« サッカー コンフェデレーションズカップ 日本代表対ブラジル代表 | トップページ | ボケボケで営業に出る »

2005.06.23

2005年6月23日(木) 体内時計だけではなく、あらゆる歯車が狂っている

 早朝にサッカーの試合を見てから、軽く1時間ほど仮眠し出勤。
当然ジョギングは出来ず。電車でヨシテルと会ったが、お互い
強烈な寝不足だ。会話になっていない。狂いっぱなしの体内時計を
何とか元に戻そうと思っているのだが、なかなかそのタイミングが
見つからない。
 強烈に眠いまま、直行で神戸を越えて垂水へ営業。その後は
また、電車で戻って尼崎へと移動。営業回りが続く。

 往路はJRで鶴橋→大阪→神戸→垂水で約1時間。復路は阪神で
垂水→三宮→尼崎→大阪でこちらも尼崎まで約1時間。合計2時間強
電車に乗っていたが、道中はずっと寝っぱなし。それでも営業の先では
頭はしゃきっとした状態で、こちらの伝えたいこともきちんと伝えられた。。。
ように思われた。というか俺自身はそう思っていた。
 しかし、事務所に戻ってうちの大将(上司)に今日の営業の状況を
報告すると、いきなり怒られた。「報告の方法がなってない」と。
事務所に到着した頃には寝不足で意識が朦朧としていたので、
とりあえず、回った順番に、相手と話をしたことをそのまま報告しただけ
なのだが、「それでは俺が何を判断して、どういう指示をだせばいいのか
わからん」と言われた。「はあ?」という感じだったが、大将いわく「ただ、
ありのままを伝えるのは誰でも出来る。色々なやり取りのなかで、どの項目
がポイントで、それに対してお前の考えはどうなのか?何が問題点として
浮上してきて、どのような解決策が考えられるのか。そこまでをきちんと
整理してから、報告相手にどのような判断をしてほしいのかを明確にしてから
報告しろ」とのことだった。自分自身では上手く契約がまとめられる感触を
えて、無事に報告できるだけの中身があったと思っていたので「それなら
自分で行ってやってきてくださいよ」と内心思った。が、俺自身に、そこまで
言う気力すら残っていなかったし、言われていることはもっともなことなので
消化不良のまま黙った。こういうのを「逃げ」というんだろう。悪癖にならないように
気をつけなければ。寝不足で戦闘能力ゼロの上、期せずして怒られたので、
ますます気分が沈んでいった。
 こういう沈んだ気分の時には何かにすがりたくなるものだが、それどころか
ここ毎朝あいかわらずよくわからん状況がずっと続いているので、ますます
頭の中が混沌としてきている。なぜあなたはそこにいるのですか?それとも
いてくれているのですか?そこにいてくれるのは本当にありがたいことだが、
近いけどあまりにも遠く感じる距離。「忍耐と寛容」というが、沸点に到達する前に
クリアにしておかなければならないことが多すぎる。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51294/4694014

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年6月23日(木) 体内時計だけではなく、あらゆる歯車が狂っている:

コメント

コメントを書く