« 意外なメールで目が覚めた | トップページ | 2005年6月14日(火) Stereophonics@IMPホール »

2005.06.14

営業の意図を伝える気合

 朝から歩いて5分ほどのクライアントさんのところでコンサル。
なんとなくふわふわした感じでイマイチ集中力に欠けたコンサル
だったが、メニューをあらかじめきちんとして決めて臨んでいた
ので中期スパンのスケジュールどおりの進行で無事に終了。
少し早いので事務所に戻って、先日の説明会に参加していた
だいた企業さんに訪問アプローチの電話をかけた。

 電話をかける前に、うちの大将(上司)から「今回電話をかける
意図をはっきりさせてから電話しろ」と忠告をもらっていた。1件
目の電話を終えたときに早速大将からダメ出し。「なんか中途
半端や。この1回の電話でこっちが伝えたいことを何とか伝え
ようという気持ちが入ってない。意図を明確にして、脅すくらいで、
真剣に話さないと思いが伝わらないぞ」といわれた。確かに、
どうしても「お客様は神様」のような気持ちがあって、こちらの
要望を伝える前に、顧客の要望を先に聞いてしまうクセが抜け
ない。これは日常生活で人と対峙する時とまったく考え方は
同じだ。注意しなければ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51294/4571298

この記事へのトラックバック一覧です: 営業の意図を伝える気合:

コメント

コメントを書く