« トルマリンパワーの枕 | トップページ | ディープな大阪 »

2005.06.06

2005年6月6日(月) 暑い一日。たまねぎ産地でのコンサル

 朝から事務所で色々と雑用をやりバタバタと過ごす。
昼前からは大阪南部の泉南地域にあるクライアントさん
のところでコンサル。
 だらだらと南海電車に揺られて1時間ほどして到着。
そこから徒歩20分ほど歩く。

泉南地域の町並み泉南地域の町並み。暑い一日。物音一つしない、静かな街角。




 今日は気温が30度を超え、すっかり真夏のような暑さ
の一日。旧家が並び、たまねぎ畑が広がる風景の中を
汗を拭きながら歩く。「ここは本当に大阪か」と思わせる
ようなのんびりとした風景と潮の香りとたまねぎの匂い
はなかなか風情がある。
 クライアントさんのところについてからは、若手の担当者
たちと打ち合わせ。小さな町工場のようなところなので、
外の暑さとあいまって、会議室にもコンプレッサーやプレ
ス機の音、機械油の匂いが漂ってきて、ここはいかにも
大阪の下町らしさが漂う。担当者のみんなも前向きで
やる気のある姿勢が見えてなかなかよかった。だしていた
宿題を完全にこなしていてくれたわけではなかったが、
これならば少々の遅れは取り戻せるだろう。
 16:00頃に終了し、事務所に戻る。心斎橋筋に帰って
くるとまた町の喧騒が広がる。なんとも色々な大阪を
体感できた一日。
 家に戻るととりあえず「エンジン」を見たが、強烈に
眠気が襲ってきたので10:00過ぎに早々とテレビをつ
けっぱなしで寝てしまった。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51294/4449613

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年6月6日(月) 暑い一日。たまねぎ産地でのコンサル:

コメント

コメントを書く