な予感が頭をよぎる、というか、悪寒さえする。
それほどに不気味な爺さん。
 今日は最高にビビった。なんと出勤時に、学園前
駅のいつもの列の前に並ぼうとしたら、俺の前を
スーッと通り過ぎていった。なんでこんなところに?
さすがにタバコは吸っていなかったが、「電車に乗る
こともあったんかい」と驚いたと同時に、「ああ今日も
ろくなことないな」と感じた。案の定、早速失敗が発覚。
 朝出勤前に、いつものように事務所近くの郵便局に
オークションの出品物を出しに行き、窓口のA2嬢と
笑顔で挨拶を交わし、エクスパックを買ったまでは
よかったが、肝心の送り先の住所を控えてくるのを
忘れていた。せっかくブツをわざわざ持ってきていた
のに。しかし、こう頻繁に郵便局に行ってるとA2嬢
には「ヘンな人」と思われてるだろう。まあ最近の
唯一の癒しなんで、お許し願いたいところ。
 それにしても、最近、実はあの爺さんは実在しないの
ではないか?そんな気がしてきている。それにしても
恐ろしい爺さん。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51294/9742084

この記事へのトラックバック一覧です: 死神:

コメント

コメントを書く