« スケジュール | トップページ | ミス »

2005.09.28

2005年9月28日(水) 暴走ジェニー 斉藤和義×浜崎貴司「海へ行こう!ジェニー秋が来る前に・・・」@ベイサイドジェニー

少し仕事が残っていたので18:00過ぎに事務所を出て、
大阪港へ。今日は『暴走ジェニー 斉藤和義×浜崎貴司
「海へ行こう!ジェニー秋が来る前に・・・」』のライブの日。
ベイサイドジェニーでのライブは初めてだ。開場は18:00から
だったが30分以上遅れて開場入り。今日は司法試験の合間で
暇なベーと参戦。チケットはM4からファンクラブ優先でとった
ものをタダでもらった。

会場に到着すると、予想に反してすでに人であふれかえっている。
女性が多いかと思いきや結構男性も多い。ただ、和義のライブは
いつもそうだが、年齢層は高い。少なくとも1000人以上は入って
いただろうか。

 19:15頃にライブがスタート。トップバッターは浜崎貴司。
セットリストは不明だが、「暗闇でキッス~Kiss in the darkness~」
「風の吹きぬける場所へ」のレゲエっぽいバージョン、「幸せであるように」
など8曲が聴けてかなり良かった。やはり声量があるので歌に
魂がこもっているように聞こえる。FLYING KIDS時代の曲をもう少し
聞きたかったがかなり満足。バイオリンを弾いている佐藤帆乃佳(?)
という名前の女の子は俺としては「激アリ」の部類だ。これだけで満足。
浜崎を見ずにバイオリンの子ばかりに目を取られた。関係ないがココ
のMUSIC映像の「aluto「君の声」」のストリーミング画像で見ることが出来る。
井川遥をかなりコンパクトにした感じで、見ようによっては、俺の家の
近所に住む和歌山系タレント中井裕美っくにも似ているか。
(しかし、こっちのHPも久々に更新されているではないか。いつ帰って
きてたんか全然気がつかなかった。)

ついで斉藤和義。今日は和義バンドだったが、モックソはRISING SUN
で見たときよりもまた太ったか。もうすぐ顔が破裂すると思われる。

(セットリスト)
1.幸福な朝食 退屈な夕食
2.劇的な瞬間
3.裸の俺様
4.僕らのルール
5.ドライブ
6.歌うたいのバラッド
7.FLY-愛の続きはボンジュール!-
8.歩いて帰ろう
9.はぐれ雲

(アンコール)with浜崎貴司

1.C調言葉にご用心(サザン・オールスターズ)
2.スローなブギにしてくれ(南佳孝)
3.上を向いて歩こう(坂本九)
4.オリオン通り

(アンコール2)with浜崎貴司

1.モンロー・ウォーク(南佳孝)

(21:50終了)

なんか肩の力の抜けたいいライブだった。「歌うたいのバラッド」
は今まで何回も生で聞いたが、出来としては一番悪かったような
気がする。肩の力がすっかり抜け切っている分、少し声が出てい
なかったような気がしたが、相変わらず安定感のあるライブだった。
特に浜崎貴司とのセッションではそれぞれの持ち味が出て、学園祭
のようなゆる~い雰囲気がなかなか良かった。
栃木県出身同士で、これまでに何度もセッションしているだけあって
和義のエロトークにも普通についていっていた浜崎貴司の余裕が
さすがと思わせるものがあった。
 11月のワンマンが非常に楽しみになってきた。ただ、zeppという
ハコの大きさとモックソの顔の膨張だけが気になる。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51294/6172218

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年9月28日(水) 暴走ジェニー 斉藤和義×浜崎貴司「海へ行こう!ジェニー秋が来る前に・・・」@ベイサイドジェニー:

コメント

コメントを書く