« なんだか釈然としないが。オークションにて | トップページ | 渾身のプレゼンテーション »

2005.05.26

2005年5月26日(木) また飲みにいった

 一日中事務所で、明日の大事なプレゼンのための打ち合わせ
と、プレゼン資料作成に追われる。明日は気合を入れていかな
ければならないプレゼンなので、かなりの集中力で作業をしたため
就業時間にはぐったりしていた。
 PCやら持参資料やらをいろいろとカバンに詰め込む作業をして
いる時に、会社は違うが、事務所をシェアしている50代の大先輩
から「ビールでも飲みに行くか?」とお誘いを受けた。

 あわてて、荷造りを終えて、近くの和風居酒屋へ。大先輩
お二人にお誘いを受けるというのは珍しいし、先輩方もめった
なことでは、若造を誘うこともない方々なので、お誘いをいた
だくだけでもうれしいことだ。
 昨日は魚ばかり食べたので、今日は揚げ物、焼き物中心に
攻めまくる。先輩諸氏ともいろいろな話題で盛り上がったが、
その中で俺が人と接するときの姿勢の話題を振ったときに、
示唆に富んだ意見を頂戴した。もともと学生のころから自分
たちで商売をしていたので、接する人はみな「先生」である
という感覚で臨んでいた。特に一般に評判の悪い人に対し
ても「このような悪評がたつ人でも何か自分には得るものが
あるはずだ」という、いわゆる「性善説」に立つ形で人と接し
てきた。が、それは一見正しいように見えるが、必ずしもす
べてのケースで正しいとは言い切れないとのことだった。
「人に甘いと言うことは自分にも甘いと言うこと。だまされた
ような経験がないからわからんやろうけど、この人が?と
思うような人にだまされることもあるから気をつけたほうが
よい」ということだった。なるほど。参考になった。
 結局今日も焼酎を三杯飲んで帰ったので、ふらふらになり
ながら帰宅が23:30頃になってしまった。明日のプレゼンに
影響しなければいいのだが。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51294/4301695

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年5月26日(木) また飲みにいった:

コメント

コメントを書く