« 2004年12月12日(日) またもWINDS道頓堀に行った。 | トップページ | 2004年12月14日(火) 今年最後のセミナー開催 »

2004.12.13

2004年12月13日(月) 四川料理で腹いっぱい

 今日は朝から事務所に出社し、しばし明日のセミナー関連の作業をした後、奈良の山間部にある事業所のコンサルティングに行った。まだ始まったばかりであるが、社長の息子さんたちがなかなかやる気があってよい。こういったマネジメントシステムは古い感覚を持つ経営者よりも、若い世代に受け入れられやすいようである。今日で規格の解釈の説明を終了する予定であったが、一部解説することができないまま本日のコンサルは18:00に終了。

 今日はコンサルが終了してからは、大阪でこのクライアントさんの社長に夕食をご馳走してもらうことになっている。コンサルが終了してからはいったん解散し、大阪南森町で集合することになった。電車で移動したら着いたのが20:00になっていたが、そこから食事を開始した。

南森町にある四川料理の店「好吃」の店内南森町にある四川料理の店「好吃」の店内。日本家屋を改造した感じで、大変落ち着いた店内。しかし味付けは辛い。今日は一人当たり20000円分ぐらいご馳走になったか。

 店の名前は「好吃」というお店で四川料理のお店だった。中は古い日本家屋を改造して作られた様子で、家の中に中庭があったり、石畳の長い廊下があったりと、かなり高級で落ち着いた雰囲気だ。ココに来る前に社長からは「辛いものは大丈夫ですか?」と聞かれて「全然大丈夫です」と大見得切っていたが、実際に食事をいただいてみると想像以上に辛い。しかも前菜だけで10種類ぐらい出てきて、既に腹いっぱいの状態である。さらにワタリガ二が山ほど出てきたり、今シーズン最後のスズキですといって丸ごと大きなスズキの空揚げが出てきたりと、とんでもない量だった。しかし、辛い中にも繊細な味が隠されていて、めちゃめちゃ旨い。このクライアントさんの社長は、社長ご自身が3年で28万キロも車で日本中を走り回って営業に出るという、典型的な中小企業の社長さんなのだが、中小企業といえども社長は侮れない。俺がこれまでお世話になった中小企業の社長さんは、おいしい食事を色々と食べてきただけのことはあって、どの店に連れて行かれても旨い店ばかりだ。
 あまりにもたくさん出てくるので、たべきれなくなり23:00前に途中で終了した。社長に車で家まで送ってもらったが、家についたころには0:00近くなっていた。家に帰ると、先日オークションで落札したネイバーフッドのジップアップチェックジャケットが届いていた。腹いっぱいの一日だった。


amido01ネイバーフッドのグレーンチェックの薄手のジャケット。上品な感じのするジャケットで色々と活躍してくれそう。14500円で落札。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51294/2275462

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年12月13日(月) 四川料理で腹いっぱい:

コメント

コメントを書く