« MINTへ | トップページ | 2005年10月12日(水) サッカー日本代表対ウクライナ代表 »

2005.10.12

リペアが

ほぼ完全な形で完成していた。MINTに行った本来の目的は
リペアに出していたSILASのパンツを取りに行くことだった。
最近は腰履きにしてパンツを履くようにもともとサイジングされ
ているケースが多いが、silasのパンツは本来はそのような履き方
が想定されていない。それなのにオーバーサイズで履くから
ヘンなところにクラッシュの跡が出来てしまったのだろう。

リペア前のSILASのsurveyerpantsリペアする前のSILASのsurveyerpants。36という大きなサイズで、股下も長いのでここの部分にクラッシュが出来るのは仕方がないとは思うが、これでは歩きにくいだろう。俺もこのサイズだと結局は腰履き風にはなるが、擦って歩くのは好きではない。


出来栄えをみて安心した。さすがはMINT。いつもココに裾直しなどは
出しているが、よその店で買った分も快くリペアしてもらえるので
本当にありがたい。

リペア後のsilasのパンツ1リペア後のsilasのパンツの裏側。クラッシュしていた部分には細かくミシンを当ててくれてほつれないようにしてくれていた。表からは見えないので、裾をリペアしただけでかなり見た目が綺麗になった。


リペア後のsilasのパンツ2リペア後のsilasのパンツの表側。かすかに裾に擦った跡が残っているが、股下も極端に短くならない程度にカットし、しかも、もともとのミシンの当て方と全く同じ仕様で仕上げてくれた。おそらくこの長さでも俺にとっては少し長いと思うので、どっちにしても徐々に裾は擦り切れてくるだろう。


仕事が速いし、丁寧なので、ここで購入したものではないもの
まで持ち込むことが多いが、あまり持ち込みすぎると「たまには
ウチの店で買ってくれよ」と突っ込まれそうなので、程ほどに
しなければ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51294/6434588

この記事へのトラックバック一覧です: リペアが:

コメント

コメントを書く