« 久々に見かけた | トップページ | 「純情息子」に加入 »

2005.06.29

2005年6月29日(水) 四川料理のフルコース

をいただいた。クライアントの社長さんが前回と同じく、
南森町にある四川料理のお店で接待をしてくれた。
前にいただいたときにはその量の多さに愕然として
最後のほうは味のよしあしの判別も不明な状態だった
が、原因はそれだけではなさそうだ。

ハオツー南森町にある四川料理屋「ハオツー」の入り口。1階はイタリアンレストランで2階が四川料理のお店。もともと民家を改造したような造りなので非常に風情がある。


 四川料理なので、当然味付けは辛い。今日も前菜から
普段口にすることのないような料理がどんどん出てくる。
すでにこの時点で腹は8分目ぐらいまできていたが、それ
にもまして、俺の体にボディーブローで効いてくるのがその
辛さのようだった。昔はこの程度の辛さでは音を上げる
ことなどなかったのだが、日ごろのラーメンでの修行が
足りないようだ。

でっかい餃子中盤で出てきたでっかい餃子。皮がむちむちで口に入れると肉汁があふれる。しかし、四川特有の唐辛子もしっかりと効いている。




マナガツオのフライラス前あたりで出てきたマナガツオのフライ。こんな料理普段絶対に食べない。俺の舌のレベルではどれだけ美味いのか、はたまた不味いのか判別不能。




北京ダック北京ダック。北京ダックの丸焼きをシェフが丁寧に目の前でスライスし、皮に包んで食べれるように段取りしてくれる。それにしても皮の部分と他の美味い部分以外の肉は捨ててしまっているのだろうか。もったいない。


 食事中はいろいろと今後の経営戦略や人材育成の
話題などで結構真剣な議論をしながら箸をすすめた。
オーナー企業の社長さんといえば若造の言葉に聞く耳
もたないといった感じの方が多いのだが、ここの社長さん
はまったくそんなことはなく、われわれ第三者の話も真剣
に耳を傾けてくださる。
 酒が入っていることもあって、忌憚ない意見を出して、自らの
考えの及ばないところなども指摘してもらいつつ、非常に
有意義な会話を楽しめたと思う。と同時に、普段ウチの
事務所が行っている「環境調和型経営の普及活動」の
重要性も再認識できた。「企業として社会にどのように貢献
していくか」。この大原則を忘れた金儲けなんて、結局何も
残らない。
 今日もすっかり終電がなくなる時間になったので、大阪から
タクシーで家まで帰った。南森町から家まで8300円という
タクシー代が判明したことも大きな収穫だった。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51294/4782193

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年6月29日(水) 四川料理のフルコース:

コメント

コメントを書く