« 寝まくり | トップページ | カタログ »

2005.10.08

2005年10月8日(土) サッカー日本代表対ラトビア代表戦

 夜になると目が冴えてきた。久々に今夜は日本代表の
試合がある。東欧遠征の第1弾ラトビア代表戦だが、今日の
目玉はヨーロッパで活躍している選手が小野選手以外は
すべて集まることもあるが、前回ホンジュラス戦でボコボコ
にやられたディフェンスラインがどれだけ修正されているか。

 スタメンは、フランスリーグ、ルマンで活躍する松井が名を
連ねた以外は、欧州組が召集されたときに採用されるいつも
の布陣。前半はさすがにテクニックと運動量で相手を圧倒して
まさに相手を手玉に取る状態で、先制点がラッキーにも序盤
に入ったこともあって楽勝ムードが漂う。特に松井のテクニックと
バランスの取れたポジショニング、稲本の的確なボランチの
カバーリングが光った。
 後半の最初はPKで得た点が決まったこともあって、さらに楽勝
ムードが高まったが、ここから中盤の足が完全に止まってし
まった。攻めるときのイメージはかなり練習の時点から練られて
いたのだろうが、最終ラインと中盤の間がこうも空いてしまった
場合のシチュエーションは想定してこなかったのだろう。ことごとく
セカンドボールを拾われてあっという間に同点にされてしまった。
 今日の布陣はかなり攻撃力のある、ワールドカップでも採用
してもいいような布陣だとは思うが、結局、ディフェンスラインが
修正されていたのかどうかは検証するすべがなかったように
思う。失点のシーンはディフェンスラインだけの責任ではないことは
明らかだ。ただ、今日明らかになったことがもう一つ。代表に三都主
と坪井はもういらない。1対1に弱すぎるし、ポジショニングが悪い。
他のバックアップメンバーを探すべき時期に来ているのではないか?
次戦のウクライナ戦ではチーム全体としてのペース配分と、
守備の意思統一を大切にしてほしい。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51294/6323154

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年10月8日(土) サッカー日本代表対ラトビア代表戦:

コメント

コメントを書く