« 詐欺ではないだろうが取引がスムーズに行きそうにない出品者の場合の対処法 | トップページ | 財布を持って出るのを忘れた »

2005.01.26

2005年1月26日(水) 奈良の山奥までコンサルに行ったが

 今日は朝から事務所で仕事を行い、昼からは奈良県内の
山間部のクライアントさんの所までコンサルに行った。
 そこのクライアントさんの手伝いは今年初めてで、久々に
なるが、相手の担当者は非常に若く、やる気がありなかなか
やりがいがある。しかし、えてしてこういう場合は上手くいかない
ケースも多い。

 今回コンサルを行うのは、俺一人で担当するだけではなく
県の関連機関の人たち二人の教育もかねてというコンサル体制
なので、俺がしなければならないのはクライアントさんのお手伝い
だけでなく、コンサル側の担当者の教育も同時に実施する。
 今日のコンサルは予定していた内容を消化することができな
かったので決していいコンサルができたとはいえないものだった。
 再発防止のために原因を考えてみた。

 1.前回から間が開きすぎていたので、前回の復習に時間を
   取られた
 2.年明けから他の業務に時間をとられていたので、今日一日
   のスケジュールの組み立てとシュミレーションが十分にできて
   いないかった。
 3.ひとつ進もうとするごとにクライアントさんから色々と質問を
   受けていたので、なかなか進まなかった。
 4.質問を受けるのはよいが、それが実際に話題にしている
   トピックとずれたところの質問まで受けていたので、全体として
   の流れをしっかりこちらで操縦することができなかった。
 5.本来ならばクライアントさんが宿題として社内で調整して
   おかなければならないことが、それが不充分だったために、
   打ち合わせの場にその社内調整を持ち込むのを許し
   てしまった。

 とまあ、こんなことが理由だと思う。これからもこのようなケースは
十分に想定できるので、こちらの工数をできるだけ下げるためにも
再発しないように気をつけなくてはならない。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51294/2720365

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年1月26日(水) 奈良の山奥までコンサルに行ったが:

コメント

コメントを書く