« 出張、移動の一日 | トップページ | 2005年7月8日(金) 「ロックロックこんにちは!Ver.Episode-Q」はどうよ »

2005.07.08

鶴岡市内を散策

 少し早く着いたので、同行の主任審査員の先生と一緒に
少し鶴岡市内を散策した。鶴岡市は山形県でも北部で海側
にあるが、すごくコンパクトな町で緑もたくさんある。戦災に
もあってないらしいので古い町並みが今でも残る落ち着いた
のんびりとした、典型的な東北の地方都市だ。

致道館博物館鶴岡市内にある致道館博物館の外観。旧藩主の酒井氏の所蔵品や昔の建物を保存してある。


鶴岡市内の写真をこちらにアップしてます。

 市内には観光名所と呼ばれている場所がいくつかあるが、
それらはほとんどが江戸・明治・大正期に作られた風情の
ある建築物群で、歩いて回れる範囲に点在している。
 時間もそれほどなかったが、致道館や荘内神社、鶴岡公園
などをゆっくりと見て回ることができた。

荘内神社の境内鶴岡公園の中にある荘内神社の境内。緑が一杯で、お堀では少年が釣り糸をたらしている姿が見られた。こんなのぞかな光景はなかなか最近では見られない。

 その間に主任審査員の先生と色々な話をしたが、「修羅場を
くぐらないと、リスク回避のための先の先の一歩を予知し手を
打つ能力は身につかない。若いうちに、それらの修羅場を、逃
げずに努力して乗り越えようとしてきたかどうかが、後で大きな
差になって現れてくる」という大切な言葉を聞いた。その通りだ。
修羅場をくぐっていくということに対して逃げてはいないか?
あきらめて引き下がるクセはついていないか?常に自問自答
していくことが大切だ。恋愛についても完膚なきまでにたたき
のめされるまで逃げずに挑み続けようという姿勢も大事なことな
んだろう。ただ、アクセス不能な状態ではお手上げという気も
するが。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51294/4886129

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴岡市内を散策:

コメント

コメントを書く