« やはり甘くはない | トップページ | 暇な一日 »

2006.04.03

2006年4月3日(月) ブログの効用

 昨日から突然ブログを再開した。別にやめようとしていた
わけではないが、忙しくて、一度書かずにおくと、どんどん
日がたっていって書くことがたまってきてしまって、終いには
お手上げ状態。そんな感じでほったらかしにしていただけだ。
しかし、復活第一弾の内容が「ぱいおつ」ネタで申し訳な
かった。

 多くのヤツから「いつになったらブログ再開すんの?」と言われ
続けてきたが、途中、アジカン厨とのコメントのやり取りなど、
微妙な更新はあった(ちょうど右のサイドバーの下あたりに残して
あるが)が、あれはさすがにオトナげなかった(笑)あくまでこの
ブログは備忘録。その上で、読んでくれているやつらが喜んで
くれているようなネタがあったならばそれはそれで結構、ぐらい
のもんだ。
 このブログを書いていなかった間に気づいたことがいくつかある。
ひとつは、人間はいかに忘れやすい動物であるかということ。
ブログをサボっている間にもさまざまな出来事があったはずだが、
それらのことはほぼきれいさっぱりと忘れてしまっているような
感覚だ。これでは学習効果は半減してしまう。それと月日のたつ
のが早いこと早いこと。ブログをつけていたころは「今日一日何が
あったか」と振り返る時間が少なくともあった。しかし、サボって
いる間は「忙しい」という気がなんとなくしていて、ロクに一日を
振り返ることもなかった。この振り返りがないと、本当に月日が
流れていくのが早く感じる。一日を振り返るということはきちんと
一日のけじめをつけるということに他ならないことを痛感した。
一日をきちんと振り返って明日を迎えるけじめをつける手段とし
てのブログには非常に大きな意味があると思う。
 かなりの抜けが発生してしまったが、可能な限りさかのぼって
空白の時間を埋めていければと考えている。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51294/9425895

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年4月3日(月) ブログの効用:

コメント

コメントを書く