« 一気に | トップページ | 審査の一日 »

2005.09.15

2005年9月15日(木) 強烈な移動

 それにしても今日一日はかなり強引な移動をした。朝一番で
まずは8:00に横浜線の古淵という駅から出発。そこから車で30分
ほどのクライアントさんのところへ行き、さらに今度は車で青梅の
手前の羽村まで移動。そこで1時間ほど打ち合わせをしてからは、
西国分寺まで出て、武蔵野線で移動。

東葉高速鉄道八千代緑ヶ丘駅今日の最後の目的地、東葉高速鉄道八千代緑ヶ丘駅。ここまで来るのに7時間ほどかかった。西船橋から少し行った先なのに駅から一歩でて郊外へ行くと田園風景の広がるとんでもない田舎だ。首都圏の奥の深さを実感する。


武蔵野線をほぼ始点から終点まで乗ったのは初めてだったが、
強烈に時間がかかる。さすがに俗称「ギャンブル路線」ということ
だけあって沿線には、競輪やら、オートやら、中央競馬やら地方競馬の
最寄駅が盛りだくさん。ただ、どれも開催されていないらしく、電車の
中は閑散としていた。西船橋に着いてからは京葉高速鉄道というのに
乗り換えて、最後のクライアントさんのところの最寄り駅へ。ここまで
来ると自分自身がどこにいるのかさっぱりわからないようになってきた。
ちょうど都内の外回りをぐるりと一周した感じ。そこで1時間ちょっと話を
してから最後の目的地羽田空港へ。羽田では18:40の飛行機で宮崎を
目指すが、どうすれば羽田へ行くのに一番早いかを考えたところ、
来たルートを使うのではなく、北総鉄道という路線を使用すると、北総→
京成→都営浅草線→京急と一本で羽田まで行けることがわかった。
 「白井」という駅から乗車したが、これはくるりの「TRAINROCK FESTIVAL」
という曲に出てくる「印西牧の原行きの急行~」という歌詞の印西牧の原
より少し手前のところだ。それにしても何もない。沿線の風景も都内に
入るまでは田舎そのものだ。岸田はいったいこの沿線のどこに魅力を感じ
たんだとちょっと興味がわいた。

北総鉄道白井駅印西牧の原の少し東京よりの北総鉄道白井駅。夕方の帰宅ラッシュ時だというのに駅にはほとんど人がいない。ニュータウンにある駅の風情だが、かなり寂しい感じ。しかし、ここから羽田空港までは直通で1時間20分もあれば着く。かなり便利。

 羽田空港には出発30分前に無事到着。ここからはJALの便で宮崎空港
まで行って、後は前回と同じように1時間後の電車で延岡まで移動。
結局延岡入りしたのが23:00前になっていた。なんだか朝の8時からずっと
移動しっぱなしのような気がする。しかも移動中はほとんど寝てばかり。
寝てばかりの移動のクセに、疲れだけは全く抜けないでいる。明日の
審査は大丈夫だろうか。


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51294/5965234

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年9月15日(木) 強烈な移動:

コメント

コメントを書く