« リペアが | トップページ | セミナー »

2005.10.12

2005年10月12日(水) サッカー日本代表対ウクライナ代表

 サッカー日本代表の東欧遠征第2弾、対ウクライナ戦。欧州の
一線級のチームとやるのは久々か。今日の先発は前回のラトビア
戦とは変わって、中盤を少し入れ替えたぐらいか。特に松井は
前回、後半のスタミナ切れが目立ったので、後半からの切り札的
投入をオプションとして試したかったのだろう。
 試合はグラウンドコンディションの差もあったのだろうが、これほど
までに一方的なウクライナ代表のペースになるとは予想もしていな
かった。

 日本代表の中盤はボランチの稲本も含めて皆が攻撃的だと言って
も言い過ぎではないだろうが、この攻撃的な布陣の中で、どのように
守備を行って行くのかという点で今日の試合はかなりの収穫があった
と思う。それともう一つの収穫は、終了間際のPKを取られたのは不運
だったが、初召集の川崎Fの箕輪のディフェンス力。チームが弱かった
のでこれまで召集されていなかったのだとは思うが、空中戦の高さや
1対1のあたりの強さなどは、今後大きな期待を抱かせるものがあった。
 それにしてもウクライナというか欧州のチームの底力を見せ付けられ
た一戦だった。ウクライナはシェフチェンコなどのレギュラー組ではなく
いわゆる2軍で挑んできたが、それでも一人一人の技術と、組織力、
当りの強さはすばらしかった。欧州で一番乗りで出場を決めただけの
ことはある。日本にとっても0-1と負けはしたが、よいシュミレーションに
なったのではないか。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51294/6436205

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年10月12日(水) サッカー日本代表対ウクライナ代表:

コメント

コメントを書く