« 2005年8月30日(火) 勝った | トップページ | 2005年8月31日(水) ライオンとレンホー »

2005.08.31

奈良にて仕事

 朝から直行で奈良市内のクライアントさんのところへ。一日みっちり、
審査を受ける前のシステムメンテナンスのためのコンサルを行う。
 組織は小さいが担当者の方々が非常にしっかりしているし能力値も
高いので安心してお手伝いできるが、過去に、俺の致命的なミスを
許してくれてまで、いまだにお手伝いさせていただいているクライアント
さんなので力が入る。

 車で直行なので、ギリギリまで寝ることができ、体調も万全。
しかし、クライアントさん側は、最近の多忙であまり記録類が整って
いないという状況だった。しかも今度来る審査員が、以前別の
クライアントさんのところで結構細かいことをチクチクと指摘された
ことのある、俺にとってはあまり印象のよくない審査員だと知って
ややへこんだ。とにかく審査まであまり日がないので、しなければ
ならない事項の確認を徹底的に行った。来週にでもまた時間が
あれば確認に行かなければならない。
 時折休憩を交えながら打ち合わせをしていた。いつもの事ながら
休憩時間に喫煙所で担当者の人と話をしてると「結婚しないんですか?」
という話になる。どこのクライアントさんのところに行っても同じだ。
「いやあ、相手探すとこからはじめないとダメですから」とお決まり
の答えをすると「ウチの○○どうよ」と必ず振ってくる。「いやあ、それは
何ぼなんでも、お客さんですから。そこの女の子に手を出すのは
あかんでしょう」といつも答えるのだが、今日からは「いやあ贅沢
言ってられないので紹介していただけるなら本当にありがたい
ですよ」と答えることにした。今日のクライアントさんのところには一人
だけ女の子がいるが、かれこれ4~5年前から知っていて普通に
しゃべる仲だ。今日も部長に「あの子どうよ」といわれて、すっかり最近
「なんでもあり」モードの俺は、一瞬「う~ん、確かにそれもアリかも
知れんな」という考えが頭をよぎったが、すぐに「いや、あかんあかん」
と頭を振って否定した。危ないところだった。ほぼ100%すべての
クライアントさんのところで同じことを言われるので、どっかで自制
しとかないと、逆に暴走してしまうと体も金も持つわけがない。まあ、
一回ぐらいは飲みに行ってみるのはいいかもしれないが。じゃない
と相手のことなんてなんにもわからんだろうから。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51294/5730226

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良にて仕事:

コメント

コメントを書く