« 父の命日。三周年 | トップページ | 今日も朝からセミナー »

2005.01.27

1月27日(木) PCの復活作業を行ったら予期せぬ方法でPCの調子がよくなった。

 ここ一年ほどPCの調子がずっと悪いままでいる。
症状としては非常に単純なのだが、要はPCを立ち上げて
しばらく使用していると、なぜか「CPU使用率 100%」の状態が
突然発生し、それが数分間続き、その間は異常にPCの本体が
熱くなり、PCの処理速度も極端に低下し、作業もままならない
状態に陥るというものだった。さらに触ってもいないのに、勝手に
helpexeが作動し始めることもたまにあるというものだった。
 この状態は一度発生してしまうと、5分間書くぐらいで周期的に
発生するので、かなりストレスがたまるので何とかしようと思った。

 どうすれば解決するかよくわからなかったので、雑誌などに
書いてある
 ・「スタート」→「ファイル名を指定して実行」→「msconfig」と入力し
  「システム構成ユーティリティ」を起動し「スタートアップ」を全て停止
 ・「スタート」→「ファイル名を指定して実行」→「msconfig」と入力し
  「システム構成ユーティリティ」を起動し「サービス」を全て停止
 ・「スタート」→「ファイル名を指定して実行」→「msconfig」と入力し
  「システム構成ユーティリティ」を起動し「スタートアップ」「サービス」
  を全て停止
という方法で、どのサービスやスタートアップ項目が影響しているのか
を調べた。しかし、これらの項目からは不具合は見つからず。

次に
 ・電源を、元から抜いてみて丸一日ほっといてみる
という方法を試したがこれもだめ。
しょうがないので、今度は一つづつ
 ・外付けのハードディスク類を外していってどれが影響を与えているか
を調べてみたが、これも関係なし。

最後の手段で、Cドライブのみをもう一度フォーマットしなおすという
チャレンジをしたが、リカバリーディスクを入れても、今度はリカバリの
段階で「システムディスクがありません」というヘンなメッセージが出て
Cドライブのみを初期化することもできない。(ハードディスク内のパーティション
の変更も行ったことは無いのだが、なぜかCドライブを起動ドライブと認識
してくれない。それどころか本当は15GあるCドライブがなぜか13Gになって
いる。)
 ここまでやって無理だったら、元から付いていたC、Dドライブの両方を同時
に初期化するしかない。本当の最終手段として「Acronis PartitionExpert
Personal」というソフトで、逆にC、Dを規定の15Gと65Gに設定して、なんとか
リカバリディスクの起動時にCドライブをシステムディスクとして認識できるよう
にしようとした。
 すると今度は、システムドライブを触ってしまったばかりに、セーフモードでの
起動しかできなくなってしまった。ここまできたらもう泥沼にはまっていく
ばかりである。とりあえずNORTONのSYSTEM WORKSに附属の「GO BACK」
というソフトで、何とか作業前の状態にもどすと、普通にWINDOWSを起動
させることはできるようになった。

 万策尽きた感があったので、PCがまともに作動する状態で、新しく外付けの
HDを購入し、C、Dともにバックアップを取っておいて、C、Dドライブを同時に初期化
する方法を取ることにした。その前にすべての外付け機器類を取り外し、PCの
内部が汚れていたので、掃除をすることにした。

 以前にも掃除をしたことがあったが、掃除をしたからといって処理速度が
低下する現象が改善したことは無かった。しかし、全ての外付け機器を取り
除いた上で、掃除を終了し、再度SCASIボードのみ取っ払って(これに接続して
使用するEPSONのスキャナーが作動しないことがわかったので、SCASIボード
が不要なことがはっきりしていたから)外付け機器をつけて再起動したら、なんと
動作が安定した。

 なんだかよくわからないうちに、2年ぶりぐらいで、PCの動作が安定するように
なった。不思議だ。原因は一体なんだったのか?外付け機器(増設メモリ、USB2.0
のカード)を再度装着するだけで直ったのか、はたまたSCASIがこれまでずっと
悪さをしていたのか?答えはよくわからない。しかし、無事に安定して動くように
なったのでとりあえず満足である。新しくハードディスクを購入する必要も無く20000円
ほど浮いた。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51294/2720585

この記事へのトラックバック一覧です: 1月27日(木) PCの復活作業を行ったら予期せぬ方法でPCの調子がよくなった。:

コメント

コメントを書く